人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:マリーンズ2012( 77 )

負けるときはさっぱりと

対 東京ヤクルトスワローズ 3回戦 [M 2勝1敗] M 4 - 13 YS (神宮)
勝/村中[4勝2敗] 負/藤岡[4勝1敗]
HR/バレンティン[13号] 宮本[1号]

帰宅して、テレビをつけたときは2-1で勝ってたんです。それが・・・セカンドの付近になにかちらっと見えたときから・・・きゃあああああぁぁぁぁ。あ、あれは、最近噂のマモノンでは・・

落ち着いて座ったときには既に5点取られていました。藤岡くんどうしちゃったかしら。ちょっと心配ですが、まあ、ルーキーですからねえ、今年はまだまだ波があることでしょう。
3回表に1点を返したときはまだ行けるかと思ったのですが、7回にもあれよあれよと5失点。
一試合に2回も5失点のイニングというのも凄いです。

交流戦はこういうぼろ負けの試合がないとね(汗)

交流戦首位のジャイアンツも負けてくれたみたいですから差は変わらず、なんとか喰らいついて行って、日〜月の直接対決を盛り上げないとね。
by kawasaki-marins | 2012-06-09 14:42 | マリーンズ2012

曇りのち晴

対 横浜DeNAベイスターズ 4回戦 [M 3勝1敗] YB 2 - 3 M (千葉マリン)
勝/グライシンガー[6勝1敗] S/薮田[3敗17S] 負/王溢正[1敗]
HR/

今日は、金星の太陽面通過という現象があったのですが、午前中はあいにくと厚い雲に覆われている南関東でした。朝のうちは雨でしたが、それでもお昼頃には上がり、雲の切れ目もあったのですが、残念ながら太陽面通過は観測できず。次は22世紀になるということですから、世紀の現象を見逃してしまったのですね、残念。
個人的には、関東地方で見られる次の皆既日食まで元気で生きていられれば良いな、なんてくらいなんですが・・ナンジャソリャ(^^;;

それはともかく、マリンの試合。
立ち上がりは速報チェックでしたが、グラ様が自らのエラーで1点を失ってしまいます。あらら・・
相手先発は王。初登板だそうですが、それってアレですか、初物・・・ヤバいなあ。なんて思いつつ帰宅してテレビをつけます。
なんと今日は、亭主がお休みを取っていて、晩ごはんを用意してくれていたので、何も考えずに野球観戦ができちゃいました。なんと素晴らしい夜でしょうか!

と、テレビを見ていると、2回、3回と先頭打者を出すも得点できません・・・ベイスターズの王はコントロールが微妙に荒れている感じ、打てそうな、打てなさそうな・・・ああーっ、もどかしい。
グラ様も、絶好調というわけではなさそうで、毎回のようにランナーを出しますが要所を締めて2回以降は得点を与えません。

打線が2回りした5回裏、先頭の清田が四球を選ぶと岡田パパが送って1死2塁。続く根元がセンターオーバーのタイムリーツーベースで同点に追いつきます。さらに井口、サブローと連続タイムリー。先だっての甲子園でミスしていた3人が、グラ様にお詫びのタイムリーで1-3と逆転しちゃいましたよ。

この後も、ランナーを出しつつも返せない、なんかフラストレーションがたまる試合をしていましたが、7回途中までをグラ様さらには内、益田と繋いでクローザーの薮田に最後を託すと・・思った通りの薮田劇場。1点を返されてしまいますが、なんとか逃げ切って勝利です。

明日がお休みで金土と神宮、日月と東京ドームとなります。移動が少なくて済むのは良いのですが、しかしジャイアンツが負けないなあ。直接対決までなんとか喰らいついて行きたいところですが・・・どうなんでしょうか。選手たちは「優勝」の言葉を出していますが・・
by kawasaki-marins | 2012-06-06 22:46 | マリーンズ2012

お立ち台は大松と角中

対 横浜DeNAベイスターズ 3回戦 [M 2勝1敗] YB 2 - 4 M (千葉マリン)
勝/内[1勝] S/薮田[3敗16S] 負/藤井[1勝2敗]
HR/

あんまり落ち着いてみていられなかったのですが、大松の調子がようやく上向いてきたのかな・・・と、この3試合くらいを見ていて思うのでした。
一昨日のドラゴンズ戦では、なんと大松に送りバントなんていうシーンまで見せられて、どんだけなんだよ・・と、見ているこっちまで切なくなることもありましたが、でもその1回以外は普通に打たせてもらっているんですよね。
少しずつ、ライナーの良い当りが見えて来て、もう少し自信をもって振り切れるようになれば・・という感じになって来ていますから、あとは少しの調整と、むしろメンタル的な何かではないかと素人的には思ってみたりするわけです。

そんな今日はなんと2年ぶりだという猛打賞。まあ、最後の内野安打は記録員さんが優しかったのかな、という気もしますが・・・得点にからんでのお立ち台でした。まだまだ苦しんでいる最中だとは思いますが、トンネルの向こうから光は射しているのではないかな・・やっぱり、打線に長距離砲がほしいですもんねえ。

やっぱり大松は引っ張ってナンボ、鋭いライナーをライトスタンドに突き刺してもらいたいですもの。あとは自信、だと思います。

それと、角中の調子の良さというか勝負強さが凄すぎる。一体今季何度目のお立ち台なんでしょうか。なんかもう毎日のように呼ばれている気がしますよ。この人のバッティングには、本当に勝負強さを感じます。サブちゃんを「勝負強い」とか言っちゃうのとは違う重厚さを感じますね。
本当に頼もしい限りと、毎日目を細めている私なのでした。

今日はきちんと見ていないので、詳細はなしで(汗)
by kawasaki-marins | 2012-06-05 23:38 | マリーンズ2012

昨年のおかえし

対 中日ドラゴンズ 4回戦 [M 3勝1分] D 2 - 5 M (千葉マリン)
勝/唐川[6勝2敗] S/薮田[3敗15S] 負/小笠原[1敗]
HR/ブランコ[12号]

今朝は例によってテニススクールです。なんだか今日はよく走りました。帰って来たら脚がだるい・・・今月のテーマはフットワークなんだそうです。テニスもそうですが、冬に向けて走り込みした方が良いとは思っているんですが・・・そこまでの根性はない私(汗)
そうそう、テニススクールの軒先にツバメが巣を作っていました。もう抱卵にはいっているようです。

e0095468_23261426.jpg

これは先週の写真ですが(汗)

そんなこんなで、帰宅してお昼を済ませるとマリンの中継が始まります。
今日は唐川が先発・・・このところ調子が良くない唐川ですので、もう心配で・・・と、案の定、初回から簡単に捉えられてヒットを打たれています。
初回こそ併殺が取れて3人で済みましたが、2回は先頭の和田にヒットを打たれると続くブランコにバックスクリーン直撃弾。

1回裏に、ドラゴンズ先発の小笠原の立ち上がりの乱れから満塁から1点取っていたのですが、あっさりと逆転されてしまったのでした。あちゃー。

しかし直後2回裏、先頭の清田がヒットで出塁すると、サトがツーベースで無死2,3塁とチャンスです。バッターは1番に戻って岡田パパ。このところバッティングの調子が上がってきていますが・・おおーっ、センター前に落として2点タイムリーですってばよ。
あっさりと再逆転、なんか本当に強いチームみたいですよ??
この回、井口のタイムリーでもう1点を追加し、2-4と勝ち越します。

ドラゴンズは2回途中で先発の小笠原をあきらめて山井に継投。あら、ちょっとイヤな人が出てきました。
ですが唐川も、2回裏の攻撃中にベンチでなにやら西本コーチにアドバイスを受けていたようで、3回以降はなんとか立ち直り、この後は試合の動きが止まってしまいます。
調子の上がらない唐川を5回まで、6回以降は大谷、内、益田と繋ぎ、最後は薮田が締め、チームの力で唐川6勝目。

お立ち台には先制点の今江と2回の逆転打と最後8回にだめ押し打の岡田パパが呼ばれていました。選手たちも今回の交流戦には手応えを感じているようです。なんの力にもなりませんが、ちょっとでも後押しをしたいところですよ・・・って、何をするのじゃ?
by kawasaki-marins | 2012-06-03 23:45 | マリーンズ2012

成瀬今季初完封で快勝

対 中日ドラゴンズ 3回戦 [M 2勝1分] D 0 - 9 M (千葉マリン)
勝/成瀬[6勝2敗] 負/山内[5勝3敗]
HR/井口[8号] 里崎[3号]

今日は久々に美容院でカット&カラー。カットだけで済めばいいのですがカラーもとなると結構時間がかかるので、気合いが入らないとなかなか行けない私でした。しかし、さすがに白髪が目立って来て・・(汗)
そんなわけで、午前中をパーマ屋さんで過ごし、帰宅してお昼すぎからはテレビの前でマリンのドラゴンズ戦を観戦という土曜日。まあ、のんびり過ごしましょうか。

さて、試合の方は、マリーンズは成瀬、ドラゴンズは山内が先発。
成瀬が初回をさくっと三者凡退で立ち上がると、その裏、マリーンズ打線はいきなり仕事をしてくれます。
先頭の岡田パパがセンター前に落ちるヒット、これをセンター大島がバウンドを合わせ損ねてちょっともたつく隙にセカンドまで進みます。この辺はさすがの脚です。
すかさず根元が送りバント・・初回から送りバントというのもアレですが、まあ今回は無死2塁ですからこれはアリかな。
井口が四球を選んで1死1,3塁とすると、サブローがあっさりと三遊間を抜いてタイムリー、良い形で先取点が取れました。
角中の当たりは思いのほか伸びてライトの頭上を越えてタイムリーツーベース、さらには今江が犠牲フライで初回から3点を奪います。

ですが2回表、先頭の和田に四球を出してしまう成瀬でした。
テレビで見てても「(ストライクに)取ってよ・・・」という球が低かったというジャッジでボール、成瀬も納得いかなかったのか、珍しくも審判に手振りで「低いの?低かったの?」というアピールです。
ブランコ、井端と打取りますが、続く山﨑にはセンター前にヒットを許し、さらには平田を歩かせて2死満塁。どうも、和田の四球のジャッジが気になっているようでしたが・・それでも何とか谷繁をライトフライに打取ってギリギリ無失点で凌ぐのでした。

それでも両投手2裏3表を三者凡退、試合は落ち着くのかと思われたのですが、3回裏のマリーンズの攻撃、先頭の根元がレフト線へのツーベースで出塁すると、なんだかんだで角中の犠牲フライで1点を追加します。
そつのないといいますか、確実と言いますか、なんだか強いチームみたいな点の取り方ですよ・・・どうしちゃったんでしょう(汗)
なによりも、角中が良い仕事をしてくれているのが効いているんですな、たぶん。

この後の成瀬はあぶなげなく、ドラゴンズ打線を打取って行きます。
ピンチらしいピンチと言えば、井口のソロで1点を追加してもらった直後の6回でしたか、マリンの上空でプロペラ機がアクロバット飛行を披露していた時でしょうか。どこだかでイベントがあったそうなのですが、なんだか気になって気になって仕方がない成瀬。集中力が切れてしまうのではないかとヒヤヒヤしましたね(汗)まあそれでも、気になっていたのはお互い様らしく、三者凡退でしたけど。

この後もサトの通算99号という弾丸ホームランとか、8回裏のだめ押し3点追加などで気がつけば0-9と大量リード、成瀬も、今日はきっちり9回完投完封でハーラートップに並ぶ6勝目となったのでした。
いやあもう、こんなに気持ちよく見られる試合は久しぶりのような気がしますね。

なんでも、ドラゴンズもココまで連勝だったそうで、前回もジャイアンツの連勝を止めていますし、成瀬は連勝ブレーカーという巡り合わせになっているようです。
流れに飲まれないで投げられるというのは強みかもしれません。でも、流れ関係なく一発病が発症したりするのも裏表なのか・・・

そうそう、今日はいよいよ鈴木大地が一軍登録されて、8回裏、ヒットで出塁のサブローの代走で初出場でした。
残念ながら、角中の内野ゴロでセカンド封殺でしたが・・・井口のバッティングの調子は良いですし、根元もこれでまた必死になったようですから、出番がまわってくるかは微妙な所ではありますが、今年のルーキー達の活躍の波に乗って、手薄な内野陣を引き締めてもらいたいと思います。
出番が楽しみですね。

しかし、ドラフトで指名したルーキーがみんな一軍登録されている状況って、なかなかあることではありませんよね・・・凄いなあ。
by kawasaki-marins | 2012-06-02 20:40 | マリーンズ2012

サヨナラ負けでがっかり

対 阪神タイガース 2回戦 [M 1敗1分] M 1 - 2x T (甲子園)
勝/藤川[1勝9S] 負/薮田[3敗14S]
HR/藤井[1号]

前日の疲れる引き分けに続いて、イヤな流れに乗ってしまいましたね・・・
先発の藤岡は頑張ってくれましたよ。ええ。
二番手の内も凄かった。

でも・・・薮田が云々言う前に、毎回のようにランナーを出しながらも1点しか取れなかった打線出せんが問題だったのでは。
2005年で甲子園での運をすべて使い果たしたような気がしてなりませんよ。

さあ、ホームに戻って切り替えましょう。
(なんだか風邪を引きずって元気がでないや・・)
by kawasaki-marins | 2012-06-01 22:40 | マリーンズ2012

全編これ井口劇場。カーテンコールは薮田劇場。

対 阪神タイガース 1回戦 [M 1分] M 9 - 9 T (甲子園)
M グライシンガー-大谷-中後-内-益田-薮田
T 岩田-久保-渡辺-福原-筒井-藤川
HR/井口[7号] 今江[2号]

いやもうなんという試合・・・
例によってバタバタで晩ごはんの支度をして落ち着いたのが3回も終わるころ。2-1でマリーンズがリードしてはいますが、グラ様の調子はあまり良くなさそうです。でも、良くないなりに要所を締めるというピッチングでしっかり試合を作ってくれていました。

4回表、ちょっと目を離した隙に1点を追加、さらにあれよあれよと2死満塁。タイガースは先発の岩田をあきらめて、なんとまあソニックをマウンドに送り込んできました。ううーん、昔のよしみで・・・なんて思ったのですが、迎えるバッターは井口。そりゃ昔のよしみはないかしら、なんてアホなことを思いつつ見ていましたら・・おおーっ、井口の当たりはセンターへの満塁ホームラン!
なんと3試合連続ですってば。
これで一気に7-1とリードを広げて、こりゃ楽勝・・と思ったのですが。

4回裏。
先頭のマートンをヒットで出塁させてしまうと、続くブラゼルのなんでもない当たりを井口がポロリ。新井の外野フライで1死1,3塁とされて藤井にタイムリーで7-2。
このときは、どってことはない、と、思ったのですが・・・
この後2死満塁から、打取った当たりですよ、ヤマトが打ち上げたのはショートのうしろ、根元でも余裕で追いつけた当たりですが、これをサブちゃんと譲り合ってしまって2点タイムリー。記録上はヒットですが、これはさすがにグラ様もがっかりしてしまったのでしょう、続く鳥谷にもタイムリーを許し、あっという間に7-6と1点差に詰め寄られてしまいました。
なんとまあ・・・
さすがにここで大谷がリリーフ。大谷は金本を打取ってなんとかリードを守ります。

5回表にゴリキャプのレフトへのソロホームランで8-6、6回には相手のエラーで出たランナーを井口のゴメンナサイタイムリーで返して9-6とします。

しかし6回裏、大谷の後を引き継いだ中後が四球死球で1死満塁としてしまいます。
マリーンズベンチもたまらずここで内を投入。内くん、信頼されていますねえ。
鳥谷にタイムリーを許してしまいますが、金本とマートンを150km/hオーバーを計測するストレートで押してピンチを切り抜けます。
ココはもう、敵地甲子園でも内コール。痺れましたね〜!

ですが、甲子園の魔物はまだいたのですよ。
予定より1回はやく、6回に内を投入してしまったことにより、7回から益田を投入。7回は三者凡退でぴしっと締めてくれた益田でしたが、8回もロサ投入を嫌ったのか益田の回またぎ。
これがウラ目に出てしまいました。っていうか、回またぎはデビュー以来初めてじゃないかしら?

8回裏、2連打から送りバントで1死2,3塁、まーた鳥谷の犠牲フライで1点を返されてしまいます。
さらに金本にもヒットを許して2死1,3塁。ですが、慌てるような状況ではないんですがねえ・・・マートンのなんでもないセカンドゴロを井口がお手玉・・・え”
ランナー勿論生還で9-9と、ついに追いつかれてしまいました・・・な、なんで???
益田くんは悪くない。悪くありませんとも。

9回表は藤川にさっくりと三者三振。
試合時間も3時間半を越えて延長もなくなり、マリーンズの勝ちが消えます。
いやーな流れになってきました・・・

9回裏は薮田を投入。
先頭の新井こそ三振に仕留めますが、ベテランの代打桧山にヒット、送りバントで2死2塁。
続く平野には2ボールとなったところで勝負を避けて歩かせると、またまた代打の関本にもボール先行で結局四球で2死満塁・・・しかもバッターは、本日4打点くらい稼いでいる鳥谷。

もはや薮田心中。

泣きそうでしたよ、ホント。

その薮田は淡々と鳥谷をショートゴロ。
なんとか引き分けで終わることが出来ました。

しかしまあ、普通に勝てた試合ですよ。それがどうしてこんな縺れて引き分け・・・野手のミスに足を引っ張られた試合になってしまいました。いやあもう、久々におバカ試合を見ましたね。試合終了後は見ていた私もぐったり。

まあ、6回以降は応援も兼ねて、マリーンズの攻撃中にステッパーってんですか、足踏みましーんでトレーニングなんかしていたりしましたので余計に疲れたわけですが。
良い運動したと思いましょう。思える・・・思えるかなあ。

そんなおバカ試合の甲子園の裏の東京ドームでは、ジャイアンツの杉内がイーグルス相手に9回2死までパーフェクト、四球1個のノーヒットノーランを達成したとか。イーグルスも復帰のまさおだっただけに、凄い試合だったようです。
まあ、こうやっていろいろあるから人生面白いんですよね、きっと。

・・・でも疲れました(汗)
by kawasaki-marins | 2012-05-30 23:19 | マリーンズ2012

コロッケ王子好投と井口の200号HR

対 広島東洋カープ 2回戦 [M 1勝1分] M 7 - 3 C (広島)
勝/香月[1勝] 負/バリントン[2勝5敗]
HR/井口[6号]

交流戦の変則日程で月曜のナイターとなる本日。マリーンズの先発は香月・・・え、香月?
ちょっとビックリしましたが、ファームでは防御率0点台の好投を続けているということですので、ここはちょっと期待してみますよ。
そんなわけで、今日のわが家の晩ごはんは、コロッケ王子こと香月くん応援で、昨日の残りカレーにスーパーのお惣菜の(←ココがポイント)コロッケでコロッケカレーとなるのでした。コロッケうまうまやよ。

そんなわけで、帰りがけにコロッケなんて買っていたので、手抜きごはんにも関わらず落ち着いたのは4回裏でしたか。香月がさくっと三者凡退で抑える所でした。
すると5回表、1死から角中が右中間スリーベースで1死3塁とすると、続く今江がレフト線ギリギリのタイムリーツーベースで1点先取です。
さらに大松凡退も進塁打となって2死3塁となると、マッチが歩かされて2死1,3塁でピッチャー勝負を選ぶカープバッテリー。ですが、ここで香月が流し打ちでライト前に抜けるタイムリー!
自分で2点目をたたき出します。

これがカープバッテリーにはショックだったのか、続く岡田パパのタイムリーでマッチが生還、さらに根元も続いて香月が激走ホームインです。おいおい、ピッチャーなんだからそんな無理して走らなくても・・・とは思いましたが、根元じゃホームランは期待薄ですからねえ・・
なんて思っていたんですよ。
そしたらまあ、井口がスッかーんとライナーでレフトスタンドにもって行っちゃいました。
もう。やっぱり香月を走らせなくてもよかったじゃん(爆)
通算200号のメモリアルで一気に7-0と大差でリードしちゃいました。あらびっくり。

5,6回は香月がしっかり抑えてくれて、こりゃもしかしたら完封もあるかも・・・と思ったのですが。
7回裏、1死から広瀬の当たりを、サード今江がこれまたキレイにトンネル・・・こんな奇麗なトンネル久々に見ましたね。ってああーっ、これでちょっと流れが変わりそうでした。
続く堂林にもヒットで1死1,2塁、石原は外野フライに仕留めますが、代打の木村の当たりはライトへのライナー、これが思いのほか伸びてライトの角中がちょっと目測を誤り、さらには内野への返球を井口が投げ損ねてと、そんなこんなで野手のミスが重なって2点タイムリーとなってしまいます。さらには梵のタイムリーで3失点。
今江のエラーからの流れですから、ちょっと香月には気の毒・・・3失点しながら自責は0という、この記録が物語っています。
この後は中後が引き継ぎ、なんとか3失点で留めました。

マリーンズは8回を内、9回を益田と継投でまとめて、コロッケ王子こと香月の2年ぶりの勝利をアシスト。もっとチャンスがもらえると良いなあと思わせた王子の好投でした。パ・リーグに戻っての先発ローテの6枚目、あるいは話によっては5枚目もあるかも・・・え”。
コロッケ王子が頑張ることで、一軍のメンバーは気が引き締まり、二軍のメンバーはモチベーションがあがるような、そんな良い流れになると、そりゃ凄いことになっちゃわないかい?と、勝手に盛り上がってみたりなんかして。

久々の勝利と、自らのタイムリーで、まさしく「ヒーロー独り占め」状態でしたが、浮つくことなくインタビューも真剣な受け答え。試合の内容ももちろんですが、この面構えを見て、コロッケ王子にはもっとチャンスをあげて欲しいなと、そう思わせるインタビューでした。
がんばれ、コロッケ王子!
by kawasaki-marins | 2012-05-29 00:27 | マリーンズ2012

引き分けでOK

対 広島東洋カープ 1回戦 [M 1分] C 4 - 4 M (広島)
HR/井口[5号]

サファテ、それに尽きます。
まあ、序盤は勝てる雰囲気ゼロでしたもの。
唐川の制球がアヤシくて、ホイホイ打たれ、2回裏、1死満塁から投手の大竹にスクイズを決められてしまいます。ダメダメな流れですよね。
この後も梵のタイムリーで2点を追加されて0-3。

大竹が気分良く投げてそりゃーマリーンズ打線ではどうにもなりません。
唐川も、悪いなりになんとか3回以降は無失点でまとめてはくれますが・・・6回に井口のソロが飛び出しますが援護らしい援護もなく、淡々と負けパターン。
せっかく1点を返したのに、7回には大谷と中後で1点を失い、4-1と差を戻されてがっかり。

ですが。
9回表、カープのクローザーのサファテが登場して一気に流れが変わってきました。
先頭のサブローが四球で歩くと、角中がヒットで続き無死1,2塁。今江凡退も大松も四球を選んで1死満塁。ここで迎えるのはサト。里崎ドカン!を期待してはいけない、期待なんかしないぞ・・・と自分に言い聞かせていたのですが、やっぱり期待していたんでしょうか。
サトの当たりはセンターへ飛び、これがタイムリー、2-4とつめよります。
ここでサファテをあきらめて今村に継投のカープですが、この今村がセカンドに投げた牽制球が逸れて、その間にランナー生還、3-4とさらに詰め寄り。
2死2,3塁から、先頭に戻って岡田パパが、バットを折られながらもピッチャー返しの当たりがタイムリー内野安打で同点に追いついてしまいました。

先日、神戸でブレーブスユニ復刻の試合を眺めていたのですが、そのときもそういえばサファテが日高に同点ホームランを打たれてサヨナラで負けていたんでしたっけ。
カープのドツボっぷりに救われたマリーンズです。というか、他人ごとではありません・・・明日は我が身とひしひしと感じますね。

そのマイナスエネルギーに負けないように、明日は・・・明日は・・・え、先発は香月なんですか。
期待できる出来になっているということ・・だと思いたい。
明日の晩ごはんはコロッケにしようかな(をぃ)
by kawasaki-marins | 2012-05-28 00:14 | マリーンズ2012

連勝を止めてやったので良し

対 読売ジャイアンツ 1回戦 [M 1敗] G 4 - 2 M (千葉マリン)
勝/内海[4勝4敗] S/西村[1敗10S] 負/渡辺(俊)[2勝2敗]
HR/

対 読売ジャイアンツ 2回戦 [M 1勝1敗] G 2 - 5 M (千葉マリン)
勝/成瀬[5勝2敗] S/薮田[2敗14S] 負/沢村[4勝4敗]
HR/サブロー[3号] 長野[3号]


土曜は妹娘の小学校の運動会でした。そんなわけで、金曜の夜はお弁当の仕込みなんかでバタバタ。ついでに金曜は姉娘の誕生日だったりして、これが角中くんと同じ誕生日だということでちょっと嬉しかったりしつつも、要するにバタバタで落ち着いて試合を見ていられなかったというわけです。

試合はというと、先発が俊介ですからねー、3点くらいは覚悟していました。俊介は予定通り(?)の5回3失点でしたが、打線の方はジャイアンツ内海の調子がよかったようで、打ち崩すことができません。
8回にようやく角中のバースディヒットから2点をもぎ取りますが時既に遅く、結局4-2で負け、悔しくもジャイアンツの10連勝目を献上してしまったのでした。
まあ、ロッテだけで10連勝されたわけじゃ・・・(なんか自信がなくなって来た^^;;

そして土曜日。
休日ですが6時起きでお弁当を作り、朝ごはんを食べさせて送り出し・・と普段以上になんだかバタバタでした。親としては8時半頃に家を出られればいいやと余裕をかましていたら、お弁当が仕上がったのが8時過ぎ、ちょっと予定オーバーで焦りましたね。

家を出たときにはちょっと肌寒いかなとも思ったのですが、見る見るうちに雲がとれ、日射しが暑い暑い。顔まわりは日焼け止めを塗っていましたが、腕に塗るのを忘れていたので日に焼けてヒリヒリしています(汗)

運動会はつつがなく進みます。妹娘のかけっこにはペンギン走法の姉娘の影を見てorzだったりとか、まあいろいろと。
お弁当を食べて午後の部も楽しみ、妹娘の青組は負けだなーと、閉会式はパスして帰ると、既に2時過ぎ、マリンは・・え、1時始まりだったの?
既に5回を過ぎていました。
なんか3回あたりにサブちゃんがホームランで先制とか。うひひ。
さらには角中くんがこだわっていた猛打賞だったりとか、成瀬無双状態のピッチングに惚れ惚れとしていたりとか、流れは見えてなかったのですが、昨日のお返しという感じで気分良く見てました。

見ていた・・・のですが、日に当たったせいか、どんどん頭痛がひどくなって来て、朝が早かったこともあってか気がつくとウトウト・・・ああ、もう9回か。成瀬完封だな、なんて思っていたのですが。
え。
なぜか薮田がマウンドにいて目が覚めました。

長野にツーランですってぇぇ・・よりによって長野ぉ??
きぃーっ、腹立たしいことこの上なしですよ。

まあ、後は締めて、最後にちょっとミソつけちゃいましたがジャイアンツの連勝を止めることができました、うひひ。

さあ、後はサミットプッシュ・・・世界に(っていうかヒマラヤに)14座ある8,000m級の山のすべての登頂を目論む竹内洋岳さんのラスト1座、ダウラギリに挑んでいるブログから目が離せません。

キター!
登頂成功の連絡があったそうです。あとは、無事に下山でプロジェクト完遂。お家に帰るまでが遠足です。
by kawasaki-marins | 2012-05-26 20:59 | マリーンズ2012
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル