人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2012年 04月 20日 ( 2 )

ゲッツーに泣く

対 埼玉西武ライオンズ 2回戦 [M 1勝1敗] L 1 - 0 M (千葉マリン)
勝/石井(一)[1勝] S/ゴンザレス[2敗2S] 負/成瀬[1勝2敗] HR/

見殺されるのはエースの証、ということですね。

石井一久との左腕対決は、テレビの前に落ち着いたときには既に5回表でした。テンポ良く進んでいるのね・・・と思ったら、なんとマリーンズ打線はここまでパーフェクトに抑えられていると言うではありませんか(泣)
成瀬も、回の先頭打者を塁に出しながらも、しかしよく粘っている雰囲気で、ランナーを出してもそれほど心配するような状態ではなく、貧打戦投手戦となっています。ノーアウトのランナーを出しても「アウト一個ずつ取っていけば2死3塁でそうそう点はやらないでしょ」という感じです。

そんな試合、5回裏もサブちゃん、福浦師、ゴリちゃんとあっさり三者凡退・・・記録の陰にロッテあり、もしかしてヤバいんじゃない?と気をもみ始めるころです。

6回表、この回も先頭の栗山をヒットで塁に出してしまう成瀬でした。2番の浅村も仕掛けてきそうな気配でしたが、サードゴロ、こりゃゲッツー!と思った当たりは、セカンドからの送球がやや高く、福浦師がジャンプしてキャッチする間に足が離れてバッターランナーはセーフ。
まあ、福浦師でなければ逸らしていたかもですし、先の塁でアウトとれたのでよし、と思ったのですが・・・ナカジーを三振に仕留めるも浅村に盗塁を許して2死2塁とされて、ここでおかわりにタイムリー。
ああーっ、打線は全くダメなのに・・・厳しい1点を失ってしまいました。

それでも6回裏、先頭の清田がショートの頭を越えるヒットでパーフェクトとノーノーの野望を打ち砕きます。おおっ、良かった・・・
ですが、後続は続かず。
この後も7回にもサブちゃんがツーベースで出塁するのですが、これも単発でした。今日の石井一久は、巧みに芯を外すピッチングなんでしょうねえ、凄みとか迫力というものはさほどでもないのですが、打てません。さすがベテランです。

9回裏、先頭の根元がライト線へのツーベースヒットで出塁、なんとかせめて同点に追いつきたいというところで、伊志嶺に送りバントを命ずるベンチ。これは正解とは思うのですが、実は案外とバントが上手くない伊志嶺という印象があって・・・どうかなーと思った私が悪かったんでしょうか、バントを打ち上げて、飛び出していた根元も帰塁できずにゲッツー・・・とほほ。
続く岡田パパの打席には、調子がいい角中を代打に用意していたのですが、せっかくのランナーがいなくなってしまいました。

その角中は基本通りにピッチャー返しでセンター前・・・ああーっ、モッタイナイ!
さらに井口が振り抜いた当たりは少々詰まりながらもライト前に落ちるヒットとなり2死1,3塁。
野球はツーアウトから、という格言が頭をよぎります。
ここで打席にはサブロー!
ですが、ライオンズベンチはここで石井一久をあきらめて、クローザーとしてゴンザレスを投入。うあ、タイミング的には最悪。この試合的には全くの初見で当るサブちゃんが打てるかっていうとひとつもそんな気がしないのはなんだろうかと、福浦師もいることだしとにかく繋げと思ってテレビを見ているのですが・・・当たりは悪くはなかったと思いたいのですがファースト正面へのライナー、1点が遠く、試合終了となってしまったのでした。

成瀬は堂々の完投負け。今日は打線の援護がなかったので仕方ありません。っていうか、9回裏は本当にもったいなかったなあ、惜しかった。
ということで、伊志嶺くんはバント練習しておこう。最近では、高校野球かと見まがうような、初回から送りバントとか平気でやるようになっちゃいましたしね・・・監督の性格、というよりは、統一球の使用で点が取りにくくなったせいなんでしょうけれど。
by kawasaki-marins | 2012-04-20 22:35 | マリーンズ2012

3点とっただけで立派なもんだって

対 東北楽天イーグルス 5回戦 [M 4勝1敗] E 6 - 3 M (千葉マリン)
勝/田中[2勝1敗] 負/大谷[1敗] HR/

昨日はいい感じで勝てはしましたが、さいごのロサの乱調にちょっと不安を感じていましたら、さすがに今日はファームに落とされてしまっていました。俊介の登録と一緒に上がって来たのが大谷・・あら、キャッチャー危機で上げた小池が試合に出ないままに再びファームですって。
見たかったなあ、ちょっと残念。ですが、じっくり鍛えてもらいたいとも思いますし、キャッチャーは難しいですね。

ということで、今日の先発は俊介とまさお。
俊介には気の毒ですが、さすがに2回目はないだろうなあと思っていたのですが、4回裏、先頭の岡田パパが高いバウンドの内野ゴロを叩き付けるとこれが相手のエラーを誘って出塁しました。続く井口がツーベースで無死2,3塁とすると4番サブローが四球で繋いで気がつけば無死満塁です。ここで福浦師がさすがのセンター前にタイムリーで1点を奪って先制ですって。今江凡退も、続く角中が追い込まれながらもこれまたタイムリー。真綿で首を絞めるかのようにじわじわと攻め込みます・・・と、思ったんですけどねえ。
この回、まさおからまさかの先制点を奪い、俊介も気が楽になったろうと思ったのですが、この直後5回表にあっさりと連打を喰らって逆転されてしまうのでした。
だめじゃん、俊介・・

6回からは継投。今日登録されたばかりの大谷がマウンドに上がり、この回ぴしゃりと抑えてくれると、その裏、サブちゃんと福浦師の連打でランナーを溜め、今江が・・・ゲッツー。ですがその間に1点を返して同点に追いつきました。ま、まあ点がとれただけ儲けものです。

ですが7回表、続投の大谷は先頭の嶋にヒットを許し、送りバントで1死2塁とされてしまいます。
ここでベンチはこらえられなかったのか、中後を投入しますが、今日はちょっと良くなかった感じでした。
聖澤をファーストゴロで仕留めるのですが、続く高須を四球で歩かせて2死1,3塁、ここからフェルナンデス、ガルシア、牧田と連続でタイムリーで3点を失ってしまいます。ガルシアのときはセカンドからボームに突っ込んだランナーとクロスプレーになったのですが、ジャッジはホームイン。テレビで見ている限りではタッチできているように見えたんだけどなあ。一瞬、アウトのコールかとも思われた動作もあって、これは西村さんも抗議というか確認に出てきましたが、ホームインでした。ううーん。

結局7回表に3点を奪われ、さすがにまさおから6点も取れる気はしませんから、こんなもんでしょうという試合になってしまったわけですが、この後を繋いだ中郷と最後に木村をようやっと見ることができた試合ともなりました。

8回表、先頭の鉄平を三球三振!と思ったのですが、審判がどうやら二段モーションだと判定したらしくボーク、カウントが1ボール2ストライクとなります。しかし直後の一球は内角にびしっと決まり見逃し三振、なんだ結果は一緒じゃないですか(^^;;
見る限り、中郷もまずまずやってくれそうな雰囲気があるのですが、ここまで出してもらえなかったのもちょっと切ないものを感じますね。

9回には木村が、高須に死球をあたえてしまうものの、ここもきっちり抑えてくれます。
だからー、この辺のピッチャーもまだまだ上がり目はあると思いますし、経験というものも大切じゃないかと思ってみたりするわけです。
ここいら辺のピッチャーがしっかり仕事をしてくれると、この先厳しい試合で、勝ち抜けるオプションが増えるわけですしね。なにも最初から敗戦処理とか思っているわけじゃないとは思いますが・・・

ということで、打線はしっかり最後までまさおに抑えられてしまいました。
9回裏には角中の2本目のヒットと、代打で登場の大松もヒットで、ここで一発出れば同点・・・というシーンに代打で登場は塀内。ここで打てばきっと感動する、と思うのですが、やっぱり塀ちゃんでした。あっさりとレフトフライに倒れてゲームセット。

まあ、相手が悪かったですね。なんだか調子は良くなさそうなまさおでしたが、同じ相手に2度もやられるわけにはいかないという意地で投げていたようにも思えますし、イーグルス打線もさすがにエースに応えたいという意地だったのでしょう。
シーズンは 長いです。勝ちっ放しと言うわけには行かないのですから、いかに負けを引きずらないかというのも大切ですよね。
さあ、明日からまたカードが変わりますし、切り替えていきましょう。
by kawasaki-marins | 2012-04-20 00:20 | マリーンズ2012
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル