人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2009年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

久々に見られたのですが

対 東北楽天Gイーグルス 17回戦 [M 10勝7敗] M 6 - 7x E (仙台)
勝/福盛[5勝2S] 負/伊藤[2勝5敗]
HR/サブロー[16号] 里崎[8号] 山崎(武)[26,27号]

お盆休み最終日の本日も、午後少々お出かけしておりまして、久々にマリーンズの試合を見られたのは5回頃から。すでに5-0とリードしていましたし、先発の唐川くんが安定したピッチングを見せてくれていたので、こりゃ完封も・・なんて思っていたのですが。

8回にサトのソロで6-0と、決まったかな?なんて思ってはいけないのが今のロッテですね。
その裏、1死からヒットと四球でランナーを溜めてしまうと山崎武司の当たりは左中間スタンドギリギリに飛び込む、350号のメモリアルアーチとなってしまいました。
あちゃー、でもまだ勝ってはいる、と思って気を取り直し、マウンドに上がった内くんを見ていますが、今日はなんか今ひとつ、リックにタイムリーで1点を追加されてしまいます。結局この回を締めくくったのはブライアン・・・ここでブライアンまで投入というのは苦しいな、なんて思ったら。
9回続投のブライアンが2死から鉄平にヒットを許すと、またまた山崎に今度は見まごうこと無くスタンドイン、同点に追いつかれてしまいました・・・・

こうなると粘れないマリーンズ、結局12回裏、前の回から続投の伊藤が、鉄平、山崎と連続の死球で塁を埋めてしまい、たぶん急遽登場の高木さんが憲史に四球で無死満塁。
絶体絶命のシーンで荻野、高須は三振に打ち取るものの、続く小坂に・・・ライト前。サヨナラ打です。

まあ、打ったのが小坂ですからね。
小坂の「ああ、こんなの忘れてたなあ、まぶしいなあ」と言わんばかりにしみじみしていた、お立ち台の姿が見られて嬉しかったですよ、うん。
なんかね、小坂の顔を見てたら、連敗なんて小さい小さい、この人も苦労したもんなあ・・・としみじみしちゃいました。
やっぱ私は小坂が好きなんです(^^;
今日はこれでOK。

さ、明日からまた頑張ろうっと。
by kawasaki-marins | 2009-08-16 22:49 | マリーンズ2009

レガシィで2週間

我が家のレガシィ、8月1日の納車から2週間で、新潟(長岡)往復と九州(宮崎)往復で実に3000kmを走ってしまいました。妹娘が乗り降りする運転席側のリア席ドア枠なんかすでに泥だらけ。
ぴっかぴかにして納車してくれたスバルの営業のお兄さんに申し訳ないくらいです(^^;;;
でも、乗った感想は「これぞ、言葉の正しい意味でのグランド・ツーリングカー」です。しかも、運転していて楽しい、見た目はまあちょっとアレながら(←まだ言ってるし^^;;)本当にいいクルマになっていると思います。

ということで、ここまでの感想なんか書いておこうかと思います。もっとも、ただの運転好きながらへたっぴぃのおばちゃんドライバーの感想なんで、その辺割り引いて読んでくださいね。

あ、ちなみにグレードは ツーリングワゴンの2.5GT Sパッケージ/6MT です。2.5L水平対向4気筒ターボエンジンにビルシュタイン製ダンパを乗せた脚回り、18インチタイヤ(扁平率45なんていうぺったんこ)がSパッケージの特徴です。
なんだか若い走り屋さんみたいなクルマですが、でもやっぱりMTがよかったんでコレしか無かったというか。個人的にはNA(ノンターボ)のが好きと言えば好きなんですけどね。

もちろん、購入を決める前は試乗もして、いいクルマだと思ったので決めたわけなんですが、試乗と言ってもクルマ屋さんの周囲をひと回りまわってくるくらいのもので、長距離を乗った時の印象は想像でしかありませんでした。雑誌なんかの記事を当てにするしか無いわけですね。
しかもこのレガシィ、今までのレガシィとはがらりと印象が変わったデザインになっていて、ボディの大型化と相まって、今までのレガシィユーザからはブーイングの嵐。インターネット上なんかではもうぼろくそに言われている状態でもありました。
正直、そんな中で購入を決めるのにはちょっと度胸が必要でしたが、今回の購入を決めるにあたって、中古ながらアウディやBMWとの試乗比較して、このレガシィなら十分、いやそれ以上にクルマの能力は高いぞと確信しての購入となりました。

さて、まずは普通に高速道路のクルージングです。

まず最初に感じるのはサスペンションの硬さです。スポーツパッケージということですのでやはり少々硬めのセッティングになっていますね。
正直、今までのRAV4の脚回りが絶妙なものであったこともあり、最初、高速道路(特に首都高)の継ぎ目を超える時のゴツゴツ感は気になりました。とはいえ、突き上げるような不快さではなく、路面状況をキッチリ伝えてくれるものでもあり、じきに慣れるものでもありました。
18インチ45なんていうぺったんこタイヤ、RAV4の16インチ70なんていうタイヤとは全く正反対の特性と言ってもいい位なものですから、これはもうこういうものだと思うと、逆にゴツゴツ感が嬉しくなってくるというものです。
しかし、このサスがいいんです。首都高のカーブに、今までなら少々速いかな?くらいのスピードで入ってしまっても全然OK。四つ脚がぎゅっと踏んばってくれている、という印象が非常に良かったです。

スバルご自慢のAWDの性能なのか、とにかく非常に安定していて、私のようなへたっぴぃでも首都高のカーブが怖くありません。コレに比べると、RAV4は4WDとはいえ、ホイールベースが短かったせいか、FF的な挙動だったなあと改めて感じました。これが四輪駆動ってもんよ、と思い知らされましたね。
これは、長岡でのちょっとした山道のコーナリングや、九州往還での九州道や中央道の山間部のカーブが続く区間でも威力を発揮してくれました。本当に安定していて、気持ちよくコーナリングしてくれるので、いくらでもカーブが続いてくれてOK、と思っちゃうくらいです。

平坦部のクルージングはもちろん安定感抜群。なんですが、なにせパワーのあるクルマですので、気がつくと結構スピードが出ていて、ヤバいヤバいということが何度も(^^;;
おとなしく1500〜2000回転、100km/hをキープして走っているとかなり燃費も伸びます。高速だけなら13km/Lを超えていました。
ちなみに、このクルマには「ドライブモード」の切替スイッチがありまして、普段はおとなしめの「I」モード、スポーツ走行用の「S」さらにキレる走りの「S#」モードがあります。
もちろんIの時の燃費が一番いいわけですが、これですとちょっとアクセルを踏み込んでからのもたつきが気になる時があります。ということで、追い越しをかけるときなどにはSに切り替えてみたのですがこれがまた気分よくすいっと加速してひゅんと追い越し。ハンドリングも素直に言うことを聞くクルマですので、なんだか運転が上手くなったような錯覚も(笑)
いやー、いいもんですね。

ちなみに、Iで6速だとちょっともたつき感が気になりましたがSに切り替えれば全然オッケー状態でした。
およそ3000回転手前あたりからターボが効いてくるのですが、じっさい自分で運転しているとドコからターボが効いているのか分からないほどの穏やか、かつ速やかな効き具合も個人的には好きですね。
しかしね、高速ではほとんど6速に入っていたわけですが、これがまた、エンジンブレーキが効かないのですよ。この辺の感覚はちょっと修正が必要でした。まあ、おばちゃん的にはほとんどスポーツカーですから(^^;;
ブレーキの効きは必要にして十分。グッと踏み込んでもつんのめる感じがあまりしないのは好感度大でしたね。

ところで、運転していてちょっと気になったのが運転時の姿勢です。
特に運転しずらい、というわけでもありませんが、微妙なところで所々「ああ、私よりも体格の大きい人向けにデザインされているな」と感じるところがありました。ちなみに私の身長は162cmありますので、女性としては決して小さくはありません・・・ん、脚が短いって??それは言わないお約束・・・

まずはシートポジション。
ボディの見切りをつけるため、めいっぱいシート位置を高くしていました。するとクラッチペダルを踏み込むときに、わずかですが左足のヒザがハンドルの下あたりに当ってちょっと気になります。まあ、気持ちシートを後ろに下げる、あるいはちょっとだけシートの高さを下げることでこれは解決しましたが、これがもうひと回り大きな体格のひとだと特に何も問題ないのだろうな、とは思わせました。

そのポジションでシフトレバーに手を伸ばすと、ちょっと1速が遠い感じもしました。
まあ、この辺は狭い狭いRAV4で慣れていたこともありますので、感覚の違いのほうが大きいかなとは思いましたが。
でね、カタログなんかには「6MT車専用のアームレスト」って書いてあるんですけどね、それってドコ??状態な我が家(苦笑
どうやら、コンソールボックスがアームレストなんだろうなあ、とは思うのですが、シートを目一杯高くして、160cmソコソコの私と亭主が運転していると、全然届きません。
ちなみにシートを目一杯下げるとちょうどいいんですよ、確かに。
でも、この姿勢だとちょっと目線が低くなりすぎて辛いです。特にボディなんかひとつも見切れません。
ですので、アームレストはあきらめる我が家でした。

逆にね、フットレストは良かったですよ。
RAV4のときは、ついてはいるものの全然位置があわなくてひとつも使わなかったフットレストでしたが、今回、気がついたら左足がフットレストに乗っていました。それくらい自然なポジションにありましたね。コレはポイント高かったです。

それと、MT車はメーターの中で現在入っているギアの表示がされるのですが(AT車だとDだのPだののシフトの表示がされるところ)、これが微妙に使えませんでした(苦笑)
クラッチを繋がないと表示されませんので、なんだか非常に意味の無い表示に感じました。
まあ、こんなもん表示されなくても何も問題ありませんし、ATだと表示されるところに何も無いのも寂しいなってな位でつけた表示なのかな、なんても思いましたが。
こっそりとシフトアップのタイミングをお知らせしているようでしたが、運転中にこんなもん見てませんって。亭主が運転している後ろから見ていて、あ、これって経済運転のシフトアップのタイミングだ、と分かったくらいのものでした。まあ、話のネタですね(^^;;

もうひとつ気になったのはカーナビの操作性です。
運転席と助手席の間のオーディオとかのスペースにタッチパネル式の画面が埋まっているのですが、運転しているときに助手席側から操作されると邪魔くさいんですな。
まあ、最近ではAT車がほとんどですから、そうなると運転中の左手の操作はほとんどないので気にならないのでしょうけれど、こちとらMTですから、発進時とかに画面を触られるとまあ邪魔くさいこと。
MTなので仕方ないのかもしれませんが、これは運転手と助手席のイキをあわせる必要があるシーンでした。

でも、これだけ運転しても、腰痛もちの私が全然平気だったシートは良かったです。もう、ランバーサポートバンザイ!状態、見た目はちょっと地味ですが本当に良かったですね。
ところで、助手席側は高さの調整はできずに前後のスライドと背中の傾斜だけなのですが、助手席側はかなりシートが低かったこともあり、運転を交代したときに高さのギャップが気になりました。
つまりは、運転席もこの高さがベースに想定されているんですよね・・・ちょっと悔しいかも(^^;;

後席は余裕のよっちゃん状態、娘たちはぐっすりでした。
途中、自分でも後席に乗ってみましたが、硬めのスポーツ系サスペンションでも結構快適に乗っていられました。っていうか、後ろにいると、この振動がなんとも心地よい眠りを誘ってくれること・・・電車に乗ると眠くなるのと似ているかも(なのか?)
実はなにげに、後席のシートもリクライニングできるのが良いです。試乗した範囲の外国車ではほとんどできなかったんですよ。この辺は日本車っぽさですかね(^^;;

荷物もたっぷり。
なぜか親子4人分の寝袋と、着替えの入ったボストン×1個、中型のソフトキャリーケース×1個、大人用のリュック×1個のほか、10Lほどの水タンク、お土産の入った大きな紙袋2個ほど、その他履替用のクツやらなにやらを詰め込んでもまだ余裕。帰りには焼酎の一升瓶が数本追加されてさすがにこれでいっぱいでしたが、帰宅して荷物を降ろすとあらびっくり。
こんなに積んでたの!と驚くほどでした。コレだけ積んで座席は余裕なんですから、ツーリングワゴンバンザイですね。

確かに細かいところで気になる部分もありましたが、全体的に見て非常に満足度は高いです。特に走りに関しては、非常にレベルが高いところでバランスの良いクルマですね。しかも、まだまだ化けるポテンシャルを持ってるクルマだと思います。いわゆる「底を見せていない」という感じですか、これからどんな風に変わっていくのかに注目です。
とはいえ、私自身はこの素のまま乗っているとは思いますが。ノーマルで十分満足ですし、なによりお金もないし(^^;;
見た目的にマフラーは替えたいかな、とも思いますが、でも現状でこれだけのパフォーマンスが出てるんだからまあ十分なんだよな、とも思っていたり・・うーん、でもやっぱりマフラー出てるのが細くて見た目にバランス悪いんですよね。

とにかく非常に出来の良いクルマだと思いました。内外装でもう少し見た目が洗練されれば、高級車と名乗っても全然OKですよ。
それくらい中身は洗練されているクルマだと思います。
・・・その「中身は」ってあたりが如何にもスバルですよねえ(苦笑

追記・・・
そうそう、忘れていました。
このクルマから電磁式パーキングブレーキが採用されて、サイドブレーキのレバーがこれもボタン一個になったのですが、これが右手にあるため、どうにも違和感を感じます。
毎回、停車後にシフトをニュートラルに戻した後、無意識に左手でサイドブレーキをまさぐっていますよ。
まあ、別にサイドブレーキを引っ張って遊ぶなんてことは出来ませんし(そういや、亭主が昔やってたなあ^^;;)、いずれは慣れるものだとは思いますが、身体に刷り込まれた習慣というのは相当根強いものだと実感しましたです。
そうは言っても、電磁式パーキングブレーキは坂道発進がラクチンになったとか、個人的にはメリットの方が大きいかな(^^;;
by kawasaki-marins | 2009-08-15 15:28 | 日々雑事

命名「あめお」、んでもって2100km走破

お盆休みの亭主実家への帰省から、先ほど帰宅いたしました。
帰路は宮崎から大阪までフェリーを使ったものの、往復でおよそ2100km、走りましたよ、いやはや。

自宅を8/8(土)夜中の11時頃に出発、往路は、東名川崎からひたすら西へ。
午前3時頃でしたか、暗いうちに名古屋で湾岸に出て「名港トリトン」を渡り、新名神(かな?)で大阪方面へ向かいました。
午前5時に吹田JCT、と目標通りにたどり着いたものの、ここはどうしても混むのですな、渋滞にハマりぬけたのが朝の6時過ぎでした。西宮でいったん給油し「ここで明石海峡大橋を渡るともれなく大鳴門橋も渡れるキャンペーン」(なんじゃそりゃ^^;)を勝手に開催して一旦南下。

明石を渡ったのが朝の7時過ぎごろ。さすが世界一。工事中には一回見学に来たことがあったのですが、完成するとまた違いますね。
雨が降り出す中、今度は四国の瀬戸内側を西へ。9時頃でしたか、津田の松原SAで憧れの讃岐うどんで朝ご飯にし、今度は瀬戸大橋で再び本州へ。この辺から雨が激しくなってきましたよ・・途中事故渋滞もあったりして、思いのほか四国経由が時間を喰っちゃいました。

岡山に渡り、再び西行。しかし、この辺から雨が激しくなってきました・・・とほほ。
レガシィでの遠出は2回目ですが、ずっと雨に祟られている感じ。ということで、青レガシィの名前は「あめお」に決まりましたです(苦笑)
なんてしょーもない話をしているどころではなかったのですが・・後でニュースで見ましたが、この雨の被害はひどかったそうですね。

雨の中、広島あたりで若干混みましたがほとんどスルーで下関、壇ノ浦ではようやく晴れてきて、壇ノ浦PAからは関門橋を堪能いたしましたです。ここで本州に別れを告げていざ九州にタイヤを踏み入れましたよ。
しかし、九州でも福岡ICから太宰府ICまでが土砂崩れの影響で通行止めということで、カーナビさんは福岡高速を迂回しろとおっしゃいます。
最近のカーナビは凄いですねー、どのレーンを走れば良いかも指示してくれるので楽ちんです。でもそのかわり、ドコをどう走って迂回したのか全然わかっていませんでした(苦笑)
なんだか、福岡空港の近くを通ってましたよ?

当初、出発時は午後4時頃に久留米着と予測していましたが、四国をまわって予測は2時間ずれ込み午後6時頃の予測。そしてほぼその予測通りに6時過ぎに久留米在住の亭主の弟くん宅に転がり込みます。カーナビもたいしたものですね。

ここまで、まあ四国に渡ったりして余計に走ってはいますがおよそ1200km、19時間を亭主と二人で走り抜きました。二人で運転だとラクチンです、っていうか一人じゃ不可能ですよ(^^;;
私が700km、亭主が500kmくらいかな、でも吹田の渋滞を亭主が運転したのでまあ、半々という感じでしょうか。この間、娘たちは後部座席でほとんど眠っていたような・・・(^^;;
車酔いする子たちなので、その方が楽なんですけどね(^^;;;

ここで一泊させてもらって、翌日月曜は2台でつるんで宮崎まで。
宮崎までは230kmくらいですか、1200km走った翌日ですからこんなの一息でしたね(笑)
お天気も良くなって、ゴキゲンドライブ日和でした。

途中、煽ってきたアコードワゴンにちょっかいかけかえす私って・・・すいません。でも、ちょっと気分良かったです。何をどうしたかは聞かないでください(^^;;

しかし、宮崎まで1500km近くを走ってきたわけですが、まあ、途中までは暗かったし、交代で寝てた部分もありますが、新型レガシィを一台も見ませんでしたね。プリウスはそれこそ、嫌というほど見ましたが・・・やっぱり売れてないのかなあ、新型レガシィ。
特に山陽道あたりではスバル車なんてほんとうにいませんでした。この辺さすがマツダのホーム、マツダ車が実に多かったです。で、九州に入るとまたスバルも見かけるようにはなるのですが、西に行くほどスバル率(なんじゃそりゃ^^;)は下がる感じでした。
おそらくは、瀬戸内のように降雪が少ない地域では特に4WDという需要も無いんだろうなあ、なんて思ってみたり。
いやいや、もしかしたら工場(群馬県)から近い順に納車されてたりして(そんなワケはありませんね^^;;)

結局、亭主の実家滞在中は、弟くんのセレナで移動することがほとんどで、ジジババ一緒に動く時だけ2台体制だったわけで、ほとんど距離は伸びませんでした。
しかし、レガシィに慣れてしまうと、正直ワンボックスはちょっと怖かったです。結構ハードな足回りで踏ん張りも効く感じのクルマでしたし、運転は実に丁寧でもあるのですが、それでもかなりロールしますものね、さすがに。

で、復路は8/13(木)の午後7時発のフェリーで宮崎港から大阪港まで移動し、大阪港を翌日14日(今日ですね)朝8時ごろ出発、ここもナビ頼りで阪神高速を抜けて、東名は上り線はまだ通行止めということもあり、中央道で帰って来ました。
帰りもやはり吹田が混みました。さらに京都もずっと混んでてなんだかんだと彦根の手前あたりまで断続的にずるずると渋滞・・ここが結構キツかったですね。結局午前中いっぱいかかってしまいました。それでも滋賀を抜けるとすいすいと山梨まで。
笹子トンネルをアタマに10kmほどと、小仏トンネルをアタマに10kmあまりの渋滞がありましたが、まあ、いつものこと・・でもちょっと疲れも出てきてしんどかったなあ。
ハンドルを握りつつ「トンネルにビビってるんじゃねえー、へなちょこめ!」と、ワケのわからない悪態をつくロクデナシの母でごめん、娘たちよ・・・

まあ、八王子からこっちはすいすいで、なんだかんだ午後6時頃には帰宅。クルマだと思って焼酎を大量に買い込んだりと、大荷物を降ろして落ち着く頃には既にナイターも始まっていました。
・・負けてるし(泣)
ということで復路は大阪から550kmを10時間。渋滞が長かった分キツかったですね。

往復トリップメーターで2100kmの燃費は、燃費系で12km/Lとなっていました。まあ、4人乗車の荷物満載で2.5Lターボエンジンだと思えば立派な燃費ではないでしょうか。
・・・街中だと愕然と落ちるんですけど(泣)

とりあえずルートの覚えですんで、細かい感想はまた後で・・・
by kawasaki-marins | 2009-08-14 20:32 | 日々雑事

どうすんべえ

まもなく彦根。
東名は通行止め、中央道は混むだろうなあ、いっそ北陸まわるか、ってど
うするねん(似非関西人^^;)
by kawasaki-marins | 2009-08-14 11:27 | 日々雑事

そうですか

3-2だの、0-1だのって、私がみてないと思って厳しい試合をしてるじゃあありませんか。
コバヒロ堂々の完投負けって・・・
見たかったですよ。

ああ、もうーっ!
by kawasaki-marins | 2009-08-11 21:52 | マリーンズ2009

さらにグランド・ツーリング

まさしくイノベーションです。
東名川崎から、実に1200km、現在、福岡県久留米市の親戚宅です。
何を思ったか、途中四国を経由して、日本の名だたる長大橋を通過し、
せっかくなので讃岐うどんも食してまいりました。

でも、結構走れてしまうものですね。
明日は宮崎に向かいます。

これぞ日本のグランド・ツーリングです。
by kawasaki-marins | 2009-08-09 23:21 | 日々雑事

讃岐うどん!

e0095468_901546.jpg

by kawasaki-marins | 2009-08-09 09:00 | 日々雑事

明石海峡

e0095468_7101848.jpg

by kawasaki-marins | 2009-08-09 07:10 | 日々雑事

ほらほら、大阪夏の陣!

対 オリックスバファローズ 14回戦[M 3勝11敗] M 6 - 2 M (大阪D)
勝/内[2勝1S] 負/香月[2勝3敗]
HR/ローズ[12号]

今日は午前中からランちゃんを実家に預けに行って、その帰りに買い物をしてきたりしていたら、試合を見られたのは8回からでした。
晋吾の力投が見られなかったのは残念でしたが、勝ち越しの美味しいシーンを見られたから良かったかな。

なにより、2死ランナーなしの状態から塀ちゃんが打ったのが最高です!
ま、まあ、ある意味プレッシャーのないシーンではありましたが(^^;;
ツヨが出てたけど、今日のヒーローインタビューでも良かったくらいですよ。
塀ちゃんも覚醒してきたのかしらん?

ということで、今晩から「グランドツーリング」な我が家です。ちょっと仮眠とりますんでこんなもんで。
by kawasaki-marins | 2009-08-08 19:11 | マリーンズ2009

秋の気配・・・はまだですが

気がつけば8月、ということで来月は9月(当たり前だ^^;)、いよいよXリーグも開幕が迫ってきましたよ。

今年は9月2日(水)に東京ドームにて、富士通×IBM(セントラル)の好カードで開幕です。
翌日はおなじく東京ドームで アサヒビール×オール三菱(イースト)。

平日ナイターなので、時間的にちょっと厳しいですが、きっと録画中継くらいあるでしょう、と期待しています。
やっぱり、ここにオークス、というかライズがいればなあ、という思いは否めませんが、今年も熱い闘いを見せてくれると期待していますよ。

ところで、今年はなんと!!
1試合だけなんですが、マリンでも試合があるんですよ。

9月4日(金)のオービック×日本ユニシスです。

お近くで興味のある方はどうぞ行ってみてくださいな。19時開始ということですので終わるのはちょっと遅くなっちゃうかもしれませんが、金曜ですし、私も行くつもり十分です!
ちなみに、オービックのホーム(練習場)は習志野ですので、ある意味ホームゲームですね。

我らがライズの属するX3については、まだ日程は発表されていないようですが(あ、今月号のタッチダウンまだ買ってないや^^;;)リーグ戦の前にかなり気になる試合が組まれていますよ。

相模原ライズ×在日米軍チーム

8月29日(土)14:00 於:相模原麻溝公園競技場

在日米軍ってのがどれほどのものか分かりませんが、決して弱くはなさそうですよ。
これも行きたいなあ。ってか、行きますよ。

え。マリーンズはどうした、って・・・(^^;;;
by kawasaki-marins | 2009-08-07 22:53 | アメフト2009
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル