人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2007年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧

川崎地元ですから

オンワードスカイラークス 対 富士通フロンティアーズ 21 - 31 (横浜スタジアム・12/1)

この間の土曜はテレビで大阪の「オービック対松下電工」の試合を見ていたわけですが、実は地元の横浜スタジアムでもXリーグファイナル6の準決勝が行われていたのでした。
昨晩、テレビで録画中継やってましたんで、もちろん見ましたとも。

スカイラークスは、どうやらけが人が多いようです。先日のチャレンジャーズ戦でもWRの#19山本がケガで退場、膝のじん帯を痛めたようで、手術をするそうです・・・うう、痛そう・・・
この試合にも、RB#20杉原とか、ぜんぜん姿が見えませんが、こちらもケガでしょうか?#31杉澤も時々しか姿が見えません。気になりますね・・・

1Q、試合開始早々、フロンティアーズが#20森本のランでタッチダウンを決めます。
えへへ、実は先日川崎球場に行ったときにワケも分からずフロンティアーズの選手のサインをもらった中に、この森本選手のサインもあったりして(^^;
さらに10分頃にフィールドゴールを決めて1Qは0-10とフロンティアーズがリード。
フロンティアーズのQBは、#18出原と#19吉田の2枚看板ですが、これがもう、ON-SKYの#13冨沢と#10小島のようなランとパスのコンビネーションを見せてくれるのですよ。特に#19吉田のQBランが凄いのなんの。
さらにフロンティアーズ#28進士のラン。この選手、普通にいても小柄な選手ですが、ON-SKYのディフェンス陣をいつの間にかすり抜けてするする〜っと走り抜けてきます。ほんと、すり抜ける、って感じですね。

それに対して最強オフェンスの呼び声も高かったON-SKYのオフェンスが精彩を欠いていました。オフェンスの鍵になる選手がケガで抜けているのが大きかったのでしょうか。とにかく、ランが決まりません。中央突破を狙うとオフェンスラインに潰され、ラインバッカ−に体当たりを喰らって止められてしまいます。かといって、パスを狙うと、後ろに下がるQB冨沢が狙われます。とにかく、フロンティアーズのディフェンスの動きがめちゃ速いんですよ。気がつくと、いつも冨沢が追いかけ回されています・・・トホホ。
さすがの冨沢もこれだけマークが厳しいと、パスを通すのもようやっと。ショートパスで少しずつゲインを稼ぐのがやっと、結局1Qは0-10でフロンティアーズペースの展開です。

2Q、ON-SKYも反撃の狼煙を上げます。
冨沢が付けねらわれながらも、自らスクランブルでゲインを稼ぐかと思えば、#7井本へのロングパスも通り、相手ゴール前まで進みます。しかし、今年のON-SKY、せっかくのいいリズムを反則で潰すことが多すぎやしませんかね。せっかく攻め込んでも反則で後退することが多くて・・まるでロッテの拙攻を見るようです。
結局、タッチダウンは奪えず、フィールドゴールを狙うも40ヤードを超える距離は失敗で得点なりません。
今度はフロンティアーズ#18出原のパスが冴えます。ロングパスも決まりだし、最後は出原から#15ブレナンへのパスでタッチダウン。聞いてくださいよ、この#15ブレナンのサインももらってるんですよ。我が娘ながら凄いぞ!
と、結局前半は0-17でフロンティアーズのリードで折り返します。
ハーフタイム、ロッカーに引き上げる冨沢の姿をみると、ジャージが破けてますよ・・・それだけ厳しいディフェンスのマークだったんですね。

3Q、ON-SKYも意地を見せます。
冨沢のパスはやっぱり凄いですね、相手ディフェンスに付けねらわれながらも見事なパスを通し、相手陣に攻め込みます・・・が、ここもタッチダウンにいたらず4thダウンとなります。フィールドゴールを狙いますが、いったんは失敗。しかし相手の反則があって、残り距離を半分にしてのファーストダウン獲得、ギリギリで相手ディフェンスに粘られながらもなんとかタッチダウンを奪い、7-17と追い上げます。
しかし、相手陣1ヤードまで攻めて飛び込めないってのはどうかと・・・この試合のON-SKYはらしくない感じです。
しかしフロンティアーズの勢いは止まりません。
QB出原のパスも冴えてあっという間にタッチダウン、再び7-24と点差が開きます。
ON-SKYはふたたびフィールドゴールを狙うも、やはり40ヤードを超える距離は失敗。なかなか攻めきれないツケがこんな所にも出てくるのですね。

最終4Q、ふたたびフロンティアーズが攻めます。#19吉田のQB自らのランが決まるのなんの。ON-SKYディフェンス陣、ディフェンスバックにはそれなりのタレントが揃っているのですが、ディフェンスライン、ラインバッカーがあんなにあっさり抜かれちゃうとさすがにフォローしきれないと言う所でしょうか。フロンティアーズがタッチダウンを決めて7-31と試合はほぼ決定づけられます。
しかし、最後の意地を見せるON-SKY、残り時間4分ほどからの攻撃ですが冨沢のパスがびしばしと決まり、ぐいぐい陣を進めます。最初っからやれよ・・・という気もしますが、フロンティアーズが少し疲れて来たというのがホントでしょうか。あっさりと#7井本へのパスでタッチダウンを決めて13-31。ここはトライフォーポイント失敗してます。トホホ。
続くキックオフでは、オンサイドキックで攻撃権のキープを狙いますがこれは失敗、しかしフロンティアーズの武士の情けか(っていうか、時間を使いたかっただけですか)、4thダウンギャンブル失敗でホントに最後の攻撃チャンスが巡ってきます。
タイムアウトで時計を止め、タイムアウトが無くなると選手が痛がって時計をとめ(なのか??)、必死の攻撃シリーズ。ここも最後タッチダウンパスが決まると、ホントのラストチャンス、トライフォーポイントでは2点コンバージョンが成功し21-31まで追い上げますが、ここで時間が無くなります。

結局、昨年度王者のON-SKYはここで消えることとなりました。
この試合は、けが人が多かったこともあったとは思うのですが、どうもON-SKYらしくない試合運びでした。
しかし、それ以上にフロンティアーズがいいチームに仕上がっていますね。特にディフェンスの素晴らしいこと。ものすごいスピードでタックルが飛んでくるんですよ。このスピード感のあるディフェンスは怖いですよ。いやホントに。

ということで、Xボウルへの出場チームが決まりましたよ。
電気屋さんの実業団チームの対決と言うことで、東>西の私としてはフロンティアーズ応援スタンスかな。
とはいえ、この中継でもフロンティアーズのチアの「もっと大きな声で!」ってのがどうも気になって仕方ないんですが(^^;;

あ、そうそう、CMはもちろん富士通とオンワードでしたよ(笑)

e0095468_22414193.jpg

     「ワケも分からずもらったサインは大当たり!」
by kawasaki-marins | 2007-12-05 22:42 | アメフト初心者

情報に飢えている人々

12月に入ってから、こんなキーワードでたどり着いてくれた方々がいらっしゃるようです。

NFL 開幕
  9月に開幕してますよ〜
フロンティアーズ
  Xボウル進出しましたね、強いチームですよ。
オービック シーガルズ
  ファイナル6の試合は凄まじかったですね。
松下電工インパルス
  やっぱ強いや(爆)
クラッシュボウル
  盛り上がりましたよ!よろしかったら写真でも。
シーガルズ
  今年はギリギリの試合をよく頑張りましたよね。
NFL 連敗記録
  やっぱ、気になります(笑)2シーズンにまたがって26連敗だそうですよ(驚)
youtube有馬 隼人
  有馬選手、カッコいいですよね〜、
  ブログへのリンクはありますが、動画までは・・・すみません
オンワードスカイラークス
  ファイナル6の準決勝は案外の試合でしたね。でもけが人が多かったようですね。
カビー
  カワイイですよね〜!!


エキサイトでは、その月のベストテンしかでないので、これ以外にもあるのかもしれませんが、ともかく、ベストテンのうち9個までがアメフト関連。
いやー、すっかりアメフトブログとなっているこのブログでした(^^;;

唯一、野球関係のキーワードが「カビー」ですって。ロッテファンブログなんですが(^^;;・・・来られた方、ごめんなさい、私もカビーに会いたくて仕方ないんですが、鎌ヶ谷って案外と遠いんですよ。
とか言いつつ、今年はB☆Bに会えましたので、来年こそはカビーに会いたいですね。
by kawasaki-marins | 2007-12-05 21:15 | 日々雑事

クラッシュボウル at 味スタ

日曜日の味の素スタジアムでのクラッシュボウルの写真をまとめました。

盛り上がりましたよ〜。観客も1万2千人ほど入ったそうです。
よろしかったらご覧ください。
by kawasaki-marins | 2007-12-04 23:07 | アメフト初心者

月曜のルーティンと化してきました・・・

NFL第13週。マイアミ・ドルフィンズはニューヨーク・ジェッツに完敗
見事に開幕から12連敗継続中ですよ・・・

同じリーグのニューイングランド・ペイトリオッツが同じく開幕からの12連勝継続中というのがなんとも切ないです。

ちなみに、残り4試合の予定は
14w 対 バッファロー・ビルズ
15w 対 ボルティモア・レイブンズ
16w 対 ニューイングランド・ペイトリオッツ
17w 対 シンシナティ・ベンガルズ

ペイトリオッツ戦でお互いの連勝、連敗記録が途切れる、なんてなったら面白いんだけどな・・・←やけっぱち。
by kawasaki-marins | 2007-12-04 00:44 | アメフト初心者

オリンピック出場決定!

北京オリンピック予選 日本代表 対 台湾代表 10 - 3(台湾・台中インターコンチネンタル球場)

昨夜があれだけ厳しい試合でしたから、その反動が心配な今日でしたね。まあ、台湾はまだまだ格下と言ってもいいかとは思うのですが。まあ、プロ選手で固めた代表ですから、その辺の持って行き方は大丈夫だと信じるのみですけど。

さて、今日は大方の予想通りダルビッシュが先発でした。
帰宅してテレビをつけると・・・あれ。いつの間にか「名探偵コナンスペシャル」なんですけど・・・トホホ。
まあ、いいや。
途中CMの間にちょろっとチェックしながらコナンスペシャル見ちゃいました。中学生時代のコナン、じゃなくて新一と服部が・・・って、そんなことを書いても仕方ないっすか。
途中、野球に切り替えるとムネリンが見事にショートライナーをさばく所でしたよ。
うーん、やっぱりムネリンはいいですねえ。TSUYOSHIも、もう少し頑張ろう。

さて、本腰をいれて見られたのは、5回、サブちゃんの良い当りが惜しくも風に押し戻されてレフトフライになったあたりですね。初回に日本が先制して、1-0のまま、攻めきれず、しょっぱい展開が続いているようです。
5回表は結局パ・リーガー3人で三者凡退でした。あちゃー。
ダルもなんだか制球が今ひとつの感じでしたが、それでもダルです。5回裏を三者凡退に打取りました。

6回表、先頭の青木がヒットを放つも、後が続かず。
そして6回裏、2死からヒットでランナーを許すと、4番バッターに右中間に運ばれてしまいます・・・ダルでも打たれるんだなあ、なんてぼーっと思っていました。
なんか、ここまでの雰囲気を見てると逆転も大変そうなんですが・・・
なんて思ってたら。

7回表、先頭の村田が死球で出塁、続く稲葉がライト前ヒットで無死1,2塁。バッターはサト。星野監督はここで、2類ランナーに代走の宮本を送りました。
サトは送りバントの構えでしたが・・・カウント1-1からバットに当てた打球はちょっと強すぎた感じ。ピッチャーが三塁に送球します。
しかし、ここは宮本の好走塁。フィルダースチョイスとなり、無死満塁。
台湾はここで投手交代、そして我らがサブローが打席に入ります。

・・・って、サト、サブロー、TSUYOSHIと、ロッテのメンバーが3人続いているんですが・・・いいんですかね、こんな打線で(^^;;

それはともかく、サブはこの打席驚きのスクイズを決めてくれました。
あっという間に宮本がホームインで同点。昨夜に引き続き、サブの同点打ですよ。よくやったぞ、サブ!!
続くTSUYOSHIが勝ち越しのタイムリーで稲葉生還、さらにムネリンのタイムリーでサトも生還。瞬く間に4-2と逆転ですよ。
続く青木に四球で再び満塁。ここで再び台湾は投手交代。
しかし、火のついた打線は止められません。
新井タイムリー、阿部の2点タイムリーで7-2と突き放します。

この後、打者一巡で稲葉の膝に死球、これは痛そうでしたね。骨に異常がなければいいんですが、そんな様子でも稲葉自分で一塁まで走ります。
続くサト、ここは「稲葉が歩いて帰ってこられるやつにしてよ〜」なんぞという私の声が届いたのか(^^;)狙ってたでしょ、というスイングしてましたが最後は見逃して三振。まあ、これでも歩いて帰ってこられましたかね。

この回、打者11人で6点の猛攻、満塁残塁と言うのは気がつかないことにして(爆)

さらに、9回には新井のツーランとか相手の暴投で3点追加でだめ押し。
8回、9回は藤川、上原と豪華リレーでつないで、見事オリンピックへの出場権を手にしました。よかったよかった。

とにかくもう、ウチの選手がご迷惑かけないで、ほんとに良かったです。
とはいえ、土のグランドで、TSUYOSHIの守備の粗さがちょっと目につきましたね。これで気がついてくれるといいんですが・・・

オリンピックの正式種目としての野球は、この北京が最後ですので、なんとかひとつ、「イッチバーン」を・・・とは思いますが、やはり中南米は強いよねえ。
by kawasaki-marins | 2007-12-03 23:27 | プロ野球諸々

日韓戦!

北京オリンピック予選 日本代表 対 韓国代表 4 - 3(台湾・台中インターコンチネンタル球場)

今日はてっきり川上憲伸の先発かと思ってましたが、なんとまあ、われらがマリーンズの成瀬が先発。うあああ、もうドッキドキです。なんとかもう、お願いします状態。何をお願いするのかよくわかりませんが・・・

試合開始前、なんだか韓国の先発がメンバー表と違うとかなんとかトラブルがあったようですが、なんとか試合開始。
先頭のTSUYOSHIがいきなりセーフティバントを狙ってきますが凡退。初回はいきなり三者凡退となってしまいます。
その裏、いよいよ成瀬登場。
先頭打者こそ三振に打ち取りますが次の打者にいきなりソロホームランを喰らいます。どうやら打たれたのはチェンジアップだったようです。
直後も四球をだしてしまいますが、その後はダブルプレーでなんとかピンチを脱します。

すると2回表、先頭の4番の新井がヒットででると5番の阿部の内野ゴロが進塁打。一瞬、内野安打かと思いましたが、阿部って脚はアレでしたか。村田凡退で稲葉が四球を選ぶとまわって来たのはサブローでした。
「日本中の野球ファンのみなさまごめんなさいごめんなさい・・・」と既に弱気な私。

しかーし。サブちゃんやってくれました。新井を返すタイムリーとなり、なる坊の失点を消してくれましたよ。さすが、頼れる先輩だあ、サブ良くやった〜!
私にとっては、これがすべてでした。

とにかく、ロッテの選手がご迷惑をかけずに済んだと、それでホッとしている私ってば・・・弱気過ぎですかねえ?
続く森野のセカンドへの当りがエラーを誘い、さらに1点追加で逆転、なる坊、これでなんとか気が楽になってくれたでしょうか。

この後、3回に阿倍のタイムリーで1点を追加して3-1とするも、4回に連打を喰らって1点返されます。しかしその後連続三振で2死までとるとここでお役御免、ランナーはまだ残っていますが、川上憲伸に継投しました。
なんとか、ギリギリの仕事はしてくれましたね、ヨカッタヨカッタ。
一発も喰らって、今後の糧にしてもらえるといいのですが。

6回まで憲伸は無失点に抑えますが、6回、エラーやらなんやらでランナーを背負った所で岩瀬に継投、岩瀬いきなり四球で2死満塁とドキドキさせてくれますが、次のバッターを打取りなんとかしのいでくれます。
8回、阿倍のヒットと稲葉のタイムリーで1点を追加しますがその裏、ヒットやデッドボールでランナーを背負うと犠牲フライで1点を返されて4-3。
うあああ・・・なんとかしてくれえええ。

9回表はTSUYOSHIからの打順でしたが、今日のTSUYOSHIはなんだか役にたってません・・・トホホ。ツヨが凡退でムネリンがヒットで出塁、盗塁を決めますが後続が続かず、追加点ならず。
そして9回裏、クローザー上原が登場です。っていうか、藤川がブルペンでずっと準備している雰囲気でしたけど・・上原なのね。
ここは上原、気持ちのこもった素晴らしい投球を見せてくれます。三振を含む三者凡退できわどい所で韓国を退け、オリンピック出場に大きく近づくことができました。

いやあ、ドキドキの試合でしたよ・・・疲れたあ。
こりゃ、選手皆さんも疲れたと思うんですが、気が抜けて明日ほろりと星を落としたりしないように気をつけて欲しい所です。なんてったって明日の相手は地元台湾、ホームアドバンテージがありますからねえ。
さあ、もう一息がんばろー!!
by kawasaki-marins | 2007-12-03 00:03 | プロ野球諸々

クラッシュボウル

クラッシュボウル 日本大学フェニックス 対 法政大学トマホークス 38 - 34 (味の素スタジアム)

本当は、昨日の横浜スタジアムでXリーグのファイナル6、富士通フロンティアーズ対オンワードスカイラークスの試合を見たかったんですけどね・・・姉娘の習い事とか、亭主の歯医者とか、私はヒマなのに他にいろいろ用事があって。妹娘をつれてカメラもって行くというのもちょっと大変かな・・・と、自宅で大阪の試合をテレビ観戦ということになってしまったのでした。
そのかわり、と言ってはナンですが、今日は関東大学リーグの決勝、クラッシュボウルを見に行きましたよ。

関東大学リーグは1部リーグがA,B二つに分かれていまして、それぞれのリーグの優勝校がこのクラッシュボウルで対決、勝った方が学生日本一を決める甲子園ボウル(とはいえ、今年は甲子園が改装中で別の所でやるらしいんですけどね^^;)に出場できるということです。
それぞれのリーグを勝ち上がって来たのが、去年、一昨年の学生日本一チームの法政大学と、日本大学でした。法政の三連覇なるか、あるいは古豪復活(新勢力の台頭←初心者なんで知らなかったんですよ、日大が昔凄かったっての。お恥ずかしい^^;;)となるのか、見所の多い試合となりそうです。

さてさて、帰り道に食料買い出ししようと思って、クルマでお出かけ。アメフトなんで今日は味スタの駐車場も利用できます(Jリーグの時は駐車場は使えないそうですね)が、結構メインの入り口からは離れた所でした。味の素スタジアムの周辺には、フットサルのコートとか、サブグラウンドで、主としてアメフトに使われているアミノバイタルフィールドなど、グラウンドが充実しています。フットサルコートではミニサッカー大会とかやってましたが、フットサルと何が違うんだろう・・・なんぞとちょっと気になったのでした。

どっちの大学に思い入れがあるということもないので、入ってすぐのメインスタンドに陣取ります。とはいえ、着いたのがキックオフぎりぎりだったので、中央部分はすでに法政の応援団でいっぱいでした。結局メインスタンドのはじっこのほうに落ち着きます。
対するバックスタンド側も、日大の応援団がいっぱい入っています。日大側にはブラスバンドまでいましたよ。すごいなあ・・・
チームカラーは、法政がオレンジ、日大が赤。スタンドにはそれぞれのカラーのチアスティック(例の、空気で膨らませてパタパタはたく50cmくらいの長さの棒のセット)がパタパタしています。あれって結構音が響くんですよね。

e0095468_21242051.jpg

     「全力で戦おう」

さて、試合の方ですが、序盤は相手エンドぎりぎりまで攻め込む法政に対して日大が必死に防戦します。法政がフィールドゴールで3点先制、さらにフィールドゴールで3点追加と法政が優勢で展開します。さらにタッチダウンを決めて0-13とします。こりゃ法政のペースかなと思いましたが、しかし日大も意地でタッチダウンを1本返して13-7。これは面白くなってきましたよ。
しかし2Qも先手は法政。法政のディフェンス陣、なかなか強力な感じですよ。日大オフェンスがなかなか突き抜けられません。むしろ押し返されてしまう雰囲気すら感じます。結局2Q終わって17-27と10点差をつけて法政リードです。

e0095468_22103629.jpg


しかし、10点差くらいでは安心できませんよ、アメフトは。
途中、日大QBがケガで交代などのアクシデントがありましたが、日大のオフェンスはしぶとく食い下がります。


     「法政意地のタッチダウン」



     「日大バックス駆け抜けた」

結局3Qは日大がタッチダウン2、法政がタッチダウン1、と日大が追い上げて、31-34とします。

3点差で迎えた4Q、開始早々に日大が逆転のタッチダウン、これが効いた感じですね。
法政オフェンスの焦りが垣間見えてきました。なかなか攻めきれない法政オフェンスに対して、日大ディフェンスバック陣がいい反応をみせるようになってきます。
この辺はもう、息詰まる攻防。
なんとしてもタッチダウンで逆転を狙いに行く法政と、なんとしても許さないという日大。どっちを応援しているというわけでもない私でも、もうドキドキです。

そして、残り3分あまりで始まった法政の攻撃、おそらくこれが最後のチャンスです。
時間を使いつつ、日大エンド前まで迫ります。残り数ヤードでの攻防、最後の一押しができません・・・4点差というのが重くのしかかってきますよ・・・
結局法政は4thダウンギャンブルに挑みますが失敗。この瞬間、日大選手と赤く染まったバックスタンドが沸き立ちました。

日大が関東の代表として甲子園ボウルに挑むこととなりました。
いやあ、ドキドキの試合でした・・・こうなると甲子園ボウルも楽しみになってきますね。こちらはさすがにテレビで見るしかありませんけどね。

それにしても・・・
日大のブラスバンド応援で「ジッパディードゥーダー」の曲が流れると我が家の娘たちってば ♪すっばらしい〜ひっらした〜♪ とか歌いだしちゃうのには参りました。育て方を間違った・・・いや、間違っていなかったのかな(苦笑)
by kawasaki-marins | 2007-12-02 21:23 | アメフト初心者

日大の優勝

38-34
日大逆転勝利でした。
見応えありましたよ~
by kawasaki-marins | 2007-12-02 16:35 | 日々雑事

味の素スタジアム

e0095468_1363017.jpg

クラッシュボウル
法政大学対日本大学
by kawasaki-marins | 2007-12-02 13:06 | 日々雑事

カモメはどうしてアヒルっぽいのか

今日、テレビでアメフトのオービックシーガルズ戦を見ていました。
シーガルズ・・・シーガル・・・カモメっすよ!

で、チラチラと、マスコットのしーがるくんが映るので気になってもう(笑)

ウチのマーくんたちも「アヒル?」とか聞かれちゃいますが、この子もなんだかアヒルっぽい。さらに言うと、サッカーの横浜Fマリノスのマスコットも、マリノス君とまりのすけという、兄弟カモメなわけですが・・・この子たちはかなりカモメっぽいですがやっぱり微妙にアヒルっぽい感じがしますよねえ。(リンク先の記事の下の方の写真をご覧ください)

カモメ度的には マリノス君>まりのすけ>>>マーくん=しーがるくん、って感じでしょうか。
カモメをマスコットにすると、どうしてこんなにアヒルっぽいのか、気になって仕方ありません・・・ってしょーもないことが気になってもう。

自分で撮った写真がマーくんたちしかなくてスイマセン・・・これはマーくん。
e0095468_0133160.jpg

by kawasaki-marins | 2007-12-02 00:14 | 日々雑事
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル