人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2010年 01月 04日 ( 1 )

頑張れ、レンジャー!

ライスボウルに夢中になっていて、パリダカ@南米をすっかり忘れていましたです。

今年は日本人関係のチームでは、日野レンジャーの菅原父子と、トヨタ(車体)のランクル、それと、プライベーターのようですが、スバルのフォレスターがエントリーしているようです。
と思ったら、どうやらフォレスターはリタイアの模様、スバル車のオーナーとしては非常に残念です。

三菱は、ワークスとしてのエントリーこそしていませんが、レーシング・ランサーという、ラリー用のモデルを売り出していて、もちろんこのパリダカ@南米でもたくさんエントリーしているようです。
でも、これには日本人は乗っていないようですね。別に国粋主義者というワケではありませんが、やっぱりなんだか残念です。自分の好みの他にも、家庭の事情(謎)もあり、また、心情的にも三菱よりはスバル派な私ではありますが、パジェロの名前が出てこないのはやっぱり寂しいものです。まあ、その代わりのレーシング・ランサーなんでしょうけれど。

ということで、今年のパリダカでは、フォルクスワーゲンのトゥアレグとBMWのX3(おお、そういやこのクルマも試乗したんだっけ^^;)が上位争いを演じているようですよ。これはこれで勝敗の行方が気になりますね。

ここいら辺は、改造車クラスの話ですが、トヨタ車体からエントリーしているランクルは市販車クラスで出ていますよ。もちろん、車体の補強などの安全面の改造はしていますが、動力系などは市販車のままだということです。最近ではランクルもなにやら高級車と化しているなあ、なんて思っていましたが、まだまだ野生の血は残っているということでしょうか。

菅原父子鷹レンジャーはまずまず。カミオンクラスで息子の照仁くんが15位、オヤジさんの義正さんが20位前後にいるようです。10L以下クラスではもちろん上位、と思ったら、あ、メルセデスが上にいるじゃん!メルセデスというと、ウニモグなんてのも思い浮かびますが、今回は違うみたいです。アクソールとかいうトラックですね。うーん、最近の自動車業界の再編にはついていけない(自爆
とにかく、モンスタートラックがバリバリ走る中、ちっこい(笑)レンジャーに頑張ってほしいなあ。

サハラ砂漠の乾いた風景とはまた違う、南米の山岳地や草原の景色も悪くないなあと思えるようになって来た、南米パリダカの2年目なのでした。
でも、いまだ「ダカールラリー」と名乗っているからには、いつかはサハラに戻るつもりなのかしらん?
by kawasaki-marins | 2010-01-04 23:38 | スポーツ観戦いろいろ
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル