人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2007年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

不思議の負けなし・・・って、ノムさんのセリフだったよね

 対 ソフトバンクホークス 17回戦[M 6勝9敗2分] M 1 - 4 H (福岡D)

今日はホークスがルーキーの大隣、マリーンズは直行。
ホークスに分が悪い直行と、ルーキー・・・どう考えても良い方向に向きません、まあ、明日はコバヒロだし・・・いやいや、いかんいかん。

直行は見る限りはそれほどいい状態ではなさそうでしたが、なかなか気合いの入ったピッチングを見せてくれました。
初回はツーアウトの後、多村、松中に連打で2死1,3塁とされますが、ブキャナンを三振に仕留めてピンチを脱します。今日はこの後もブキャナンがぱっとしないで助けられました。
2回は同じようにツーアウトからサト、ベニーと連続ヒットで塁を埋めますが、本日DHでスタメンの堀が三振。似たような事やってしまいましたよ・・・

すると、2回裏、松田にバックスクリーンまで運ばれてしまいます。ソロでよかったです、というかこの辺の1点は織り込み済みでしょ・・・と強がってはみるのですが、どうも大隣を打てないマリーンズ打線です。なかなかのストレートがびしっと決まってくるし、その間を上手く変化球を織り込みながら、思いっきり翻弄されてしまいます。初物に弱い、いつものマリーンズ打線でした。

3回裏、ホークス先頭の川崎がヒットで出塁、多村の大きなバウンドの当りをTSUYOSHIがはじいてしまって1,2塁。多村を歩かせて無死満塁・・・
しかし、今日はブキャナンに助けてもらいました。ブキャナン三振で1死とします。しかし続く田上に四球で押し出しの1点、ですが、この四球、最後の球ストライクでもおかしくない球でした。今日の球審はかなりストライクゾーンが辛かった感じがしましたね・・・
直行、ここはキレずに踏みとどまり、柴原三振、松田をサブローへのライトフライと打取ります。このライトフライ、サブロー良く捕りました。なにげにこんなプレーを見せてくれるサブが大好きですよ、私は。

この後はなかなか試合が動きません。両投手が粘り強く良く投げました。

しかし7回表、先頭のズレータを歩かせ、ベニーにも四球で1死1,2塁とした所で大隣に代えて水田がマウンドに上がります。ここで、マリーンズも堀に代えて福浦を送りますがここは凡退、今江も凡退で結局得点ならず。うーん、今江もまだ完調というわけには行かないですね。今後の事を考えるとじっくり治して欲しいとも思うのですが、必要な戦力でもあるわけで、プロの厳しいところです。ここを乗り越えると一流の選手に成長するのだとも思いますし、頑張って欲しいですね。

8回表、再度マリーンズ打線は攻め込みます。
先頭のTSUYOSHIが歩くと早川がツーベースで無死2,3塁、ここでオーティズ三振・・・otz!でしたが、サブローがきっちりタイムリーを決めて1点返します。
続くズレータはしかし外角ボール球のスイングを取られて三振。ズーリーも「ええー、まわってんの???」というような表情の微妙なスイングでしたが、残念。
しかしこの間サブローが盗塁を決めて2死2,3塁とします。
続くサトの打席ではホークスベンチが動き、ここで馬原がマウンドに上がります。なんだよそれー、ってなもんですよ。
サト、もう余計な事は考えずにストレートに絞って振るしかないぞ、とかなんとか勝手な事を言ってるうちに(しかし、どうもサトは最後フォークを予想していたような気がしますが)インハイのストレートを空振りで三振でした・・・追いつかない程度の反撃ってやつですかねー。

と、8回裏、先頭の柴原にヒットを許し、松田がスリーバントで送りバントを決めた所で直行降板、川崎につなぎます。井出の代打でコールされていた本間でしたが、左の川崎という事でさらに代打の代打荒金がコールされます。今日は本間の誕生日だったそうで、ちょっと可哀想だったかな・・・
それはともかく、川崎は荒金に四球で1死1,2塁、本多を三振に取るもムネリンがセンター前、これは外野浅く守ってたので満塁どまり!と思った刹那、早川がやってしまいました・・・グラブをはじいて後逸。
これは一昨日の・・・いえ、何も言いません。
結局、ムネリンのヒットと早川のエラーでランナー2人が生還、1-4と差が広がってしまいました。

この後は、福浦が技ありでヒットを打つものの焼け石に水。馬原にきっちり締められてしまいましたとさ。
今日のホークスはヒーローインタビュー三人って、豪勢じゃないっすか。
さらに花火2倍ですって。やっぱりロッテを目の敵にしてません???ま、夏休みも終わりということで、気持ちは分からないでもないですけどね→花火大盛り。

ま、負けこそしましたが、今日は直行も気合いの投球を見せてくれましたし、なんとか明日は取って、五分で関東に帰ってきておくれ、ってなもんです。
さ、明日、あした。
by kawasaki-marins | 2007-08-25 16:52 | マリーンズ2007

うーん、物欲魔人がよみがえる

最近、姉娘が昔のMacを使うようになって、一応ネットワーク(というほどのもんじゃないですが^^;;)につなぐようになりました。が、プリンタが使えないんですよ。写真とかプリントアウトしたがってるんで何とかしてあげたいんですけどね。いちいち.Macのファイル共有経由ではやりきれないですしね。(←私が)

亭主がwindows使ってて、自分のことしか考えないで(爆)LAN対応じゃないプリンタなんか買うもんだから、結局AirMacにプリンタつないで無線経由でプリンタを共有している状態。娘のMacには無線なんてないですから(だってPowerMac8100ですってばさ。骨董品もいいとこです。今更無線カードも入手難しいっしょ)、娘の分については蚊帳の外なんですね。

Mac miniを買って、ファイルサーバでも兼用しながら娘に使わせられないかなー、とか、なんかうだうだ考えてます。

iLifeとiWorkも、'08と新しいバージョンが出たそうで、iWorkにはスプレッドシートが入ったらしいですね。私のMacは完全遊び仕様なのでiWorkは導入していませんが、スプレッドシートが入って一万円ならお手頃価格かな・・・とか思ってみたり。
そういえば、今時、ExcelがもともとMacのソフトだったなんて知ってる人がどれだけいるのやら。その昔、職場でMacを導入した時はLOTUS1-2-3が全盛期で、Excelなんて嫌われたのなんの・・・それが、今じゃあどういう事でしょうかね(爆)

iLifeも、写真の共有やムービーの編集がかなり強化されているようです。気になりますねえ。私のiBookを買ったときにバンドルされていたiLife '06にはかなり楽しませてもらってますよ。この際、バージョンアップしても良いかなあ。

AirMacの新しいベースステーションもなんか良さげです。
今使っているExpressよりちょっとサイズは大きくなりますが、外付けHDDをひょいとつなげばそれでHDD共有できるそうで、ちょっとその辺も気になりますね・・・

って、もう今年は余計な出費はできませんってばー。
iPhoneが日本で使えなくて良かったですよー、ホントに。

追記・・・AirMacのベースステーションなら、有線でも無線でもプリンタ共有できそうですねえ。うーん、いいかも・・・
by kawasaki-marins | 2007-08-24 22:48 | 日々雑事

参ったなあ、のハヤカーでした(^^

対 楽天イーグルス 18回戦[M 10勝8敗] E 3 - 4x M (千葉マリン)

今朝は久々に涼しい朝、と思ったら、雨降ってました。でも久しぶりの雨で今日はしのぎやすい一日でしたね・・・ということで、そうか、雨男・俊介のおかげだったのね。
まあ、昼までには空もキレイに晴れてましたので、ナイターには影響なし。

昨日は落としたくない星を落としてしまいましたから、今日は何とか・・・と思ったのですが、やはりイーグルスはエース岩隈ですもの。初回に早川、福浦、サブローの三連打で1死満塁としても点が取れませんでしたよ。いきなりのロッテ野球です。もう、こうなると岩隈を打てる気がしません。2回、3回は三者凡退・・・

我らが俊介はというと、ヒットこそ打たれないものの四死球量産。なんだかやたらとランナーが出ている気がします・・・
迎える4回表、先頭打者の山崎にいきなりスカーンとライトスタンドに運ばれてしまいます。
あちゃー。最近一発喰らうのが多いなあ、俊介。

しかし、後続を断ち、出会い頭の一発ということで1点でこの回を抑えるとその裏、最近ピンチの裏にチャンスありが言葉通りのマリーンズが岩隈をとらえましたよ。
先頭のサブローが内野ゴロながらも一塁への送球が逸れてタッチに来た所を上手く避けて出塁。オーティズが「こりゃ行ったっしょ」の当りは惜しくもセンターフェンス直撃。あとほんの1m・・・でしたね。でもサブローがホームに還るタイムリーツーベースとなります。
サトがバント失敗で1死1塁と後退するも、続く大松が内野安打&敵失で1死2,3塁、ここでズレータが三遊間を抜くタイムリーで逆転しちゃいます。まだちょっと控えめかな(^^;)

まだまだ1死1,3塁で本日スタメンサードの堀。
岩隈が三塁からそれた所に投げた牽制球がボークじゃないかと三塁ランナーの大松と西村コーチがアピールしますがこれはボークにならず。
このアピールの直後、なんと堀がスクイズに来ますがこれは読まれていて外され、三塁ランナーアウトとなってしまいました・・・が、これで終わらないのがベテランの味ってもんです。ヒッティングに切り替えると左中間抜けるタイムリーツーベースとなります。おおおーこれぞ帳尻の粋ってもんですよ。
結局この回、3点を取って逆転しましたよー、岩隈を打っちゃいましたよーおおー!

と、まあ、気持ちは勝ったも同然で、この週末学童の夏合宿に出かける姉娘の荷造りなんか始めたわけです。まあ、中継はチラチラ見ながらでしたが。
俊介、打たれても、打たれても、しぶとく粘って点を与えません。ヒヤヒヤの試合でしたねー。
イーグルスは5回から岩隈から有銘につなぎます。イヤな奴が出てきたなあ、とか思いましたがマリーンズ打線も毎回何となくヒットは打ってます、というか拙攻なんですけど(爆)
そんな状況に苛ついていたのか、イーグルスベンチでは岩隈とカツノリコーチかな、何やら言い合いをしてたりなんかしてましたね。なんかその後も岩隈の表情がヤバげでした。

私としては内輪もめしてるようなチームには負けたくないね、とか思ってましたさ。

7回表には、代打で出てきた関川にボールが当たるも、避けてないという判断でデッドボール一個もうけた俊介。まあ、確かに避けてませんでしたよ。あたって痛かった分、関川がちょっと気の毒でしたけどね。そんな感じで、ヒヤヒヤさせながらも俊介なんとかしのいでくれます。

9回表、結局1-3でマリーンズ2点リードのまま俊介続投。まあ最近のコバマサを考えると俊介の方がいい。この選択は間違ってなかったと思いますよ。
先頭の山崎を打取り、続くリックにヒットを許しますが、鉄平を三振に取って2死。
後ひとつだ、と、私も確かに気を抜いてました。スミマセン。
そしたらまあ、憲史にスポーンとライトスタンドまで持って行かれちゃいました・・・あちゃー同点ですってば。なして・・・(泣)

9回裏は、8回に投げてしっかりマリーンズクリーンナップを抑えていた戸部(そういえば一昨日も投げてたとべっちですよ)から暫定守護神の小山につなぎます。
最近の小山ってば、「暫定」を外しても良いような雰囲気が出てきたなあ。なんて思いながら、ってことはここで小山は早いんでないかい、と思ってみてました。
9回裏は小山三者凡退で打取られてしまいます。2死からズレータの打席はちょっと期待してたんですけど、幕張ファイヤーならずでした・・・

10回はさすがに薮田が登場。薮田はきっちり三者凡退に打取ります。ようやく調子を上げてきてくれているようですね。これから心強いぞ。
そして10回裏。
途中出場の今江が先頭打者、なんだか低めの球を空振りしたりして不安だったんですが追い込まれてから少し高めに浮いた球かな、センター前にはじき返します。無死1塁、サヨナラのランナーが出ましたよ。
続くTSUYOSHIはバントの構えで小山を揺さぶるとあっさりストレートの四球で無死1,2塁。
ここで早川の打席。
ここの所バント失敗が目立つハヤカーですが、ここは送って欲しい、というかバント失敗で三塁封殺でもいいぞ、今江が蓋してるより、2塁ランナーがTSUYOSHIで福浦にまわった方がサヨナラのチャンスが大きいぞ、なんてちょっと意味不明な事を考えていたりしたら、案の定、初球のバントは失敗でファール。バスターは空振りで追い込まれるハヤカー、引っ掛けた当りはセカンドゴロ、4-6-3でゲッツーか、部長の脚なら・・・と思った刹那、なんと一塁への悪送球、球が逸れる間に今江がホームインでサヨナラになっちゃいました。

ヒーローインタビューは早川でしたが、ちょっと苦笑いのインタビューでしたね。
ま、次のときはスカッと決めてもらいましょう。

そうそう、ここにコメントを寄せてくださるえむさん、最後のハヤカーの打席のときにお手製の「早川ボード」掲げてる姿がテレビに写ってましたよー
あのボードが勝利を呼び込んでくれたのに違いありません、うん、そうだそうだ。

ということで、土日はぜひ福岡まで・・・ってわけには行きませんか(爆)
敵地に乗り込んでホークスと2連戦、ここで叩いておきたいのですが、ホークスもライオンズに三タテと勢いついてますね。しかし小久保がケガで戦列離脱だそうで・・・どうなの、その辺は。
by kawasaki-marins | 2007-08-23 22:37 | マリーンズ2007

甲子園には魔物が棲むらしい

対 楽天イーグルス 17回戦[M 9勝8敗] E 6 - 4 M (千葉マリン)

試合開始前に入ったメールで
「おっしゃー」
気合いが入りましたよ。なにしろ、ズレータ復帰ですからねー。
思ったより早く帰ってきましたが、本当に大丈夫でしょうか。今更、無理してないですよね・・・

とはいえ、やはりズレータの復帰は素直に嬉しいです。ズレータがウチのメンバーだったのは夢じゃなかったんですね(涙)
なに、このスターティングオーダー。

SS TSUYOSHI
CF 早川
1B 福浦
RF サブロー
2B オーティズ
C 里崎
LF ベニー
DH ズレータ
3B 今江

みんなが本調子だったら恐ろしいっすよ。
とはいえ、ベニー、今江あたりが調子悪いですし、サトもなんか振り回しモードですから、下位が微妙ってば微妙なんですが・・・

ということで注目のソニックの立ち上がりですが、なんですとー、またまた草野にソロですって。昨日も打ってますよね、この人。ホームランバッターという印象はありませんが、忘れた頃に一発のタイプでしょうか。
とはいえ、1点くらいどこかで返せるでしょう・・・とかタカをくくっていたら、あちゃー、今日の一場ってば調子良さげです。まずくないかい、これ。

で、4回にはフェルナンデスのタイムリーでイーグルスに追加点をあげられ2-0。
しかし5回裏にはズレータのタイムリーで1点を返すと、さらに2死満塁から一場のボークで1点が入り同点とします・・・・が、ここで追加点がとれないんですねえ、まったくもう。

今日はさらに強風のため花火が中止、ここはかわりに幕張ファイヤーを期待してたんですけどね(爆)、この時点で、かなりネガティブモードでした。
だって、今日の一場のコントロールってなにあれ、ってなもんでしたよ。

それでも同点に追いついて、さあこれから、というときに、ソニックの突発性炎上が発症。
6回表、イーグルスにあれよあれよと満塁にされて、鉄平に2点タイムリー。
ここでベンチが動きますが、ここに中郷を持ってきました。うわー、確かにデビューもひどい状況でしたけど・・・ここはコミさんではないかと・・・まだ、肩ができてないのかな・・・
中郷、ここは燃え上がった炎を消すことができず、フェルナンデス、牧田と連続タイムリーを浴び、この回4点を失い、さらに再び1死満塁とピンチが続きます。
さらにここで川崎投入すると、川崎1球で渡辺直人を併殺に打取り、見事な火消しを見せてくれます。

その裏、先頭の福浦が四球で出塁するとサブローのヒットで1,2塁、オーティズがタイムリーで1点返しここから!というところで、ノムさん早めの継投。これはノムさん上手かったですね。
反撃の勢いが削がれてしまった感じです。
サトが犠牲フライで1点追加、ベニーも四球を選んでまだ行けるか、と思いましたが、ここでズレータが併殺に倒れます。
ここで、ただいまの幕張ファイヤーが見たかったんだけどなあ、今日の甲子園の決勝みたいな訳にはいかないか・・・

と、この辺から、甲子園の決勝の再放送と切り替えながら見てたんで、以下やっぱダメかあ、ということでひとくくり(爆)

今日は取りたかったんですけどね。明日は岩隈が出てくるし。

それよりも、甲子園の決勝。
広島の広陵高校と佐賀の佐賀北高校の対決となりましたが、8回まで広陵の野村投手の好投の前に1安打に抑えられています。この、野村くんってよくよく見るとなかなかカワイイですし(←そこっすか)、制球も良くて、かなりのピッチャーですね。
しかし、8回裏、1死から連打で塁を埋められると異様な盛り上がりを見せる甲子園の雰囲気にのまれたのか、四球で満塁、さらに押し出しで1点を献上してしまいます。

結果を知ってて言うと、この押し出しが悔やまれますね・・・

なんと、この後佐賀北の三塁手、副島くんがレフトスタンドに突き刺さるような逆転満塁弾!!!
マンガのような展開ですってば・・・

どちらも、しっかり鍛えられた良いチームでしたね。特に佐賀北の守備はよく鍛えられていました。やはり、野球は守備ですってば。ウチの内野でくすぶってる人たちに見てもらいたいですねー。

とか言いながら、明日こそ久々の幕張ファイヤー頼む、とか思っている私なのでした(爆)
ところで、ズレータってばまた髪伸ばしてるんですね。でも、ヒゲがないとやっぱりただのデッカイ好青年なんですけど・・・(^^;
by kawasaki-marins | 2007-08-22 23:23 | マリーンズ2007

我が家もマリスタ気分

対 楽天イーグルス 16回戦[M 9勝7敗] E 3 - 8 M (千葉マリン)

今日のマリンは、風が強かったですね。我が家も、帰宅してとりあえず空気を入れ替えようと窓を開けると、風が強いのなんの。テレビ観戦でしたが、気分はマリスタでした(笑)

さて、今日のマリーンズ先発は晋吾、前回のマリンの涙のお立ち台以来?とか思ってしまいましたが、私が見ていなかった試合があったんですね、そういえば。
まあ、前回は負けがついてしまいましたが、最悪の状況は脱していると思いますので、期待してみましょう・・・

とか思って例によって序盤は携帯パラパラ観戦でしたが、あれれ、先頭打者を歩かせ、サトの悪送球がらみではありますがあっさり先取点を許してしまいます。ちっ、ノムさん仕掛けてきますね。
しかし、こちらも負けてはいません。イーグルス先発の朝井から、TSUYOSHIが先頭打者ホームランかとも思わせるあたりでツーベース。フェンス直撃でしたが、風に負けてたかな・・・
続く早川のショートライナーかと言うあたりが三遊間抜けるヒットになり、TSUYOSHIいったん二塁に戻りつつも三塁に進塁。続く福浦の内野ゴロの間にTSUYOSHIが生還して1点を返します。サブローが四球を選ぶも後続が続かず、ここは1点どまり。

ここでちょっとイヤな感じはしましたよ。ここは同点に追いつかなきゃでしょ、と思っていると、序盤から中盤にかけては毎回両チームともヒットでランナーを出すものの両投手粘って得点になりません。
あーもう・・・

と、ようやく晩ご飯の支度も済み、落ち着いた5回表。
先頭の今江が行ったか?というフェンス直撃のツーベースで口火を切ります。しかし続くTSUYOSHIが送りバントというかセーフティを狙ったのかな、ともかくバントが失敗で今江は三塁でアウト、1死1塁と後退してしまいます。朝井ってフィールディングいいですね、今日は2回バントを三塁でアウトにされちゃいましたよ。その他にも良いプレーがでてました。まさしく9人目の野手って感じです。
しかし左打席の早川の足に死球で1死1,2塁とすると、2塁への牽制球が逸れて2,3塁と相手のミスでチャンスを広げます。
福浦が打ち上げた当りは風で押し戻されますがTSUYOSHIがタッチアップで果敢にホームを突き同点とします。
この後勝ち越したい所でしたが、ここはサブローが三振・・・まあ、自分のミスを帳消しにして相手のミスに乗じて同点に追いついたという事で流れはこっちに来てる気がしないでもないです。

同点にしてもらって、逆に心配な晋吾なんですが、鉄平にヒットを打たれると山崎に死球を当てて1死1,2塁。
しかし、なんて言うか、晋吾がデッドボールを出すというのは決して悪くない兆候ではないかと、不思議とこの回心配はしてませんでした。リックの当りをオーティズが見事にさばいて併殺。いやー、オーティズじゃないみたいです。実は双子で守備のうまいお兄さんとかじゃないですか(爆)

するとその裏、先頭のオーティズが気分良くツーベース。大松がバント失敗で打ち上げた球を朝井がいったんはグラブにおさめたように見えたのですが転倒して落球、フェアとなり内野安打となります。こりゃラッキー。
しかしサトのバントはまたまた朝井のフィールディングに阻まれ1死1,2塁。ベニーも行ったか?というスイングでいい当りを飛ばすのですが風に押し戻されて2死としてしまいます。
しかーし。
今江の打ち上げちゃった・・・と言うあたりは逆に風に押し戻されてセンターとライトの前に落ちます。もちろんランナー走ってますからね、勝ち越しで2-3としましたよ。うふふ、マリンの風は味方ですねー。
しかしこの後、TSUYOSHIがセーフティスクイズ(爆)を試みますがファール、結局ここは凡退で勝ち越しは1点どまり。しかし、流れは来てる気がしますね。

とか思ったら、7回表。フェルナンデスを打ち取って気が抜けたのか、草野にソロホームランで同点とされてしまいましたよ・・・あー、晋吾の悪いクセですねえ。
まあ、何とかこの回は同点で切り抜け、7回裏の攻撃につなぎます。

7回裏、イーグルスは朝井に代えて渡辺をマウンドに送ります。
すると、先頭の早川がこんどは右打席で再び死球。ウチの部長になにするねん!とか言ってみたりしているうちに福浦が三振、サブローの打席でハヤカー盗塁を決めて1死2塁。
するとまあ、サブロー、オーティズと連続ツーベースでこの回2点を追加します。
今日はハヤカーが大活躍してくれました。2安打2死球2盗塁。このところちょっと調子を落としているようでしたので、ここからまた復活してくれるかな。

8回は薮田を投入。
先頭打者のライトライナーは良い当りでしたがサブの真っ正面、結局三者凡退に打取りました。今日の薮田はなんか表情が明るくていい感じでしたね。

そして8回裏、ここで追加点が欲しいなあ。できれば2点以上(爆)とか思っていたら、今江のお尻への死球をきっかけにTSUYOSHI、早川、福浦と3連続タイムリーでほんとに3点追加してしまいましたよ。
おかげさまで、9回は荻野がきっちり2三振を含む三者凡退で締めて、カード初戦を取りました。ヨカッタヨカッタ。このところ初戦を落とすパターンが続いてて、見る方としては結構苦しかったりしましたから、なんかホッとしましたね。

とはいえ、初戦を取ったくらいで安心してはいけませんね。
明日はソニックが先発、復帰してからは調子良さそうですから、ここも踏んばって欲しい所ですねえ。期待して良いのかな(^^;
by kawasaki-marins | 2007-08-21 22:18 | マリーンズ2007

踏みとどまりましたぜ

 対 日本ハムファイターズ 18回戦[M 9勝7敗2分] M 2 - 0 F (札幌D)

今日も成瀬がけなげに完投、完封勝ち。
もう、この人が投げる姿は、ひたすらけなげです。味方が点を取れないなら、相手に取らせない、この一心なのがひしひしと伝わってきます。これほど感情移入して見られるピッチャーも最近では珍しくなった気がしますね。ほんと、いい子です。

試合は初回、先頭のTSUYOSHIが四球で出塁、即盗塁で2塁に進むとキャッチャーからの投球が逸れて3塁へ。無死3塁から早川がライトに犠牲フライで1点先取します。続く福浦もキレイにヒットを飛ばすも後続が続かずこの回1点のみ。

しかし、成瀬には1点あれば十分でした。

その裏、成瀬はひちょり、田中賢介と連続三振、稲葉もライトフライに打取ります。
そこからは両チーム所々ヒットなどでランナーを出すものの、なかなか相手投手を攻めきれません。ファイターズのグリンも外角のスライダーを効果的に決め球につかい、マリーンズ打線もほいほい振らされてしまいます・・・
成瀬も決して良い状態には見えなかったのですが、きっちり決める所は決めて後半ぐいぐい調子を上げてきます。

7回はオーティズのヒット、ベニーの四球で二死1,2塁とした所でグリン降板、江尻がマウンドに登ります。昨日打てなかったからなあ・・・なんて思ってましたが今江がヒットで2死満塁とします。しかしここはTSUYOSHIがファールフライで得点ならず。
でも、ここでグリンを引きずりおろしたのはグッジョブでしょー。と思っていたら案の定。
8回の先頭打者の早川がライト線抜けるスリーベースをかっ飛ばしてくれます。
この人、ホント速いですね。こういうちょっと難しい長打コースだとかなりの確立で三塁まで行っちゃいますし、またそういうの打つのが上手いです。
で、ファイターズは江尻から歌藤に継投しますが、続く福浦が貫禄の三遊間抜けるヒットで追加点。2-0とします。

この2点目はファイターズにとってダメージ大きかったんじゃないでしょうかね?
結局、9回も成瀬が続投、完投、完封で11勝目をあげ、チームも対ファイターズの三連戦を2勝1敗と勝ち越してマリンに帰ることができました。

ここで、首位のファイターズとの差を詰められたのは大きいですね。おかげさまでまだまだペナントレースを楽しむ事が出来そうです。
しかし、ここから先は本当に混戦状態となりそうなので、取りこぼしは許されませんね。厳しい戦いになりそうですね・・・ま、どこまで喰らいついて行けるか、頑張ってもらいましょう。

あ、そうそう、今日はサブローが四タコでしたが、相変わらず守備は素晴らしかったですね。
さいきんちょっと元気のない怪しげなオーティズをなにげにフォローしてくれて有り難かったのなんの。この人の守備はやはり一級品です。

さらに追記・・・アニマックスでやってる「おおきく振りかぶって」を見た後、仙台の楽天-ソフバン戦をみてますが、楽天強いですね。ソフトバンクを叩いてくれるのはありがたいですが、またまた明後日からあたるんですよねえ。8回に有銘を使ってますが、明後日の先発どうするのかな?
by kawasaki-marins | 2007-08-19 16:49 | マリーンズ2007

花火大会てんこ盛り

今日はそういえば二子玉川の花火だなあ、と思っていましたが、三鷹方面(どうやら味の素スタジアムのようです)と、何とか墓苑の、もうふたつ花火があがっていて、我が家のベランダから三方向に花火が楽しめました。なんと贅沢な!
ちょびっと、デジカメ動画ですが撮ってみましたのでどうぞお楽しみください。

妹娘がはしゃいでいるのはご愛嬌(^^;



     二子玉川花火





     三鷹方面?の花火



     墓苑の花火

二子だと、直線距離で7〜8kmくらいありそうですが、三鷹?の方が近かったですね。

しかーし。我が家ではまだまだ花火が楽しめるのです。
今年は9月末にある調布の花火大会がメインイベント。なんせベランダから数百メートルですから(爆)
でも、今年は尺玉が無くなるというウワサ・・・ホントだったら残念です。
by kawasaki-marins | 2007-08-18 21:18 | 日々雑事

久々に逆転勝ち

 対 日本ハムファイターズ 17回戦[M 8勝7敗2分] M 7 - 5 F (札幌D)

今日は夏休みシーズンには珍しいデーゲーム。札幌ドームってことで内地よりは涼しいのかと思いましたが、ファイターズの先発の吉川は試合開始から汗がしたたり落ちていました。
吉川の立ち上がりは制球がイマイチ。こりゃ、自滅も期待していいかな・・・と思っていると2回表に先頭のサトが四球を選び、本日はセカンドでスタメンの堀がなんとまあタイムリースリーベース。ベテラン良く走ってくれました。さらに続く今江があっと驚くスクイズを決めて2点を先取します。

初回は非常にいい感じだったコバヒロでしたので、2点もらえればなんとかなるでしょう、と思ったのですが・・・

4回裏に先頭の稲葉にソロを浴びるとそこから崩れてしまいます・・・
セギノールのツーベース、高橋信二のヒットで無死1,3塁、小谷野は三振に仕留めるも続く坪井のタイムリーで同点に追いつかれ、さらに陽、金子に連打を浴びて2-4と逆転されてしまいます・・・
なおも1死1,3塁でひちょりがスクイズを試みますが、小飛球にサトが飛びついてアウト、サト良く捕ってくれました・・・さらに田中賢介を打ち取って何とかこの回の攻撃を終わらせます。

なんかこの回のコバヒロは球が高めに浮く感じがして、ヤバいヤバいと思っているうちにあっさり逆転されてしまいました。あー、ついにコバヒロでもダメなのか・・・中盤から吉川が何となく調子を上げてくるし、さらに球が荒れててひとつも打てないし。

こりゃもう、今シーズンは三位狙いで行くしかないのかな、ま、まだチャンスがあるだけ去年よりはマシなんだよな、去年は8月19日でもうあきらめてたし、その翌日マリンに行ってもなんか気合いが入らなかったしな・・・そういえばその時もファイターズ戦だったよな・・・これもなんかの巡り合わせかなあ・・・なんてもうネガティブスパイラルでしたね。

さらに5回裏には稲葉をヒットで出すとセギノールのタイムリーで引き離されます。
まあ、この回は何とかこの1点でしのぎますがこれで2-5。最近の粘れないロッテ打線ではもういかん、という感じの点差でした。中盤はあっさり吉川にかわされて、3点差が遠く感じることまあ・・・
それでも、コバヒロも何とか立ち直り、6回裏は三者三振に打取ります。
7回裏は左打者が続く所で川崎に継投、確かに今日のコバヒロは左打者に投げずらそうにしてましたから、妥当なところでしょう。ここは川崎がきっちり抑えてくれました。

序盤の吉川の汗は何かを暗示していたのでしょうか。体力を消耗していたのか、8回表、先頭の大塚が四球を選び、続くTSUYOSHIに0-2とカウントを悪くした所でヒルマン監督が動きました。この中途半端な状況で武田久を投入してきます。
こういう状況で投げなきゃいけないってどうなんだろうねえ、と思いつつ見ていると、結局武田久もTSUYOSHIに四球で無死1,2塁。こりゃチャンスですよ。
すると、本日今だノーヒットの早川がきっちり三遊間を抜くヒットで無死満塁。なんか今日の武田久は打てそうな気がしますよ。
ここはオーティズに福浦代打でも良いんじゃ・・とか思ってましたが、オーティズはそのまま送ります。しかしオーティズ詰まったあたりはセカンドフライ。せめて転がしてくれれば・・・いや、下手な併殺より良かったのか?微妙な気持ちを残しながら本日4番のベニー。ここ一番の集中力はやっぱりベニーですね。あっさり初球をセンター前に転がして2点タイムリーで1点差に詰め寄ります。
おおおー、俄然いい感じではないですか!!!

ファイターズベンチ、ここで武田久をあきらめてマイケルを送ります。ちょっと早いっしょ。これはもらった!と何の根拠もなく思った私。
するとまあ5番のサトがきっちり合わせてタイムリーで同点に追いつき、なおも1死1,2塁。なんか、マイケルの初球をファールにした時点で何となく打てそうな気がしたんですよ。こりゃもう、ファイターズの抑え陣を打ち崩せるような気がしてきました、というか打ち崩してますってば!!

そして、切り札は一番美味しい所に取っとくもんです。
ここで、竹原に代えて福浦を打席に送るマリーンズベンチ。札幌ドームのライトスタンドもずっとチャンステーマが続いています。(札幌のチャンステーマって少しテンポ遅い気もする^^;)
一番頼りになる男、福浦はここできっちり仕事をしてくれます。
途中、マイケルの暴投で1死2,3塁となると、キレイに左中間を抜くタイムリーツーベースで2点を追加、7-5と逆転します。

うわあー、こんなビッグイニングで逆転なんて久しぶりに見た気がする・・・うるうる。しかもこれって、このまま逃げ切れれば川崎くんに初勝利じゃないですか・・・うるうる・・・

しかし、このまま安心させてはくれないのが今のロッテ。
一瞬涙腺が緩みかけましたが、続く代打大松、今江が打取られた所ではっと我に返りました。

このままだと、次の回は薮田(荻野ってのもあるかも・・淡い期待・・・)、そしてそこで追加点がなければ9回にはあのお方が・・・
大丈夫なのか、ほんとうに大丈夫なのか???

しかし、今日は薮田、コバマサと8,9回、それぞれきっちり三者凡退で締めて見事逆転勝ちをおさめてくれました。よかったよかった、これで首の皮一枚繋がりました・・・去年より長くペナントレースを楽しめそうです。

ところで、薮田、コバマサにはこのままなんて事ない顔してするっと復活してほしいんですけど・・・どうですか???ついでに藤田にも。さらに若手もしっかり経験を積んでもらって、ってかなりわがままな事を言っている私でした(爆)

川崎くんにも初勝利がついて、良かったねー。しかもお立ち台だし。なんかこの人お茶目な感じが良いですね(^^
これからも期待してるから頑張って欲しいです。
by kawasaki-marins | 2007-08-18 17:30 | マリーンズ2007

なにゆえ、ロッテ戦?

 対 日本ハムファイターズ 16回戦[M 7勝7敗2分] M 0 - 5 F (札幌D)

今日は、なにやらいつもと違う雰囲気の札幌ドーム。
ファイターズのユニフォームが変なんですけど。北海道の海と空なんだそうで・・・

っていうか、なんで他所のチームってロッテ相手に限定ユニをぶつけてくるんでしょうかね?オールスターあけのホークスも、なんかパジャマみたいなユニだったし、楽天の「胸毛ユニ」なんてのも覚えがありますねえ。
で、しかもなんか勝率悪いような気がするんですよね、限定ユニ相手だと。

ということで、今日はファイターズがスウィーニーが先発、マリーンズが直行の先発でしたが、スウィーニーのチェンジアップが打てません。あー、こりゃダメだって感じです。
直行が調子あまり良くなさそうながらもピンチを踏んばってくれるのですが、5回、オーティズのエラーにはならないミスから満塁のピンチを招き、稲葉に走者一掃のツーベース、さらにセギノールにタイムリーとこの回4点を失い、降板です。
今日は直行が結構頑張ってたと思うんですが、オーティズのミスで気負いすぎてしまった感じ・・・でもなんかいつもより自信なさげな雰囲気がありました。うーん、使い続けてくれている間に気持ちを持ち直して欲しいんですけどねえ。

さらに8回もオーティズのミス。
再来日して、オーティズってば守備頑張ってるじゃん、とか思っていたんですが・・・ボロが出てきたってやつでしょうかねえ。なんか今日のオーティズは打撃の方も今ひとつでしたね。

ということで、この三連戦を負け越すようだとちょっと後がない感じですので、なんとか残り2戦を・・・という想いなんですが、なにやら怪しくなってきました。
っていうか、今日サブローが出てなかったって、また脚を痛めてたりするんでしょうか。ちょっと心配です。っていうか、今日の負けは、昨日のサブローのヒーローインタビューのせいじゃないかと思ってみたりして(爆)

まあ、今日は3試合目の登板となる中郷くんが頑張ってくれた事で希望をつなごうかと思っています。
なんか、久々にテレビ観戦できたのに、こういう試合だとテンション下がりますねえ。ま、明日はデーゲームってことで、気持ちを切り替えて行きましょーってなもんで。
by kawasaki-marins | 2007-08-17 21:37 | マリーンズ2007

九州に避暑?

久々に我が家にかえってきましたー。ひー、嫁は疲れるぞ(^^;

 対 楽天イーグルス 15回戦[M 8勝7敗] M 5 - 6x E (仙台)
 対 西武ライオンズ 15回戦[M 6勝8敗1分] L 4 - 3 M (千葉マリン)
 対 西武ライオンズ 16回戦[M 7勝8敗1分] L 1 - 5 M (千葉マリン)
 対 西武ライオンズ 17回戦[M 8勝8敗1分] L 4 - 5 M (千葉マリン)

いやー、九州に帰省していた間は、連日のように関東40℃超えというニュースを聞いて、こりゃ九州の方が涼しいね、と(それでももちろん30℃超えではありますが)みんなで言ってました。すみません。帰ってきて、羽田から自宅の最寄り駅まではまあ冷房の効いた車内が主だったわけですが、駅で電車を降りたとたんにまあ暑いこと・・・

これでもピークは過ぎたようで、こりゃ、九州に避暑に行ってたようなもんですね(^^;
まあ、向こうではやはりホークスファンが多いとか、桐光学園(神奈川)対日南学園(宮崎)なんていうオールアウェーな状態で、日南が勝って口惜しいやらホッとするやらとか、まあ、いろいろありましたが、娘たちも久しぶりのイトコたちとの再会を楽しみ、ジジババも孫たちの成長に振り回されつつも目を細め、とまあ、それなりに楽しんでまいりましたよ。

ところで、亭主の実家は宮崎は都城。亭主の父は今では引退して悠々自適な生活を送っておりますが、かつでは自動車教習所の指導員をしていたのですね。あの辺ではひとつしかないような教習所なわけで、そうなると何が起こるかというと。

野球の話なぞしていると、思いがけず義父から「福盛っていたよね」なんて名前が出てくるんですよ。
え、と思って良く聞くと、ええ、楽天の福盛、彼が義父のいた教習所に免許を取りにきていたそうで、義父も何度か指導していたそうです。プロから誘いが来ているという話を聞いて、「契約金の一番良い所に行け」と言ってやったよ、なんて言っている義父でしたが、そんなわけで、義父にとっては福盛というのは今だに横浜の選手だったりするのでした(爆)「手がでかかったあ、特に指が長くてねー」とのことです(^^
それと、日ハムのコユキさんも覚えているそうです。
とはいえ、検定かなんかの時に同乗していた、同じ高校のチームで甲子園でエラーしてしまった子の方が印象に残っていたようで、コユキさんについては「2000本だっけ?あんな強打者になるとはねー」でした。おーい。

ウチの井上ピッチングコーチも確か彼らの先輩なんだよねー、と知ってはいたのですが、年齢を考えるとなんかディープな地元話になりそうで聞けませんでした(爆
来年の楽しみ(?)に取っておきましょう。

さてさて、我らがロッテは、この見られなかった4試合を2勝2敗で切り抜けてくれて、今週末は札幌でハムと三連戦・・・ここでほぼ勝負が決まりそうですね・・・
甲子園の高校生を見習って試合をして欲しいもんです。
by kawasaki-marins | 2007-08-17 14:14 | 日々雑事
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル