人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2008年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

探しています

日々読んでいただいている方にはかなり想像がつくと思いますが(^^;;)こんなガサツなおばちゃんの私ですが、もういいかげんヤバいので、少しは身なりに構わなきゃなと思う今日この頃です。

で、先日からどうしたことか「フリージアの香りの香水」を探しているんですけどね・・・そのむかし、社会人になって間もない頃、街中でふんわりと感じた、まるでフリージアそのもの!という香りがずーっと気になっていて・・・普段はお化粧すらまともにしないのですが(汗
先日、はたと思い出して通りがかった香水のお店で聞いてみた時に奨められたのが左側のカルバンクラインの「エタニティ」です。これは有名ですよね。私も名前は知っていましたから。

e0095468_17421597.jpg


最初はふんわりと甘い感じの花の香りが立ちますが決して甘すぎず、最後にはしっとりとした香りが残ります。結構好きな香りで、気に入ったといえば気に入ったのですが、でも探している香りではありませんでした・・・

で、勢いがついてネットで調べてみてフリージアの香りということで購入したのが右側にあるレイジースーザンの「アントニアズフラワーズ」。
これはなかなか個性的です。つけた当初ははっきり言ってクサいです(汗
しかしその青臭い香りが飛んだ後には確かにフリージアの香り!
でも、昔の記憶とは若干違うんだなあ・・・

ということで、いろいろ調べて気になっているのがエゲレス国のテイラーオブロンドンのその名も「フリージア」
でも、日本国内では販売していないみたいです。どうしようか考え中。だってそんなにコロンばっかり集めても仕方ないですもんね。
by kawasaki-marins | 2008-12-23 17:47 | 日々雑事

そういや明日は賞金王

賞金王決定戦出走メンバー

 1号艇 井口佳典(4024)
 2号艇 松井繁(3415)
 3号艇 湯川浩司(4044)
 4号艇 濱野谷憲吾(3590)
 5号艇 瓜生正義(3783)
 6号艇 吉川元浩(3854)

久しぶりにレジャーチャンネルで展望番組見てたんですけどね、懐かしい名前がでてきましたよ。
電話インタビューされていましたよ、ひまひまデータくん。おおー、こんな所でメジャー(?)デビューを果たしていたのですね。
最近では、たまに大きいレースを眺めるだけなので、そんなにデータとかも見なくなっているのですが、やっぱり競艇データベースと言ったらひまひまくんです。そういえば、ウチの弟と自転車モンキーでサシの勝負はしていただけたんでしょうか(笑)

去年の優勝は吉川元浩、その前は松井繁ということで、個人的にはウリ坊か憲吾が勝ってくれると嬉しいんですが・・・スタート次第ですかね。さて、どうなりますか。
by kawasaki-marins | 2008-12-22 23:47 | 公営競技

もう、こっちもバタバタ・・・

まあ、素直に収まるとは思ってはいませんでしたけど、この時期にそんな発表しますかねえ。ボビーが来シーズン限りって・・・

まあ、采配のあやしい時もありますけど、そんなのご愛嬌。なんだかんだ言ったって、みんなボビー好きでしょ(^^
あれだけ一生懸命、ロッテを良いチームに作り替えてくれたのはボビーですよ。野球の楽しさを思い出させてくれたのもボビーです。
ボビーに感謝こそしても、ケンカするこたあないでしょうよ。まったく、フロントがアh(ry
監督を退いても、GMみたいな立場でロッテに残ってくれないかなあとずっと思っていただけに、今回の報道は非常に残念で仕方ありません。

選手もそれなりにボビーを慕っているようですし、なんか来シーズンは100か0かのどっちかという極端な結果になりそうですね。
ま、それもロッテらしくてヨシ。なんて言ってる場合じゃなくて。
どうせだったら、優勝してボビーコールしたいなあ。
by kawasaki-marins | 2008-12-22 23:25 | マリーンズ2008

やっぱ根性ありますよね

オークス解散報道のその後ですが、選手、チア、スタッフの皆さんで話し合いの場が持たれ、何とかチーム存続の方向で動こうという意志が確認されたとのことです。

オークスの安川選手のブログで状況の報告がされていますので、よろしかったらご覧いただき、応援メッセージだけでも残していただけると嬉しいです。
大きなことはできませんが、チームの存続を願っているという声だけでも、選手や関係者の皆さんのパワーになると思いますので・・・

オンワードオークス#55やすコーチのブログ

ね、特にロッテファン、パ・リーグファンの皆さんならわかるでしょ?
チームが無くなっちゃうかもしれないという悲しさは・・って私はなんどこういう思いをするんでしょうか(泣

サイドバーの右上の写真も、やすコーチのブログからもらってきちゃいました。
オークスのクラブハウスに貼ってあったそうです。ファンの思いが凝縮されているメッセージですね。
by kawasaki-marins | 2008-12-21 09:31 | アメフト2008

我が家の新しい娘たち??

唐突ですが、プラン・ジャパンなんてので海外への援助に協力してみることにしました。
いろいろ考えたのですが、とにかくやってみてナンボだと。今は3,000円/月からの金額設定なので(確か昔は5,000円/月だったかと)多少はハードルが下がっているということもありますね(^^;
毎日、ジュース1本買ったと思えばこんなもんですものね。

プラン・ジャパンとは、昔はフォスター・プランと言っていたやつで、スポンサーからの月々数千円の寄付を途上国への様々な援助活動に使うものです。活動地域の子供たちと、スポンサーが一対一で手紙のやり取りの交流をはかれ、スポンサーは、プランの報告書だけではなく、子供からの手紙も通じて、寄付がどのような活動に使われているのかを知ることができます。なお、寄付はあくまで地域の支援に使用されるものであり、子供や家族に直接渡るものではないということです。

申し込みをするときに、希望があれば援助する地域と、子供の性別が指定できますが、私は地域は無指定、性別を女の子(ウチも娘二人ですし^^;)指定で申し込みしました。

で、本日、プランから最初のパッケージが届きました。
ウチの新しい娘は、マラウイのジュディスです。写真も入っていましたよ。6歳の女の子で、11歳と16歳のお姉さんがいるようです。こりゃ、我が家にぴったりですね。ウチは姉娘11歳、妹娘5歳ですもの・・・って、向こうも女の子だけですねえ。なんだか楽しみです。

ということで、明日は一生懸命手紙書きになりそうです(^^;;
英語で書ければ、日本語→英語のステップが省けるので多少は相手に届くのが早くなるようですが、英語は泣きそうなほど苦手だし、悩みどころです。
50gまでのプレゼントも手紙と一緒に送れるそうです。50gというのも悩みどころですね。一緒に入っていた手引きの参考写真だと鉛筆5本とマーカーペンが1本と消しゴムが1個でぴったり50gでした。何か送ってあげたいなあ。
by kawasaki-marins | 2008-12-20 17:07 | 日々雑事

祝・卒業

今朝は、娘たちを歯医者に連れて行きました。
姉娘の上奥歯が、永久歯に生え変わっていたのですが、乳歯ががっちりと止まっていて抜けなかったのを抜いてもらいました。
コレが、何を隠そう最後の乳歯。これで、歯はコドモ卒業ですね。

しかし、姉娘、始めて前歯がはえかわった時も自然には抜けずに歯医者さんで抜いてもらったわけで・・・結局最後まで歯医者さんのお世話になったのでした(^^;

こういう子もいるんですねえ。
by kawasaki-marins | 2008-12-20 14:57 | 日々雑事

とりあえず年末ジャンボか?

昨日の、オンワード・オークス解散というショッキングなニュースと一緒に、今朝のテレビのニュースではアイスホッケーのコクド改め西武も廃部ということが伝えられていました。
西武ではチームの運営費が5億だそうですよ。実業団ですから、選手の人件費も含まれるのかな?試合だけで5億ってことはないですよね?

ということで、情報公開に積極的なJリーグを参考にしてみました。

  Jリーグ 個別チームの情報開示内容/2007年(PDF)

Jリーグでも結構赤字出してるもんなんですね。
それとJ1とJ2、そしてJ2のなかでもJ1経験したチームとまだあがったことのないチームとでは結構差があるもんだなあと思いましたです。

おっと、そうじゃなくて。
チームの経費なんて何も知らない私ですから、J2の規模の小さいチームあたりが、我らがオークスのイメージにならないかなあ、と思ったわけですよ。
営業費用が一番少ない水戸で3.3億。うち、人件費が1.4億ですからその他の費用が1.9億。しかし0.4億の赤字ですから、ざらっと2.3億ですか・・・

ここにはホームスタジアムの維持費やら遠征費用なんかも入るのかな?

としても、人件費がない(ですよね?)社会人クラブチームで、試合のある期間も少ないアメフトですが、だとしてもやっぱり数千万は必要なのでしょうか。やっぱり億?

うーん、厳しいですね。でもそんなに突拍子もない世界でもないような気もしなくもありません。
NFLのパッカーズでしたか、ファンが株主なんだそうですよね。利益というよりは、チームの株主であることを誇りに思って株を購入するというような話をどこかで読んだ記憶があります。まあ、それがそのまま適用できるかというと、そんなに甘くないとは思いますが、なにか考える余地はまだあると思いますよ。

試合をすることで収入がそんなにあがるわけじゃないですが・・・コレからはちゃんとチケット買いますから、ね、ね(←招待券とか招待日とかフルに使う私^^;)
by kawasaki-marins | 2008-12-19 23:40 | アメフト2008

え”え”ーーーーーっっつ!!!

そんな・・・どうするんですか、オークス???
スポンサーはいないんでしょうか。誰か、スポンサーになってくれるヒトは・・・
来シーズンのXリーグどうなるんでしょう。ううーーん。

何かいい方法はないのかなあ。


<アメフット>社会人Xリーグのオンワードが今季限りで解散
12月18日22時54分配信 毎日新聞

 アメリカンフットボールの日本社会人Xリーグ東地区に所属するオンワードが今季限りで解散することになった。スポンサーとしてチームを支援するオンワードホールディングスが18日発表した。

 同社は理由について「経営環境が過去に例を見ないほど厳しい中で、経営基盤を強化することが急務になった」としている。チームは先月のXリーグ決勝トーナメント準決勝で敗退。既に今季を終えている。

 オンワードは80年に企業チームとして発足し、00年からはクラブチームとなった。01年には同じXリーグの「すかいらーく」と合併。今季はすかいらーくがスポンサーから撤退し、オ社が単独で支援していた。92年と07年に2度の日本一を果たした。現在は法大の05、06年の学生王座連覇に貢献したQB菅原俊らが所属している。

 日本社会人アメリカンフット協会の藤井康弘事務局長は「会社の業績の関係で、協会からの退会を考えているとの連絡はあった。かつてのチャンピオンチームなので、何とも言いようがない」と語った。


by kawasaki-marins | 2008-12-18 23:13 | アメフト2008

キックに泣く

クラッシュボウル2008 法政大学トマホークス 14(7) - 14(6)日本大学フェニックス (味の素スタジアム)

先週、というか先々週ですか、12/7の日曜日に味の素スタジアムで行われた、関東大学リーグの優勝決定戦です。去年は見に行ったんですけどね、今年はテレビ放送もあるから・・・と思って行かなかったのが悔やまれる良い試合でした。
昨夜に放送があったのですが、録画してるからと思いつつも結局試合の迫力に最後までつきあっちゃいました。

去年のクラッシュで見た日大のQB平本くん(昨年は#12→#11に出世してました^^;)が、個人的な注目選手ですが、その他にも法政RB#29原くんなんてのもいい選手だそうです。
日大の重量ラインに法政がどうやって立ち向かって行くのかが見所となるでしょうか。

試合は1Qから拮抗です。日大の重厚ラインから繰り出される攻撃をギリギリ粘ってしのぐ法政ディフェンス、最初の攻撃はあわやタッチダウンかというパスをインターセプトでしのぎます。しかし、さすが重厚な日大ディフェンス、法政は最初に一度だけファーストダウン獲得するもののその後はひとつも前進できなくなります。
日大が一度はFGのチャンスを作るものの、#19岡野がゴールを外して失敗。これが後々まで響きましたね・・・結局1Qはお互い無得点。しかしまあ、いきなり見応えのある試合です。

2Qも、両校ディフェンスが粘ります。重厚な日大ディフェンスと粘りの法政ディフェンス。良い試合になってきました。
残り1分半ほどでの日大#26岩崎のFGをブロックで止めたところから、法政オフェンスが魅せます。#29原の「ライン際の魔術師」ばりのランで大きく前進すると、直後にパスを通して相手陣前に持ち込むと、続く攻撃で再び原のランであっさりとタッチダウンで先取点です。
前半残り30秒ほどで均衡が破られ、試合は後半に続きます。

後半3Q、今年もロンリーセンターなんてやってくれる法政オフェンスですが、今年はロス。ラインがぞろっと動くのが面白いですね(笑)後半に入って、さらに気合いが入る日大ディフェンス、得点はしたものの、やはりなかなか突破口がみつからない法政オフェンスです。
逆にQB#11平本がランにパスに冴えてきて、3Q残り4分ほどで相手陣前まで攻め込む日大、最後は平本がタックルを振りほどきつつエンドゾーンに飛び込んでタッチダウンを決め、ここはTFPのキックも決めて7-7の同点に追いつきました。
返す攻撃の法政、相手陣まで10ヤードほどの所まで良いテンポで攻め込みますが、ファンブルでターンオーバー、日大に攻撃権を渡します。
しかしこのウラは法政のディフェンスがあっさりと日大をパントに追い込み、攻撃権を再び獲得です。
この辺、法政に流れが寄ってきたような気もしてきたところで3Q終了、試合はいよいよ最終4Q、もはや死闘です。

4Q最初の攻撃は法政。ここは法政の1年生QBの#12山口がいい試合運びを見せます。残り12分ほどのところで#29原がエンドゾーンに駆け込むタッチダウンで再び勝ち越し、TFPも成功で14-7とします。
日大オフェンスも、#11平本を起点にランパスキープ取り混ぜて攻めますが、再び相手陣直前でインターセプト・・・日大の方が押していると言えば押しているのですが、どうにも流れが来ません。
残り5分ほどで、法政のパントから日大に攻撃権が移ります。この攻撃は平本のオンステージ。いいパスで陣を進めると、最後は10ヤードあまりを自分でキープしてエンドゾーンに飛び込んでタッチダウンです。ここもTFPが決まって残り4分ほどで14-14と再び同点に追いつきます。
法政の攻撃もファーストダウンを与えずに攻守交代し、これで流れをつかみたい日大でしたが、しかし、最後まで流れはつかみきれませんでした。

残り3分ほどで再び攻撃権を得る日大、なんとかフィールドゴール圏内に持ち込みます。しかし、今日はここまで2回のフィールドゴールを失敗している日大、三度目の正直なのか、二度あることは三度ある、なのか・・・残り40秒あまりで#26岩崎でFGを狙いにきました。

しかし、なんとここもFGをブロックされて失敗。ここまで3本のFGを、神様に見離されたかのように、ことごとく失敗している日大でした。

最後残った数十秒、勝利を目指してひたむきに攻める法政でしたが、結局両校同点のまま時間切れ、規定により両校優勝となったのでした。
去年のクラッシュボウルにも負けないいい試合を見せてもらいました。

しかし、今週末にせまった甲子園ボウルには1校しか出場できません。
そのため、タイブレークで出場校を決めることになっています。

最初は法政の攻撃から。
しかし1年生QB#12山口のパスをあっさりとインターセプトして得点を与えません。
これで俄然日大が有利となりました。なにしろ、タイブレークは相手陣25ヤードからの攻撃ですから、ちょっと厳しいですけど、いきなりFG圏内にいるようなものです。しかし法政も必死のディフェンスで陣を進めさせません。QBサックで10ヤード近くロスさせます。それでも再びパスで20ヤードあまりの所まで復帰し、4回目のFGトライ。
ですが、いったい今日はどうしたのでしょうか。
ここも#26岩崎がゴールを外してしまいます・・・あまりのことに実況席も声のトーンが落ちていました。(そういえば、実況は矢野さんでしたよ)

気を取り直して2回目のタイブレークは先攻を選んだ日大(一回ごとに攻守選べるのです)、#11平本から#19岡野へのど真ん中のタッチダウンパスが成功で6点を先取。しかし、なんということか、ここまでTFPだけは成功してきたのに、最後の最後で#26岩崎がTFPのキックも失敗してしまいます。
しかし、先攻でタッチダウンを決め、法政に大きなプレッシャーをかけられたのは大きいはずです。

最後、法政#85田島が地面ギリギリ、失敗と判定されても文句のないパスをギリギリのキャッチで相手陣2ヤードまで持ち込むと、最後は#29原が三たびタックルをひきつれながら倒れこんでのタッチダウン。そして最後のTFPは成功で法政のサヨナラとなったのでした。

なんとも劇的な幕切れ。
しかし、見ていても清々しい良い試合でした。関東学生リーグの歴史に残る試合だったと言って良いと思います・・・なんで見に行かなかったかなあ、本当に悔やまれますね・・・まあ、テレビで見られたのがせめてもの救いでしょうか。

今日はとにかく、日大の#26岩崎くんです。きっとこの日は悔しくて眠れなかったろうなあ。きっと、今頃はFGの練習しまくっているんじゃないかと・・・
この経験は忘れられないと思います。これに負けないで大きく成長して欲しいですね。現在3年生ですから、来年はこの悔しさをはらそう。
by kawasaki-marins | 2008-12-18 22:18 | アメフト2008

う、うそでしょ・・・

昨日だったか、スズキがWRCから撤退というニュースがありましたが、まさか富士重まで・・・
正直、もはやF1はあまりに違う世界になりすぎて、眺める以上の興味も持てなくなっていたので、ホンダの撤退もまあ、そうだよなあと納得気味だったのですが、こっちは別です。
個人的にはどっちかと言うとWRCとパリダカがモータースポーツの興味の中心になっていたので・・・富士重が撤退って、本当なんですか?
信じられません。

ウチでレガシィの一台も買った所で、たいした応援にもならないですかね・・・っていうか、そんなにお金がないか(涙)


【スバルWRC撤退】森社長「決断は本当につらいものでした」
12月16日22時10分配信 レスポンス

スズキがWRCワークス活動の休止を発表した翌日の16日、今度は富士重工業=スバルが「WRCにおけるワークス活動の終了」を発表した。これで2009年は、ラリーの最高峰WRC=世界ラリー選手権のトップシーンからワークス日本車の姿が消えることになる。

スバルの活動終了の理由は、これまた「世界的な経済状況の急激な悪化に見舞われたため」。ホンダF1の撤退を端緒とする日本メーカーのモータースポーツ活動縮小の波に、歯止めがかからない状況となってきた。

ラリーにおけるワークス活動か否かの線引きは難しいが、少なくとも1980年代末以降の直近20年ほどは、常に日本メーカーのワークスマシンがWRCの上位戦線を賑わせてきた。選手権タイトル獲得経験のあるメーカーだけでも、トヨタ、三菱、そしてスバル。

特にスバルはWRCこそが企業アイデンティティといえる状態にあっただけに、現在の世界的な経済恐慌状態にあっても、活動を継続すると考えられていたのだが……。

1990年のWRC本格参戦開始以降、95 - 97年にマニュファクチャラーズタイトルを3連覇し、95年コリン・マクレー、01年リチャード・バーンズ(いずれも故人)、そして03年ペター・ソルベルグ(08年現在もスバル)と、3人のドライバーズチャンピオンを輩出してきた名門が、WRC最前線を去る。

16日の午後6時からの緊急記者会見には、森郁夫・富士重工業社長が出席。「WRCで活躍する青いインプレッサは、ファンの皆様にとってスバルの象徴であり、この決断は本当につらいものでした」との意を公表した。また、会見後に記者団に囲まれた際には、「今回の決定に、(資本関係のある)トヨタの意向は関係していない」「予算決定の段階に比べて、円高の影響が大きくなり過ぎてしまった」「WRC全体への影響? それはなんともいえない」などとコメント。

また、言葉としてはホンダF1の“撤退”や、スズキWRCの“休止”とも異なる“終了”という表現をしているが、森社長は「撤退ということ(解釈)でいいと思います」。

なお、量産車ベースのクラスに参戦する多くのプライベーターへの車両供給や支援は継続していく、とのことなので、PWRC=プロダクションカー世界ラリー選手権に参戦する新井敏弘(05、07年王者)らの活動には、当面、直接の影響はないものと考えられるが、状況が状況だけに楽観はできない。

また、04年から始まったWRCの日本ラウンド、北海道でのラリージャパンについても、WRCでの次回開催は2010年と決まっているが、地元ワークスの消滅によって、集客面等への打撃は避けられないだろう。

《レスポンス 遠藤俊幸》



先日、テレビでエクシーガって7人乗りミニバンみたいのを見て「スバルブルーが似合わないクルマだ」なんてけなしていたのが悪かったでしょうか(←関係ないって^^;)
by kawasaki-marins | 2008-12-17 00:16 | スポーツ観戦いろいろ
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル