日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010年 07月 19日 ( 3 )

打線が息を吹き返しそうかも

対 北海道日本ハムファイターズ 13回戦 [M 8勝4敗1分] M 5 - 3 F (札幌D)
勝/コーリー[2勝2敗] S/小林(宏)[2勝1敗16S] 負/ケッペル[10勝3敗]
HR/田中(賢)[5号] 糸井[12号]

昨日は見ていませんでしたが対ライオンズの三タテを免れ、最悪の気分で札幌入りということはなくなり、ちょっとホッとしていました。

そんな祝日でお休みの月曜、日本各地で真夏日を通り越して35度オーバーだったようですが、ウチのリビングは風通しの良さは結構自慢で、窓全開で午後はお昼寝してました。久々にスッキリした目覚め・・だったのですが、目覚めたときに付けっぱなしだったテレビでは「赤毛のアン」。マシュウが倒れたシーンだったりした日には・・・思わず涙する私でした。
日によってはそりゃマリン並の強風が吹き抜ける(シャレになってない^^;)こともあるのですが、そんなわけで、エアコンを使うのは梅雨時や台風来襲時の窓を開けられないときで済んでいるのは助かります。

夕方多少は涼しくなったかな・・と思いながら今週の買い出しですが、荷物が多くなるからと言い訳してクルマを出しちゃいました。代車レガシィくんのATに文句たれながらも、ブレーキングのコツも何となく掴めて来ましたよ。スムーズな運転をしようとするとMTよりも神経使ったペダル操作が必要なんだなと実感、っていうか、今までどんだけクラッチでゴマカして来たんだと気がついたわけです、クラッチさんありがとう。でもクラッチ板なんて消耗品だし、と開き直ってみる(汗

ということで、まだまだ明るい夕方6時にプレーボールの札幌ドーム。いえ、札幌ドームの空は分かりませんが、ウチのあたりはまだまだ青空でしたよ。
9連戦3つめのカードはファイターズ戦。初戦はマリーンズがコーリー、ファイターズはケッペルと、外国人投手の先発となりました。
初回、ツヨゴリと連続ヒットで無死1,2塁としたところで、井口の当りはサードゴロ、一瞬小谷野とツヨが交錯しそうでしたが、小谷野はランナーは追わずセカンド送球で1死。ランナーは1,3塁となって、マリーンズが初回チャンスを作ります。しかし、この所調子がなかなか上がりきらないテギュンがまたまた小谷野へのサードゴロで併殺、初回は得点なりませんでした。
それでも、今日はケッペルを捉えられそうな雰囲気は感じましたね。

その裏、コーリーは四球がらみでなんだかんだと2死満塁とピンチを演出。なんか立ち上がり制球が落ち着きません。しかし、陽岱鋼を三振に仕留めてなんとかしのぎ無失点で立ち上がります。

2回は両者さくっと三者凡退。早かったです。ちょっと台所に立って、晩ごはんの材料を冷蔵庫から取り出している間に終わっちゃいましたもの。その後は試合開始前に下ごしらえ済みの材料をちょちょっと仕上げて晩ごはん。

そうこうしている間に3回表、昨日からスタメンマスクを被っている、サトが四球を選んで無死1塁、岡田がすかさず送って1死2塁。岡田パパは送りバントでも侮れませんね、ホンの一瞬処理がもたつけば十分内野安打もあります。ここもケッペルの素早い処理に一歩及ばず、という感じでしたもの。
ツヨがライトフライもサトがタッチアップで三塁へ。この走塁が良かったですね。
今江が三遊間抜いてタイムリー、さらに直後に今江盗塁で二塁へ。この走塁も効いて、井口のピッチャー返しで今江生還、2-0と先制します。

しかしその直後、ファイターズ先頭打者の田中賢介にソロホームランを許してしまいます。
しかも続く村田に四球で無死1塁。たまらずここで西本コーチがマウンドに向かい、通訳を介してコーリーに何かをアドバイスしています。
それが奏功したのか、続く稲葉をファールフライ、小谷野をショートゴロ併殺と、恐いところを打取って何とか1失点で留めました。

すると4回表もマリーンズが攻め込みます。
先頭の大松がセンター前ヒットで出塁すると、サブローはレフトフライに倒れますが、福浦師の痛烈な当りはショート金子誠のグラブの下をかいくぐって左中間まっぷたつ、大松激走のホームインで貴重な追加点を挙げます。
サトが倒れて2死2塁から、岡田が振り抜いた当りが1,2塁間を抜くと、二塁から福浦師が激走、ライトからの返球をタッチにくる鶴岡のミットを避けつつ手でホームベースを確保。さらに貴重すぎる追加点です。
今日はゴリ、サト、大松、そして福浦師と、どっちかと言うとアレな組の激走が目につきます。チーム全員が先の塁を見ている様子がなんとも頼もしいですね。

しかし、貴重な追加点を挙げた4回裏も、先頭の糸井にソロ・・・うーん。なんか微妙。
ですが、陽、中田と連続三振、さらに鶴岡も仕留めてここも1失点に留めます。最少失点で済んでいるのは良いのですが、いずれも先頭打者のホームランというのがちょっと気になりますね。

さらに、5回裏は稲葉にタイムリーを許して4-3と追い上げられます。結構ハラハラする展開になってきましたよ・・・
6回表を三者凡退に抑えられ、なんだか流れがアヤシくなって来たところで、6回裏はコーリーに代えて古谷がマウンドに上がります。
これは十分に想定内の継投でしょう。古谷もいつの間にかすっかり一軍選手の雰囲気になっています・・が、今日は先頭の、よりによって糸井に四球を与え、陽に送りバントで1死2塁と嫌な雰囲気を作ってしまいました。しかし、続く中田を当り損ねのショートフライ、高校の先輩のツヨがキッチリ捕球して仕留めると、鶴岡もセンターフライでこと無きを得ます。

すると7回表、1死から岡田が本日2本目のヒットで出塁すると、続くツヨの打席で盗塁を決めます。ツヨはセンター前、しかし糸井の返球鋭く、さすがの岡田も三塁ストップ。しかし1死1,3塁とチャンスを作ります。
続く今江は、なんと一塁線へスクイズ!でしたが、稲葉の突っ込みも速くホームクロスプレーは鶴岡にブロックされてアウト・・・ええーーーっ、岡田の脚、入ってないかい・・悔しい!
しかし、ここで井口が意地を見せてくれましたね。キッチリと捉えてセンター前に抜けると、今度は正真正銘のスピードスター、ツヨがぐんぐん加速する脚を見せつけて糸井の返球より一瞬速くホームを陥れます。
ツヨは、ウェイトで身体が増えた分初速が落ちたのか、盗塁の成功率は下がってしまいましたが、スピードが乗るとやっぱり速いです。
これで5-3とちょっとだけ気が楽になりました。

こうなればマリーンズは勝ちパターン。7回裏は伊藤が劇場気味ながらも無失点、8回は薮田がよりによって中田にヒットを許しますが四者凡退、そして9回裏はコバヒロが四者凡退で、2点のリードを守りきって、鬼門札幌のカード初戦を取ったのでした。

なにしろ、3位のマリーンズと4位のファイターズのゲーム差が3ゲームでしたから、ここで三タテでもされようものならBクラス目前だっただけに、ここで1個でも勝てたのは本当に大きいです。
勝ち越せれば良いなあ、なんてムシの良いことをつぶやいてみたりもするのですが、まあ、贅沢は言いますまい。
他所ではライオンズ-ホークス戦でホークスが勝って、ライオンズを足留めしてくれたようです。
とにかく混戦パ・リーグ、他所の勝ち負けも気になります。
なんとか、離されないでダンゴについて行ければ・・・と思うのみ。ここで頑張れば秋が楽しくなる、と信じて頑張ってもらいたいです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-07-19 22:14 | マリーンズ2010 | Comments(0)

またまたマーフィーに救われる

対 埼玉西武ライオンズ 15回戦 [M 8勝7敗] L 1 - 9 M (千葉マリン)
勝/マーフィー[8勝2敗] 負/帆足[8勝7敗]
HR/

昨日はそんなわけで試合は見ていませんでしたが、最近ではこんなありがたいものもあるのですよね。
本当に今シーズンはマーフィー様々です。何度マーフィー様に救ってもらったのでしょうか。本当に、先発で使ってみて良かったです。何度も書いてますが、中継ぎだけの起用だったら、これほどまでの投手だと誰も思わなかったでしょうね。
適材適所、ということの難しさですね。しかし、これははまると素晴らしい!

2005の俊介のように、打線の爆発を呼ぶテンポの良い投球というのは、他のピッチャーにも見習ってほしいです。
マリンで三タテ喰らわされなくて、本当に良かったです。




もしかして、マーフィー様は知っていたのでしょうか。
呪いの弁当伝説・・・だからマフィンを避けて・・・
こうなると本当に神懸かりですね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-07-19 09:19 | マリーンズ2010 | Comments(0)

RAWという手を忘れていた!

昨日のバレエの舞台撮影、ゲネプロでは保護者の写真・ビデオ撮影OKですので、皆さん我が子の晴れ姿を撮影しています。私も漏れなく、自分の趣味も含めて撮影を楽しんでいるわけですが・・・

舞台撮影は難しいですね。
私が使っているのは、ペンタックスのK100Dというデジタル一眼レフです。
手ブレ補正が出始まったころのボディで、ボディ内手ブレ補正というのが気に入って購入。望遠を多く使うようになるだろうなあという強い予想のもと、レンズのことも考えると、レンズ側に手振れ補正を持っているニコンやキヤノンよりずーっとお安く済む、と言うことが一番の理由でした(汗

まあ、ニコンやキヤノンの同クラスのカメラより、少々鈍臭くてスポーツの撮影などはちょっとしたカンを掴むまで・・・というか今でも苦労していますが(^^;;)、パンケーキなどの個性的なレンズもあってなかなか楽しいカメラです。
(なんとなくペンタックスとスバルがおなじニオイを醸し出すメーカーだというのは以前にもちょっと書いてみましたが、個人的に肌が合うのかもしれません^^;;)

一昨年は、やはり姉娘の発表会を口実に、なんとF2.8、200mmズームレンズなんて購入、思い切っちゃったなあと自分でもビックリ。
でも、これがまた、ステキな写真が撮れちゃうもんだから参っちゃいますよね。

今回も、もちろん200mmズームに活躍してもらったのですが・・だんだんワケが分かってくると、悩みどころも増えてきます。
今までは「こんなもんだ」とあきらめもついた、例えばホワイトバランスの調整。K100Dではプリセットのホワイトバランスか、白を基準にした調整しかなくて、例えば舞台の照明のもとでの微妙な調整ができません。
プリセットをいろいろ試してみたり、無理しながら調整してみたりしながらホワイトバランスをなんとかしようと悪戦苦闘ですが、なかなか思ったような色が出せませんね。
そもそも、舞台の照明そのものがどんどん変わっていってしまうし(涙

e0095468_23252088.jpg

e0095468_23225267.jpg


まあ、これも味のうち、と思いたいところですが、舞台を見たイメージとはまた全然違ってしまっているのでちょっと残念な感じも残ります。

・・と、昨日の写真を眺めていて気がつきましたよ。
RAWで撮って、自分で現像してみればいいんだ!
そういえば、ソフトをインストールして一回くらい試してみただけで、きちんと現像して自分で補正して、というのはやったことがありませんでした。
それで何とかなるものかは何とも言えませんが、やってみる価値はありそうです。

今回のお気に入りの一枚は・・・こんな感じかなあ。タイミングといい、構図といい、結構ハマった!と思いました。
もちろん、教室でもトップの方ですが、やっぱり上手な人はいいです。ウチの娘なんて、ホントに絵にならないことまあ(涙
メイクしてるし、画像も小さいから誰だか分からんだろ、と、開き直って乗せちゃいます

e0095468_23394113.jpg


全くのところ、レンズのおかげですね(汗汗
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-07-19 00:01 | へたっぴ写真 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル