人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:スポーツ観戦いろいろ( 41 )

札幌ドームでラリージャパン??

屋内でのスーパーSSですって。しかも2台同時走行って・・・

どうなるねん??

と、ニワカ関西人風に疑問を発してみました(^^;;


天皇賞を取りっぱぐれて、最終日の再放送見てますが・・・ラリーというよりも、ジムカーナでも見ているような気分。なんだかもう不思議な感じです。

札幌ドームの中にレイアウトされたコースがこれまた、見た目おもちゃみたいなコースなんですが、そこをお尻フリフリしながら走る姿がなんだかカワイイです(そうなのか?)。
しかしこりゃ難しそうですよ。コースの一部が屋外に出ているのですが、生憎と外は雨降りでつるつるすべっていますよ。ドライバーの人、こんなコースで怒ってないかと心配になります(^^;;
とはいえ、ワークスチームばかりでなく、放送されていたドライバーの人たちのクルマのコントロールは凄かったですけどね。さすがというしかありません。ここまで自由自在にクルマを運転できたらそりゃ楽しいだろうなあ。
土屋圭一とか出てたら、けっこう速いんでないかい(と、今度は道産子風に言ってみる^^;;)

バリバリとエンジン音が響いて如何にもモータースポーツなんですが、客席はいつもの札幌ドームというのが、パ・リーグファン的になんだか妙ですね(笑)
人工芝の下はこんなガチガチのコンクリートかと思うと、やはり、普段の野球選手の身体への負担というのは大きいんだなあ、なんて、変な所で実感していました。
サッカー用の芝を外で養生しているように、工夫して野球も天然芝にならないかなあ。


それはともかく、やっぱりラリーは屋外でやるもんだと思いましたよ。うん。
by kawasaki-marins | 2008-11-02 17:47 | スポーツ観戦いろいろ

#17

2008オリンピック ソフトボール決勝 日本 3 - 1 USA

凄いものを見せてもらいました。
昨日の昼、夜のダブルヘッダー(しかも延長)を一人で投げ抜き、そして今日、決勝の舞台も一人で投げ抜いた、ソフトボール日本代表チーム#17上野由岐子投手。

バックを信じて投げ、バックはエースを信じて守り抜きました。
そして得たのが最後の勝利。
ソフトボールとしては最後のオリンピックで、最高の結果を残すことができました。選手も嬉しかったでしょうけど、ある意味、それ以上に今日の中継の解説をしていた宇津木さんは嬉しかったろうなあ。

1回裏、守備の乱れもあり1死満塁といきなりピンチを迎えますが、すぐさま立ち直りホーム封殺、続く打者はキャッチャーファールフライと見事にしのぎます。
しかし相手もさすがのアメリカ。なかなかチャンスがつかめません。

それでも3回表、先頭の三科が左中間フェンスギリギリに落ちるヒットがツーベースとなり、無死2塁。ここからキッチリ送り、1死3塁。一人打取られるものの2死から、当り損ねながらショート深いところへの当たりが内野安打となりこれがタイムリーで1点を先取します。

これはピッチャーにとっても勇気づけられる1点だったのではないでしょうか。
4回表を三者凡退に打取るとさらに5回表、先頭打者の#11山田がセンター超えのホームラン!この人、なんかちょっとウチの角中くんに似た感じがしましたよ(^^;
2-0とリードを広げる値千金のホームランです。
しかしこの後2死で雨が激しくなり一時中断。

この間、女子サッカーの方をちらっと見ていたのですが、のこり5分ほどのところで決定的な2点目を取られてしまいました・・

さて、ソフトの方は試合再開。
この中断で流れが変わってしまう事を解説の宇津木さんが心配していましたが、再開直後の4回裏、先頭のいかにもパワーがありそうなバッターがかるーく当てた打球はあっさりとライトスタンドへ。
ソロで良かったですよ。これで2-1と詰め寄られます。
でもこのくらいではめげません。後続はキッチリ打取り、この回は1失点に留めます。

5回は両者無得点。
6回表、アメリカはピッチャー交代ですが、日本打線は2死からヒットと死球でランナーを出します。しかしここはあと一押しができずに無得点でした。
6回裏、先頭打者をヒットで出塁させてしまうと送りバントで1死2塁。敬遠で塁を埋めるとそのあとのバッターにも四球を与えてしまって1死満塁と再びのピンチです。
しかし、後続を内野フライで、ここも無失点で切り抜けました・・・もうダメ。ドキドキです。

そして最終回7回表。
先頭打者が三遊間抜くヒットで出塁、送りバントでランナーを進めますが、セカンドへの送球がちょっと逸れてオールセーフ。無死1,2塁から内野ゴロは進塁打で1死2,3塁。さらに続くバッターの食らいついた当たりは当り損ねてピッチャーゴロかと思われましたが本塁への送球が逸れて滑り込んだランナーはセーフ!さらにセカンドランナーもホームに飛び込んできましたがさすがにこれは返球でアウトになってしまいました・・・でも最終回、待望の追加点です。

そして最後の守備。
先頭打者にヒットを許しますが、ファールフライをスタンドギリギリまで追ってアウト、サード強襲の当たりもしっかり捕球で2死。そして最後は内野ゴロで打取り、見事に金メダルゲットとなったのでした。解説の宇津木さん(元全日本監督)、泣いちゃってましたね・・・ほんと、良かったですね・・

実はこの試合が初めてプレーボールからしっかり見た試合でしたが、良い守備していましたね。まさに守り勝った試合でした。昨日の今日で、よくこれだけ集中力を切らさず頑張りきれましたね。鍛え方が違うって言われてしまえばそれまでですが(汗
おばちゃんもなんだかウズウズしてきましたよ・・・娘たちにキャッチボールくらい仕込まなきゃかな(^^;;
ところで、ソフトボールのユニフォームって短パンにハイソックスでしたかねえ。昔は野球みたいなズボンとソックスだったような気がするんですが・・・

そういえば、上野投手の#17。なる坊と一緒ですね。
なる坊もこれにあやかって、後半頑張って欲しいもんです。
by kawasaki-marins | 2008-08-21 22:55 | スポーツ観戦いろいろ

気がつけば1000

おお、気がつけば、このエントリーで1000記事になります。

まあ、携帯からパラパラ投稿したのもあるので、実質はもっと少ないんですけどね(^^;;
継続は力なり、なんて柄じゃないですけど、基本書く事はキライじゃないので続けていられるのでしょう。その割にはひとつも上手くありませんが。

オリンピック期間中でもあるので、ではここで私の注目競技なぞ。

その1)競泳

競技をしていたわけではありませんが、学生時代は一人でのんびりプールに通っていたり、最近でも年に数回プールで泳いだりと、唯一、私が人並みにできるスポーツです。学生時代は体力に任せて、普通よりはちょっと速い位?で泳げたんですよ。その頃は平泳ぎが得意でしたが、最近ではすっかり体力が落ちて、もがいてるのと変わらなくなってしまったのが悲しいです(^^;;

そんな私が見ても、今日の北島康介選手の優勝は素晴らしかったですね。号外をもらいそびれたのが悔やまれます。
他にも、フェルプス選手(米)の8冠挑戦というのも「ありえね〜」と叫びつつ、応援してしまう私です。


その2)自転車(トラック)

日本が元祖の競技というと皆さんご存知の柔道と、忘れちゃいけない「KEIRIN」があります。特に自転車競技に詳しいというわけではありませんが、公営競技ファンとしては外せません(笑)
ちなみに、ケイリンは自転車のトラック競技のうちの1種目で、5,6人で1レースを走って1位が勝ち、という極めてシンプルなルールです。
日本の公営競技としての競輪は9人のレースで、通常2,3人ずつのライン(自然発生的なチームのようなもの。通常は同地区で組まれる事が多い。もちろんラインに参加せず単独でレースに参加するのもOK。風よけの先導役、他のラインのブロック役等を分担する)を形成しつつ、チームとしての作戦を立て、レース中の他選手、他ラインとの駆け引きをしつつレースをします。
しかし、オリンピックのケイリンではラインの形成はなく、あくまで個々の選手の力量と判断でレースを進めるところが大きく変わります。そのため、お家芸、と言われつつもなかなか勝ちきれないのですな・・・
今年は、伏見俊昭(福島75期)、渡辺一成(福島88期)、永井清史(岐阜88期)の三選手(もちろん、競輪の選手です)が参戦します。去年のグランプリ優勝の伏見選手がドコまで頑張ってくれるかがみどころです。

さらに自転車というと、その昔中野浩一という偉大な選手が世界選手権のスプリント10連覇なんていう天下無双な偉業を成し遂げていますが、その後を継ぐ選手はいるのか、というのは気になるところです。
スプリントには、ケイリンにもエントリーしている渡辺一成、永井清史両選手と、北津留翼(福岡90期)選手が参戦。
また、チームスプリントには、渡辺一成、永井清史両選手と、長塚智広(茨城81期)の三選手で挑みます。

ということで、短距離系種目は競輪選手で固めてのエントリーとなりましたが、特にケイリンで本家の意地を見せることができるかどうか。公営競技ファンとしても応援していますよ。


その3)もちろん野球・・・

なんですが、注目というよりはもう心配で心配で(^^;;
特に、ウチのなる坊が・・・壮行試合にも出してもらえなかったし、ほんとうに皆さんにご迷惑をかけないかと。
ご迷惑をかけると言えば、やっぱりウチのツヨ坊も、ポロポロやらかしてくれるんじゃないかともう心配で心配で・・・
さらにもう、ウチのキャプテンがブンブンぶんまわしーの大型扇風機と化すのではないかと思うと、おちおち夜も眠れません(でも朝寝昼寝はしていますが^^;)

なんかもう、頑張ってくれという以前の問題のような気がしなくもありません。
壮行試合のライト荒木なんてのも不安の種ですよね。そりゃ、オールスターでホームラン2本も打った誰かさんに比べれば遥かに上手かったけど、そうは言っても本職ではありませんもの・・本番でこういう起用があり得るかと思うと、それも不安の種ではあります。

水曜からの帰省が、今年はちょっと長くなって日曜に帰ってくるのですが、その間、ドコまで見られるかなあ。甲子園もかぶるから、結構大変です。(何が・・?^^;;)
by kawasaki-marins | 2008-08-12 00:28 | スポーツ観戦いろいろ

オリンピック初日

昨夜の開会式は凄かったですね。
まあ、チベット問題なんかも残ったままではありますが、これを機会に少しでも良い方に動いてくれることを祈るのみ。商業主義とかなんとか言われても、オリンピックがあるから戦争をやめよう、とかって話にでもなれば一歩前進だと思いますもの。まずはとにかく、格好だけでもいいので最初の一歩です。

ということで、初日の競技。
まあ、一昨日から男女サッカーの予選は始まっていますが、今日から本格始動です。
今日は、柔道の男女最軽量クラス(女子48kg級、男子60kg級)がありました。
野球ファンとしては「谷佳知の奥さん」なんでしょうけど、やっぱり谷選手が「柔ちゃんのダンナさん」だよなあ、と日本中が納得するであろう谷亮子選手、初戦こそ楽勝の雰囲気でしたが、2回戦は延長で勝利、3回戦も優勢勝ちで準決勝に勝ち上がります。
準決勝ではルーマニアのドゥミトル選手に指導1個の差で負け、金メダルなりませんでした。
柔道はまったく素人の私ですが、決して内容では負けていなかったと思いますよ。相手の巧妙な試合運びに負けたというところでしょうか。
お互いに決め手に欠け、それぞれに指導を2回でタイスコア、残り30秒あまりのところでの指導は柔ちゃんだけに向けられたものでした。結局これが決勝ポイントとなり、まさかの敗退。どうにも不完全燃焼の感じが残る試合でした。残念!

この後の3位決定戦では、このもやもやを振り払うような見事な払い腰での一本勝ちでこれぞ柔ちゃん!という勝ちかたを見せてくれてすっきりしましたが。
それにしたって、16歳から5回連続のオリンピック出場というだけでも凄いのに、その出場の大会すべてでメダルというのは本当に凄いですね。
大人になってからは、私服のセンスに「う〜ん^^;;」というのもありましたが(笑)やっぱりこの人は、変に着飾らず柔道着に前髪を結わえた姿が一番です。

試合後のインタビューでは、なんかやめちゃいそうな雰囲気も一瞬しましたが、でも、できれば続けて欲しいな・・・もう一回位は十分狙えると思うんですけどね・・・この辺は、ダンナさんの甲斐性次第なんでしょうかね。

その他にも、女子重量挙げなんてのもありましたが、これがまた凄い世界でした。
っていうか、女子で100kgとかあげちゃうのって凄すぎます。人間、鍛えればどうにでもなるんですね・・・自分のタポタポのお腹とお尻に言い聞かせます、ハイ。
by kawasaki-marins | 2008-08-09 23:06 | スポーツ観戦いろいろ

オリンピック開幕

開会式を見ていますが、凄い演出でした。
なんだ神田と、中国は人間の文明の発祥の地のひとつなんですね・・・しみじみ。
とはいえ、細かいエッセンスまで理解できたのは東アジア(って、中国、日本と韓国北朝鮮くらいか)の人ぐらいなような気もしなくもありません。欧米の人たちにしてみれば、ただエキゾチックな感じなのかもしれませんが・・・
まあ、こうやって世界に向けて発信するのは良いことですね。

各国の入場に合わせて、地図帳で場所チェックとかしてましたが、もう途中であきらめました。カリブ海の小さな島国たちって、あんなにありましたっけ・・・世界情勢において行かれてます。

そうそう、野球の壮行試合は甲藤が打たれてパ選抜の負け、唐川くんの先発が見られなかったのは残念でしたが、サトの特大センターバックスクリーンホームランが見られたので良しとしましょう。

テレビでは、まだまだ選手入場が続いています。
凄い数ですね・・・通路を分けるラインの上で踊っているおねいさん方もさすがに疲れてきているようです(^^;
by kawasaki-marins | 2008-08-09 00:04 | スポーツ観戦いろいろ

リトル!

ロッテ戦を見た後、なんとなくテレビがつけっぱなしになっていたら始まったのが、リトルリーグの日本一決定戦でした。なんとなく見ていたのですが、いやあ、この江戸川南(だったっけ?)のピッチャーの子、大関くんだったかな、この子は凄いですよ。ウトウトしていたのが目が覚めましたね。

マウンドで投げている姿はまるで高校生のようでした。フォームもダイナミックなんですが、コントロールもなかなか。ストレートとカーブを投げているようでしたが、カーブのキレがまたとても中1とは思えませんでした。
さらに、自分でタイムリーとスリーランまで打っちゃって、パワーもあります。
結局、打取った、と思った当りが1,2塁間を抜けてしまったという感じの1安打だけで完封(リトルは6回までです)、確かに体格も良かったですが、早熟なだけじゃないと思いますよ。

この後、アメリカでリトルのワールドカップが開催されるのに出場するということですので、ちょっとチェックしてみたいなと思いましたね。Jスポでやるようですし。

それにしても、夕焼けきれいでしたねえ。

e0095468_2281036.jpg


夕焼けと、将来が楽しみな少年に癒される夕刻でした(^^
by kawasaki-marins | 2008-07-27 22:02 | スポーツ観戦いろいろ

見ていませんが・・

土曜に開幕した高校野球の神奈川県大会。

しがない県立の私の母校は、ごく普通の県立相手に、延長11回まで粘りましたが残念ながら初戦敗退でした。いつも1回くらいはなんとか勝てるんですけど、そうそう毎年上手く行くわけでもないということですね。(^^;;


残念っっ!!
by kawasaki-marins | 2008-07-14 23:59 | スポーツ観戦いろいろ

南北?

今日、というか日付が変わりましたから昨日、7/12より、高校野球の神奈川県大会が始まりましたですよ。

今年は90回の記念大会ということで、私の住む神奈川も2校代表を送ることができます。
毎年200校ちかくがひしめく全国一の激戦区ですからねー。ベスト4あたりに残る学校はいずれも、甲子園でも十分戦える実力がありますから、出場できないのが不憫でもう・・・
とはいえ、半分になってもまだ100校ちかくありますから、まだまだ激戦であることにかわりはありませんけど。(^^;;

で、南北って、どういう分け方なんだか良くわからないんですが(汗)
どうやら、北東エリアと南西エリアという感じではありますが、横浜がすぱっと分割されてしまっているようです。
神奈川県って、東西で人口密度が全く違いますから、数が偏らないように分けるのって難しかったでしょうね(^^;;

神奈川県大会の詳細は、こちらのサイトが非常に詳しいです。

 神奈川高校野球ステーション
by kawasaki-marins | 2008-07-13 01:00 | スポーツ観戦いろいろ

凄いアイツが!

GAORAで野球中継をみていていつも気になるのが
「凄いアイツがやってきた〜♪ヤマモト、カガクゥ、コゥギョゥ♪」というCM。
バトントワリングのおねいさん方が、三角形のゴム板のようなもので肩や腰をさすっているという、なんだかもう謎なCMです。

で、最近少しだけ謎が解けてきました。
どうやら、件のCMの「バイオラバー」という素材、水泳の水着などに使用されているようですね。トライアスロンなどでは既にこのバイオラバーを使用した水着が使われているそうですよ。
それを日本のスポーツ用品メーカーが使うの使わないのと話がこじれているようですが・・・しかも外国のメーカーから引き合いがあったのを、ヤマモトの社長が、外国選手が使う水着に使われて日本選手が負けたらイヤだとかって(よくよく考えたら凄い自信ですね^^;)断ったとか。

とはいえ、やっぱり謎な素材ですね。


水着新素材提供の山本化学工業が悲鳴
6月4日9時49分配信 日刊スポーツ

 アシックスとデサントの2社の五輪用水着に素材が採用された山本化学工業が“窮状”を訴えた。山本富造社長(49)が3日、報道各社に直筆のファクスを送付。(1)2社に意見や提案を聞いてもらえない(2)素材を全身に使用した水着(ニュージーランド製)を試してほしいが、どの選手が試着を希望しているか情報がもらえない−と打ち明けた。
 同社は好記録連発の英スピード社製より水の抵抗が少ないという新素材を開発して、日本水連から改善を要求された国内メーカー3社に提供、うち2社が5月30日に採用を発表した。だが、採用後に2社へ協力を申し出ると、デ社は「情報を開示する約束はしていない」と断り、ア社は無回答だったという。
 山本社長は「私ども中小企業では選手に声が届かない。(ニュージーランド製水着の)試着を希望する代表選手は電話やメールでご一報を」と訴えていた。

最終更新:6月4日9時49分

by kawasaki-marins | 2008-06-05 23:04 | スポーツ観戦いろいろ

リトルリーグ

なんだか風邪がぶり返してきて、今日はのんびりテレビを眺めて過ごしていました。
で、なぜか2002年リトルリーグの世界大会の決勝戦なんてやってて、なんでこんなに昔の・・・とか思ったら。
今年スワローズに入った佐藤由規くんが出てたんですよ。
わざわざそんなの引っ張りだしてきたのね、と感心しながら見ていました。

この決勝では佐藤くんは投げていませんでしたが野手で出ていたようです。とはいえ、途中からしか見ていないので、どこを守っていたのかはよくわかっていません(^^;
実況&解説の話をきいていると、ロシア戦で投げてノーヒットノーランやったとか。やっぱり、それなりに力はあったのですね。

しかし、それ以上に凄かったのが対戦相手のアメリカチームのピッチャーですよ。
体格も段違いに凄いのですが、12歳のくせに平気で120km/h超のスピードを出しているようです。おおー。
リトルリーグは、大人の試合の3/4サイズのフィールドなのですが、画面では大人サイズに換算して98マイルとかって数字が出てましたよ。うーん、何をどう換算しているのかはよくわかりませんが、とにかく素人目に見てても凄いピッチングです。さすが野球の母国、こんなピッチャーがいるんですねえ。

結局は、このピッチャーの子が初回に打ったソロホームランが決勝点で1-0でアメリカチームの勝ちでしたが、12歳(以下?)の少年たちの試合も新鮮で良かったですね。

ところで、仙台のリトルリーグのチームだったようですが、ユニフォームは「ASIA」となっていたのがなんだか不思議です。別にアジア選抜チームってワケではないんですよね?
by kawasaki-marins | 2008-02-17 23:35 | スポーツ観戦いろいろ
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル