人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2010年 11月 03日 ( 1 )

混戦のゆくえは・・?

2010日本シリーズ 対 中日ドラゴンズ 4回戦 [M2勝2敗] D 4 - 3 M (千葉マリン)
勝/高橋[1勝] S/岩瀬[1S] 負/伊藤[1敗]
HR/井口[1号]

延長11回、もつれにもつれた試合でした。
唐川と山本昌という、親子ほども年齢差のあるピッチャーの先発で始まり、どっちもどっちな不安定なピッチングでしたが、昌の乱調につけこんでツヨのタイムリーと井口のツーランでマリーンズが先制。
しかし、直後に、清田ちょっと調子に乗り過ぎだ、試合終了後体育館裏に来なさい、的な守備で相手のチャンスを拡大、あっさり追いつかれてしまうのでした。
この辺はさすがドラゴンズ、ソツがありませんが、マリーンズも微妙な唐川をあっさりと下げて継投策に入ります。
5回、守備の乱れもあって無死満塁とされたところで同点の1点まででしのげたのは大きかったですよ。さすがこの辺は晋吾ですね。
6回以降は晋吾も立ち直ってらしいピッチングで6,7回をゴロゴロで無失点で抑えると、8回からは内が負けじと意地のピッチング。

しかし、ドラゴンズも4回からネルソンなんて反則技に打って出てきましたよ。
打てません・・・とほほ。
6回裏、2死から今江がスリーベースで出塁すると、代打福浦。ドラゴンズはここでネルソンから三瀬に継投。師匠は四球を選び、テギュンに繋ぎますが、テギュンが凡退で勝ち越しならず。
テギュンから河原が登板、この後7回も河原が気分良く投げていましたよ、とほほ。

この後は8回途中から登板の浅尾を攻め崩そうとするのですが、なかなか崩しきれず。
9回裏、ツヨの大きなあたりがホンの10cmくらいの差でファール、10回裏、1死満塁というサヨナラのチャンスに福浦師匠でしたが、サードライナーゲッツサヨナラならず。ツキもないって言えばなかった試合ですが・・

ああーーっ、悔しい。
明日は勝て!
by kawasaki-marins | 2010-11-03 23:21 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル