日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010年 07月 14日 ( 1 )

貸しを返されたかも

対 オリックスバファローズ 11回戦 [M 7勝4敗] Bs 5 - 0 M (千葉マリン)
勝/金子(千)[7勝7敗] 負/大嶺[3勝5敗]
HR/後藤[8号]

今日は朝からなにやら夏っぽい空。そろそろ梅雨明けでしょうか。暑くなりそうですねえ、暑いのは苦手です。

さて、今日は昨日に続いてマリンでバファローズ戦。
しかし、先発はマリーンズが大嶺に対して、バファローズが金子千尋。
どうしたことか、ここまで金子千尋を打ち崩しているマリーンズではあるのですが、ここに来てちーちゃんも調子を上げているらしく、ここまで2試合連続完封で勝っているそうです。やばい。これはヤバい。

しかも、帰宅してテレビを付けてみれば、1回表だというのに既に1-0。どうやら後藤にソロを打たれたらしいです。
マットンのリードも大嶺には通用しないのか・・・??

2回表も先頭のバルディリスを歩かせると、鈴木の送りバントをお見合いで内野安打、さらに山崎浩司にひっとで無死満塁と大ピンチ。しかし、そこから坂口の犠牲フライの1点で凌いだのはよく頑張りました。
っていうか、できるんだから最初からガンバレと。
本当に、なんというか、もうもどかしくてなりませんよ。最近ではなにかこう、先発やってた頃の薮田を思い出させてくれますよ。
それでも3回以降はなんとか無失点に抑えて、試合を壊すことがなかったのは評価しておきましょう。

しかし、今日は相手が悪かったですね。
これまでの対戦では、立ち上がりを打ち崩したり、ランナーのプレッシャーで崩したりと、多少は戦略的にちーちゃんを打ち込んで来ていましたが、今日はなかなか捕まえられません。

それでも4回裏、先頭の井口の当たりはライト前に抜けるかという当たりでしたが、後藤がダイビングキャッチ、しかし送球が逸れてバッターランナーは2塁到達。無死2塁と、金子攻略の足がかりをつくりました。しかし、続くテギュンはあっさりとセンターフライ、大松の当たりは高く上がりましたが、レフトT-岡田の微妙なスライディングキャッチ。
井口はこの捕球をショートバウンドと判断して飛び出してしまい、あえなくゲッツー・・いや、確かに微妙な捕球でしたけど・・ビミョ・・微妙でしたけど・・ねぇ。
なかなか金子を打ち崩すことができません。

大嶺も3回以降は微妙ながらもなんとか無失点に抑えます。
でもねえ、2死取ってからランナー出すの、良くないよね。野手もリズムが崩れてしまっているような気がします。とにかく、もっと強気に投げてみい、と思うわけですよ。本当に、デビューのときのストレートが忘れられない私としては、もどかしいのなんの・・
5回裏には的場に対して神戸を代打に送り、さらに岡田の代打でサトが登場し、6回表からマスクを被ります。しかしそのサトの打席は右手首に死球・・うあ、守備になるのかとヒヤヒヤしましたよ。
こういう状況が恐いですから、お守り代わりに田中マッチをおいとけと思うわけですよね。マットンと一緒にベンチを盛り上げてくれそうですし。

6回はサトのリードで三振を3個。ヒットも打たれていますが(^^;;
サトとマットンのリードの違いがなんとなく実感できる回でした。

7回表、先頭の後藤を歩かせ、カブレラをレフトフライで1死1塁としたところで迎えるのはT-岡田。ここでマリーンズベンチが動き、左のT-岡田に対して古谷をマウンドに送ります。
しかし、ここは三塁線を抜かれてツーベース、1死2,3塁。
ピッチャーは古谷から秋親に交代すると、北川はショートゴロ、三塁ランナーが三本間でアウトとなり2死1,3塁。ですが、バルディリスにはストレートの四球で2死満塁、まあ、次は鈴木がそのまま出てくるようですからこっちで勝負というのもアリか?と思ったのですが、なんと鈴木にきれいに左中間まっぷたつのタイムリースリーベース、一挙3点で試合は決まったも同然状態でした。

いかん、いかんです。
新潟出身だと言う金子と福島出身だと言う鈴木、その昔幕末の頃、越後長岡藩は、会津藩を助けて会津戦争を・・・いや、細かい話はよく知らないのですが(汗
ま、まあ、そんなわけで、すっかり調子に乗っているバファローズバッテリーなのでした。もうどうにも止まらない、状態ですね。

8回裏には1死からツヨヒットとゴリ内野安打で1死1,2塁、さらに四球王井口が堂々の四球をえらんで1死満塁でテギュンを迎えるという、マリーンズとしては大ピンchチャンスを迎えるのですが、テギュンが最悪のゲッツー。

結局そのまま9回裏はグイグイとストレートで締められて完封負けを喫してしまったのでした。
まあ、ちーちゃんとしてはマリーンズにやられっぱなしと言うのも悔しかったでしょうし、そもそも、そんなに打てていたなんてのが出来過ぎだという気はしていましたから・・

でもねえ。大嶺がもっと実力を発揮してくれれば、という気持ちがいつまでも残る試合でもありました。西本コーチじゃありませんが、もっと自信を持って投げてほしいと思います。解説の阿波野さんも、失敗を怖がるなというような事も言っていましたし、とにかくもっとどん欲になってもらいたいですね。

明日は・・実はお休みを取っている私(^^;;
小学校の個人面談があるので、ついでに妹娘の予防接種とおもって午後半休を取っていたのですが、このさい、あめおの入庫も、と思って急遽一日お休みにしてしまうのでした。
・・・本当は結構仕事も忙しいんだけど、大丈夫なのか??(汗
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-07-14 22:42 | マリーンズ2010 | Comments(2)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル