人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2008年 07月 15日 ( 1 )

一番ホッとしているのはベニーちゃんかも(^^;

対 オリックスバファローズ 12回戦[M 5勝7敗] Bs 2 - 3x M (千葉マリン)
勝/シコースキー[3勝1敗1S] 負/吉野[2勝5敗] HR/

週末の暑い仙台からマリンのナイターに帰ってきて、多少は風が吹いていたでしょうか。
我が家は、日が落ちてからは窓全開で、なかなか気持ちのいい風が入ってきます。

ここまで5連勝なんて調子にのっているマリーンズですが、ここでカードが変わって、先発はコバヒロから。今季、対バファローズの成績はじつは3個も負越しで、あんまり分が良くないのに、調子のあがらないコバヒロ・・・うーん、まあ、7月はここまで9勝2敗なんて、出来過ぎの感すらありますからね、ここで一息ついても・・・と、最初からかなり弱気な私でした。コバヒロよ、ごめん。

しかし、そんな弱気な私なんざ眼中になかったですね、今日のコバヒロは。
初回こそテキストだけでしたが、いきなり三者凡退ですって。
2回はテレビで見ていましたが、先頭のローズを三球三振に打取るところで、今日はコバヒロはやってくれるぞ、と感じました。
なにより、今日は表情が締まっています。
これまでの負けた試合だと、最初からうつろな表情だったりする場合が非常に多かったですが、今日は違いますよ、うん。

その期待の通り、今日のコバヒロはストレートに伸びがあり、変化球もかなりいい感じです。スライダーとかめっちゃくちゃ良かったですよ。
ただ、あんまりフォークを投げていなかったような気がするのが気になるって言えば気になるのですが、まあ、この所の状態ですから、いろいろ試してみるのはいいことでしょう。

バファローズでは本日デビューだという小瀬が初ヒット&初盗塁っていきなり名前を売ってくれますが、この小瀬くんがらみでランナーを出してもコバヒロは後続はしっかり断ち切り、7回まで無失点でしっかりゲームを作ってくれました。
今日は十分に勝ち投手の権利があったと思います。

でも、打線もバファローズのルーキー小松を攻めきれません。
初回、西岡と根元への連続四球とエラーで無死満塁から、大松が犠牲フライ(ここからテレビで見られましたよ^^)で1点だけ・・・サトなんかもう完璧に大きいの狙いですもの。オールスター出場を逃して、気持ちは分からんでもないけど(違うか^^;)ちょっとぶん回し過ぎです。
3回に西岡がスリーベースで無死3塁から福浦が犠牲フライ。これで0-2となってから、両投手の踏ん張りで試合が動かなくなります。

6回なんて、福浦のヒットと大松のツーベースと師弟コンビで出塁すると、タスクを敬遠して2死満塁からサブロー勝負にくるバファローズバッテリーです。
なんてったってサブここまで2三振ですから(T-T
ここも、ヘルメットを叩いて気合いを入れて行くサブでしたが、見るからにニセモノ。
案の定、サードへのファールフライですって。

それでも、7回表をコバヒロがきっちり抑えます。
すると7回裏は小松を下げて菊地原に継投にでるバファローズ・・・いきなり菊地原なんて打てません。案の定、三者凡退です。

8回表、コバヒロの球数が100球を超えてきて、微妙だなあ・・・と思ったとたんでしたよ。先頭の坂口、下山と連続セカンドゴロで打取りましたが、カブレラにヒットを許すと続くローズの当りはレフトに高々と打ちあがります。
打取った、と思った当りではあったのですが、右に寄っていたベニーちゃんが追いつけず、これがタイムリーで1点を返されます。
さらに北川もレフト前に・・・ベニーの処理がもたつく間にランナー生還で同点に追いつかれてしまいました(泣)

コバヒロ、残念ながらここで降板。
ここまで非常に良いピッチングをしていただけにもったいないです。レフトがアキラさんだったら・・とか言っちゃいけませんかねえ(はぁ)
でも、ベンチに戻ったコバヒロの表情は、今までと違って中身の詰まった良い表情でしたよ。次に繋がる内容だったと思います。次こそ、勝てる!

とはいえ、この土壇場に来て追いつかれちゃいましたから、試合の方は結構必死です。
コバヒロの後は川崎が締めてくれましたので、試合は振り出しから。

8回裏は、2死から大松がヒットで出塁すると、バファローズは菊地原に代えて本柳を送り込んできます。もっちもいつの間にかベテラン呼ばわりされるんですね・・・(^^;
それはともかく、本柳からベニーが四球を選ぶと、続くタスクがフルカウントまで粘りますが三振で勝ち越しなりませんでした。
9回表は川崎が続投。しかし先頭の一輝にツーベースを許すと送りバントで1死三塁とピンチを迎えます。こちらも、川崎からブライアンに継投。ブライアンは力のある球できっかりと後続を打取ります。

そして9回裏。
先頭のサブロー、今度はホンモノに代わったよ(何が違うんだろ・・・上体の微妙なツッコミ加減なんでしょうか??)と、言ったとたんに三遊間を抜いて無死1塁。
今江が送って1死2塁も、西岡を敬遠です。場内ブーイングですよ。
1死1,2塁としたところで、バファローズは本柳から左の吉野に継投。
マリーンズベンチは根元に代えてオーティズを打席に送ります・・・が、オーティズはあっさりとファーストフライでランナー進めず。
2死1,2塁と代わって打席には福浦師匠。

師匠粘ります。ツースリーのフルカウントから粘りに粘って12球目を捉えてライト前に落とすヒット、サブローが激走、バックホームも良い球で返ってきますが、サブが一瞬早くホーム上を滑り抜けて、サヨナラ!

窓全開なのに叫んじゃいましたよ。
「ししょーーーー!!!ーーーっつ!!!!」

さすが師匠、素晴らしいバッティングでした。
福浦師匠の打席も見事でしたが、サブの走塁も良かったですよ。やっぱりホンモノのサブローはいいですねえ。

しかしまあ、これだけ勢いがついちゃうと、なんか逆に不安になるのはなんででしょう。どこかで反動が来そうで恐いのは・・・いやいや、5月の逆反動が来ているとということで納得しましょう

・・・弱気なファンですいません(^^;;
by kawasaki-marins | 2008-07-15 22:51 | マリーンズ2008
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル