人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2010年 05月 12日 ( 2 )

おうちハマスタ(^^;;

対 横浜ベイスターズ 1回戦 [M 1勝] M 2 - 1 YB (横浜)
勝/渡辺(俊)[3勝3敗] S/小林(宏)[1勝8S] 負/清水(直)[4勝3敗]
HR/大松[7号] サブロー[7号]

今日はハマスタでマリーンズ対ベイスターズ。しかも先発は俊介と直行。行きたいのに・・娘たちのブーイングの前にあきらめる私なのでした。
しかし、タダではあきらめませんよ。帰宅途中、川崎駅で崎陽軒のシウマイ弁当を購入。こうなりゃ、ハマスタ気分でテレビ観戦です(笑

e0095468_20592692.jpg

娘たちには「春」のお弁当。
こちらは女性をターゲットにした感じで、見た目もなにやら華やかな雰囲気ですね。
e0095468_20594166.jpg

って。ただの手抜きじゃん、とか言わないように(自爆)

ということで、例によってiPhoneで途中経過をチェックしながら帰宅すると、ちょうど2回が終わって1-1の同点に追いつかれたところ。
2回表に大松のソロで先制したものの、直後タイムリーで追いつかれるというのはちょっと嫌な感じです。
しかし、俊介はその後もヒットを打たれながらも、のらりくらりとかわすピッチングで6回を1失点です。それほど状態はいいようには感じないのですが、やはり慣れていないセ・リーグのバッター相手ですから、ここぞと言うところでタイミングを外す遅い球が効くようですね。

そうこうしているうちに4回、サブローのソロで2点目。もちろん、我が家はハマスタなので、娘たちとハイタッチです(笑)
直行はもしかして、一発病ですかね?ともかくも2-1と勝ち越します。

5回表、先頭打者の今江がヒットで出塁すると、続くのは俊介。めったにないバッター姿もなんだか落ち着きませんが、当然に送りバントだと思ったら、俊介ってば初球にバスターかまして空振りって(^^;;
やってみたかっただけ、なんて事はないですよね(^^;;
結局この打席は俊介三振、さらにツヨ、オギタカと倒れて追加点はならず。

するとその裏、同じく無死1塁のシーンで直行はキッチリ送りバントを決めます。っていうか、今日の直行は他に2安打。なんだか強打者の雰囲気ですよ?
それでもここも俊介がなんとか粘って無失点です。下手すりゃ俊介のバスター空振りで流れが変わるかとヒヤヒヤしましたが、なんとか自分で踏んばりました。

2-1のまま回はすすみ、7回裏から継投策に入るマリーンズ。
7回裏は伊藤。この人の150km/hを俊介の90km/hの直後に見たら、そう簡単には打てないように思いますね。
さらに8回は薮田が気合いの2〜4番、下園、内川、村田修を三者三振、これはお見事でした。
そして9回はコバヒロが四者凡退で締めます。
代走で出て来た早川部長に盗塁を決めるなんてのは、両チームのファンが喜ぶ見事なファンサービス。
いやいや、1点差なんでもうドキドキしっぱなしでしたけど(大汗

ということで、おうちハマスタの甲斐もあって、1点差ゲームを勝てたのでした。久々にこんな競った試合を見たような気がしますね。ヒーローインタビューの俊介はなんだか納得いかないような顔をしていましたが、それでも、交流戦のアタマを取って、上出来ではないでしょうか。
あとは、伊藤ちゃんの出番は2点差以内でお願いしたいところです。
by kawasaki-marins | 2010-05-12 21:18 | マリーンズ2010

寂しいですね・・

かつて阪急ブレーブスという名門球団があったころ。
ちょっとヤンチャで可愛らしい、ブレービーくんというトリ?が西宮球場で飛び回っていました。

遠く寂れた川崎球場から、テレビの画面を通して見る西宮球場は、そりゃもう輝いて見えたものですよ・・・それもこれも、当時の綺羅星のような名選手たちと、そしてこのブレービーくんの輝きだったのですね。



球団マスコットの先駆者、島野修さん死去
5月11日10時57分配信 読売新聞

 巨人、阪急(現オリックス)の元投手で、引退後はオリックスのマスコット「ネッピー」役などで人気を集めた島野修(しまの・おさむ)さんが、脳出血のため、8日に兵庫県内の病院で死去していたことが分かった。
 59歳。10日に親族による密葬を済ませた。
 島野さんは1969年、神奈川・武相高からドラフト1位で巨人に入団。76年に阪急に移籍し、79年に退団した。通算成績は24試合で1勝4敗、防御率5・05。

 現役引退後は、球団マスコットの先駆者として球界に貢献。阪急で「ブレービー」、オリックスでは「ネッピー」としてファンサービスに尽力し、96年には“通算1000試合”を達成。
 98年に辞めるまで主催試合では1日も休まず、18年間、1175試合で選手とファンのパイプ役を演じてきた。

最終更新:5月11日10時57分




今度は天国から、各球団ならず他のジャンルにも増えている後輩達(?)の活躍を見守ってくださいね・・
by kawasaki-marins | 2010-05-12 00:48 | プロ野球諸々
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル