日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:09vsホークス ( 21 ) タグの人気記事

虹の彼方へ!

対 福岡ソフトバンクホークス 11回戦 [M 5勝6敗] H 9 - 8 M (千葉マリン)
勝/ファルケンボーグ[5勝1S] S/馬原[3勝1敗17S] 負/伊藤[2勝4敗]
HR/大松[11号] 里崎[6号] 小久保[9号] 松中[15号]

対 福岡ソフトバンクホークス 12回戦 [M 6勝6敗] H 1 - 3 H (千葉マリン)
勝/小野[6勝4敗] S/シコースキー[5勝4敗4S] 負/ホールトン[7勝4敗]
HR/西岡[7号] 福浦[2号]

いやー、なんかこの所仕事も忙しかったし週末もなんか緊張が続いて(大げさ^^;;)、午後はすっかりお昼寝してしまいました。
気がつけば既に夕方、今日はナイターだっけ、とボケーっとしていたらあれれ、既に5回ですって。
西岡の先頭打者ホームラン(もちろんソロ)と、福浦師のツーランで3点を取っていたらしく、1-3とマリーンズが勝っていますよ、よしよし。
先発はサンデー晋吾とホールトン。

今シーズンは晋吾が頑張っていますからね、期待して見ていましょう。
と、我が家の周囲では突然に夕立です。あわわわ、と慌てて洗濯物を取り込むと東の空には大きな虹が見えました。なんか幸先いいような気がしてきましたら、なんとマリンでも虹!
テレビで見ていましたら、夕焼けと虹がなんとも幻想的な雰囲気・・応援も試合の中盤だというのに「虹の彼方に」を歌っていましたね。

さて、その晋吾ですが6回に2死から松中、小久保、多村とクリーンナップ3人に3連打でマウンドを降ります。2死満塁で長谷川というシーンでマウンドに上がったのは本日一軍登録の松本。オールスターを挟むので、先発の唐川に代えてあがって来たわけですね。そういえば昨日もハシケンがあがってきていたそうですね。
長谷川に粘られながらも、最後表情がアップになった時の気合いのあふれた顔つき。
気合いは負けてないぞ!と思ったその瞬間、キッチリとピッチャーゴロに仕留める松本でした。
ここは良かったですね。この人はそれほどコントロールが良いワケでもなさそうですので、やはり気合いと勢いがなくてはいけません。うん。
本当は、今日のお立ち台でも良かったくらいですよ。

この後は、内→川﨑→ブライアンと繋いでなんとか逃げ切り。
打線は、ホールトンの緩急にしてやられていましたね。それでも脚を絡めて行こうという意志を感じられた試合だったと思います。っていうか西岡が2回刺されてるんですって??うーん、この人なんかキャラ変わってきたなあ。
それよりも、竹原の2盗、3盗を見たかったです。竹原も案外と脚があるんですから、ぶっ飛ばすだけじゃなくてそういう方向も意識したらいい選手になると思うんですよ、あと守備も練習すれば上手くなる雰囲気ありますし。バランスが取れつつパワーもある、いい選手になると思うんだけどなあ。大松と張り合いたい気持ちは分かりますけどね・・・

ということで、微妙ながらも良い試合だったんじゃないかと思いつつ、昨日の負けた試合を見ていなかったので気分はカード全勝です。
明日から札幌の三連戦でオールスター休みということで、何とか苦手なファイターズに一泡吹かせて帰ってきてほしいと思うのみ。

そういえば、ブライアンがオールスターに選出されているんですよね。
それも楽しみです(^-^
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-19 20:26 | マリーンズ2009 | Comments(0)

なんだ、もう終わり?・・・と強がってみる(^^;;

対 福岡ソフトバンクホークス 10回戦 [M 5勝5敗] H 3 - 7 M (千葉マリン)
勝/小林(宏)[2勝7敗] 負/ジャマーノ[4勝1敗]
HR/バーナムJr.[3号]

今日のコバヒロ、良かったじゃありませんか!
序盤こそ微妙なところもありましたが、それでもいい組み立てで投げられたと思います。今日のスタメンマスクがタスクってことで、どうなのかしらんと思ったのですが、そうなるとアレなのは実はサトなのかしらん???

初回の1失点は見ていませんでしたが3回表、なんかひとつも打たれていないのにあれあれと2失点。今日もコバヒロだめかあ・・・と見ていたのですが、なんのなんの。
その裏、1死から西岡、今江と連打で出塁、井口が四球を選んで1死満塁とすると、大松の「やべっ!
」なセカンドゴロの間に1点。ゲッツーにならなくて良かったです。
さらにサブロー、タスクと連続タイムリーで同点に追いつきましたよ。
タスクの流し打ちタイムリーなんか、遠目に見ていて「上手い!」と思わず出てしまいましたね。

振り出しに戻って、4,5回と両投手が粘りますが、6回裏、ヒットで出塁のタスクを送るとバーナムJr.の打球はグイグイと伸びてライトスタンドへ!
おおー、やっぱこの人もプロ野球選手なんですねえ、と妙に感心のホームランでした。
でも、いいタイミングの追加点です。
なんか、今日はいい感じ。勝てる・・・かな?という気がしてきましたよ。

7回は、代わった三瀬から内野安打で出塁の井口が、ワイルドピッチの間に三塁まで進むと、タスクに代わって登場のサトが大きな犠牲フライ。もうちょっとでスタンドインでしたが、ここは犠牲フライで良かったのかも。いろんな意味で(^^;;
さらに8回はホークス期待のルーキーというキムが登場ですが、先頭のバーナムJr.が四球を選ぶと即
代打早坂、代走早川で揺さぶりをかけます。早坂のバントこそ失敗しましたが、部長が盗塁で2塁に進むと、2死ながら今江が右中間まっぷたつのタイムリー。いいですねー、こういう形。

最後はブライアンが迫力の三者凡退で締めて、連敗は7コでストップ。
二桁覚悟してましたからね、なんか拍子抜け・・・おっと違う違う、嬉しいですよ。
ベンチでも選手の表情が数段明るくなっていたのが嬉しいなあ。

今シーズン、ここまでとにかくファイターズとバファローズなんですよね。
他のチームとはそこそこ互角に渡り合っているのに、何でなのかしらん・・・苦手意識なのかなんなのか。やっぱりメンタルの問題が大きいんでしょうかねえ、いろんな意味で・・

ま、まあ、とにかく勝てたのは嬉しい。うん。
明日もぜひ、こういう形で勝っていただきたいと切実に思う次第です。唐川くんに少し楽をさせてあげようよ。せめて楽な気持ちで投げさせてあげたいなあと思う私なのでした。

あーでもとにかく勝てて嬉しい。
嬉しいったら嬉しい・・・って、はっ!
この嬉しさって、弱っちい時代のロッテを思い出してしまいますよ???いいのかしらん、それで???
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-17 22:47 | マリーンズ2009 | Comments(0)

一瞬で負け

対 福岡ソフトバンクホークス 9回戦 [M 4勝5敗] M 4 - 5x H (福岡D)
勝/ファルケンボーグ[1勝] 負/荻野[1勝1敗4S]
HR/サブロー[6号] 長谷川[1号] 田上[5号]

あー、やっちゃいました。
9回裏4-2でマリーンズが2点をリード、マウンドには荻野。
なんかね、落ち着きが無いなあとは思ったんですよ。分かりやすいですよね、この人。

先頭の小久保の当たりは打取った当たりではあるものの、ショート難しい位置へ、西岡の送球間に合わず内野安打。続く長谷川の打席に2ボール先行してストライクをとりに行った球をライトスタンドへ・・・

一瞬でコバヒロの勝ちが無くなりました。

そして、続く田上の初球、打ち上げたかと思われた当たりはレフトスタンドギリギリに飛び込むサヨナラホームラン。

あああ・・・・
途中降板とはいえ、キッチリと投げたコバヒロに勝ちをつけてあげたかったです。今期初勝利行けると思ったんだけどなあ。荻野くんはコバヒロにごはんでもおごっとくように。

さて、そのコバヒロですが、今日はしっかり低めを意識して投げていたと思います。表情も力強く、今年はしっかりやってくれる、と思うのですが、なかなか勝ちに恵まれませんね・・そういえば、ここまで投壊とか言われて忘れられていましたが、今年の見殺され当番ってもしやコバヒロでは???
7回途中でマウンドを降りることになりましたが、また脚に来ていた感じ。これはちょっと気になりますね。まあ、7回投げてくれれば十分ですよ。しっかり水分とミネラル分を補給しておいてください。

なんか、あっけなさすぎて、負けた実感がわきませんよ。

攻撃陣は、サブちゃんのツーランとか福浦師の猛打賞2点タイムリーとか、早坂・西岡の盗塁とかいい感じだったと思います。今日は井口が抑えられてしまっていましたが、ま、こんな日もありますって。

さ、明日からまたマリンに戻って、交流戦前の最終カードのライオンズ戦ですね・・・って、いきなり涌井ですか。
打てるかなあ(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-05-14 21:05 | マリーンズ2009 | Comments(6)

若武者

対 福岡ソフトバンクホークス 8回戦 [M 4勝4敗] M 7 - 0 H (北九州)
勝/大嶺[2勝1敗] 負/大隣[1勝3敗]
HR/井口[9号] 西岡[4号] 竹原[1号] ベニー[3号] 福浦[1号]

いやあ、打ちましたね、大きいのばっかり。明日が心配になる私って(^^;;
それはともかく、若武者がボビーの誕生日にやってくれました。
大嶺がプロ3年目で初完投初完封。今日は、非常に力強く安定したピッチングを見せてくれました。前回の、すっぽ抜けーの、高めに浮きーの、ピッチングとはまるで別人です。っていうか、前回がたまたま悪かっただけですよね、今年ここまで、勝ち星こそ少ないですがよく頑張ってくれていますよ、ホントに。

帰り道にちょっとスーパーによって買い物をしてきましたが、帰宅して、3回の西岡のホームランは見ましたよ。てっきり三塁側切れたかと思ったのですが、ちゃっかりスタンドに入っていました。さらに、本日2番の竹原がいつの間にかホームラン。おおー2者連続とはスゴいじゃありませんか。
2回表には井口のソロがあったので、これで4-0と、序盤に大きなリードです。

4,5回とランナーを出しますが無得点。しかし6回はベニーのソロ、さらに7回は福浦師が今期1号のソロで6-0と試合を決定付けます。
っていうか、北九州ってこともありますが、ここまで得点がすべてホームランってのはなんかスゴいですね。
結局、8回の今江のタイムリーだけですか、ホームランじゃない得点は。ま、たまにはこういうこともあっても・・・うーん、やっぱり明日が心配だ(^^;;

と、それはともかく、今日は大量の援護点をもらって、大嶺もテンポ良くすいすい投げます。
4回の2死2,3塁でオーティズを迎えたところは痺れました。オーティズもあの超一級のスピードのスイングで捉えにきますが、ギリギリでファール、最後はバットの先っぽに外してレフトフライに打取りました。この時の大嶺くんの表情は勝負師の表情になっていましたね。さすが男の子です。
この後も力のあるストレートと変化球のコンビネーションがうまく決まって、ランナーを出しても後をしっかり抑えます。
ちょっとストレートの奔放さがなりを潜めてしまった感はありましたが、その分安定感が増したということも言えると思います。どういう方向に進むのか、まだまだ未知数な部分も多いぶん、いわゆる「底を見せていない」魅力には抗いがたいものがありますね。

7回を投げてまだ100球に届かないと言う省エネピッチで、8,9回と続投。もちろん、完封が見えてきていますもの・・・しかし、その分、昨日の連続劇場よりもドキドキしました。
9回裏、代打城所をファーストゴロに打取るも、続く小斉に初球をセンター前。しかし、今日は割とタイミングがあっていた長谷川を三振に仕留めます。この三振もシビレましたが、最後、迎えるバッターはオーティズ。いやもう、ドキドキ最高潮です。
この打席もオー様粘りますが、フルカウントから変化球をひっかけさせてショートゴロ、大嶺くん、見事ボビーの誕生日を初完投初完封で飾ることができたのでした。

なんだかんだ言いながらも、チームもまとまってきている感じがしてきましたよ。うん。
投打噛み合うって大切です。歯の噛み合わせも大切です。
で、めでたく久しぶりの最下位脱出なんですって。いやー、なんかスゴく目出度いですね。

明日はコバヒロ、先発陣最後の白星を自力で勝ち取ってほしいです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-05-13 21:16 | マリーンズ2009 | Comments(0)

成瀬リベンジ!

対 福岡ソフトバンクホークス 7回戦 [M 3勝4敗] M 2 - 1 H (福岡D)
勝/成瀬[2勝1敗] S/荻野[1勝4S] 負/ホールトン[2勝3敗]
HR/井口[8号]

いやあ、良い試合でした。
成瀬よかったよお。にゃあ兄ちゃん、弟たちに良い刺激を受けているようです。
他所だもんで、試合開始は18時、初回に福浦のヒットから井口がタイムリーで1点を先取して、なにやらいい感じです。
帰宅すると2回裏、ランナーを1人置いて長谷川の打席。バタバタとしている間にありゃりゃ、オーティズのタイムリーで1-1の同点に追いつかれてしまいました。

しかし、今日の成瀬はスゴかったですよ。
まあ、ストレートやスライダーがキレてること。びしばしとストライクが入って、ホイホイと三振を奪って行きます。デビューしたころの成瀬を思い出しましたね。そういえばデビュー戦もかなり三振とってなかったかしらん?こりゃスゴいコが出てきたとビックリしたものです。
もう、ひとつも打たれる気がしませんでしたもの。ホークス打線を面白いように手玉に取って行きます。なんと5回まで毎回の10奪三振。

ウチの打線がホイホイ手玉にとられるのはしょっちゅう見ている気がしますが、こうやって手玉に取るのはいや増して気分がいいもんですね。
すると6回表、井口が、ホークス先発ホールトンの投球を完璧に捉えてライトスタンドギリギリに飛び込むソロホームランとなり2-1と勝ち越しましたよ。

この後も、成瀬は気を抜くことなく、6,7回をさらに3奪三振を追加して結局7回を1失点に抑えます。
これで無失点だったら、完封も狙ってもっと投げさせたんでしょうけど、今日はここまで。109球、キッチリ投げきりました。

もう、今日は成瀬と井口に尽きます。ふたりで勝ったようなもんですね。
他の人は・・・次のためにチャージしてるんですよ、多分(^^;;

8回をブライアンがランナー1人を出して松中にまわし、プチ劇場を披露すると、9回は荻野が・・・というよりは途中交代で守備に着いていた今江劇場なんですが、2人のランナーをだしてもっとサスペンス劇場を披露してくれます。
もう、成瀬完投でよかったんじゃね?とか思うのは人情ですよね(汗

劇場を含めて、見応えのある良い試合でしたよ。

ということで、明日は大嶺と大隣ですって。
多分、明日は大隣に仕返しされるから(をーい)、せめて大嶺くんに頑張ってもらわねば!
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-05-12 21:21 | マリーンズ2009 | Comments(2)

オーティズが教えてくれた・・・かも

対 福岡ソフトバンクホークス 6回戦 [M 2勝4敗] M 2 - 7 H (福岡D)
勝/杉内[3勝1敗] 負/成瀬[1勝1敗]
HR/サブロー[5号] ランビン[1号]

昨日、勝ったり負けたりって書いたからって、今日負けることもないのになあ、なんて思ってみたり。
実は、午前中から買い物に出かけたりしてたので、あんまり落ち着いてみていられませんでした。
しばらく前に、勤務先で話題になっていた「コメダ珈琲店」なのですが、実は結構我が家の近所にがあるということを某所で教えてもらって、これは行ってみたいなあと。
さっそく行って、ウワサの「シロノワール」を食べてきましたよ。
ほかほかのクロワッサン生地のデニッシュパンにソフトクリームが乗って、さらにメイプルシロップをかけて食べます。食べ初めての前半は見た目よりもあっさり、後半にかけて溶けたソフトクリームとシロップをたっぷりしみ込ませていただくのがまた、甘いの好きな私にはたまりませんでした。うん、結構近場だしこれは時々行きたいですね。

それから、スポーツ用品店にまわり、グローブ買っちゃいました(^^;;
いえ、セールの安物なんですけどね。キャッチボールする相手もないので、亭主、あるいは姉娘と一緒にできるように2コ買っちゃいました(^^;;;
でね、2コ分の値段で「TSUYOSHI」モデルがあったんですよ。まあ、へたくそがそんなの使ってるのも気恥ずかしいので買えませんでしたけどね。ちょっと気になりました。

e0095468_1872244.jpg


ということで、これからはマリンに行く時もマイグラブ持参ですよ・・・っても、ボールが飛んできたことなんていままでありませんでしたけどね。それ以前に飛んできてもキャッチできるかどうかという問題が(自爆

で、そんな買い物の帰り道のクルマの中で携帯パラパラ中継で福岡ドーム。
ですが、ホークス先発の杉内がイマイチのようですが、それ以上になる坊がダメっぽいです・・・うーん、簡単に捉えられているところを見ると、球のキレがないのでしょうか。

2回表、先頭のサブローが5号となるソロホームランで1点先制すると、続くサト、竹原と連続四球で無死1,2塁とチャンスを作ります。しかし、今江が送りバントを失敗の挙句三振、福岡では評価が高いらしいランビンも内野ゴロでセカンドアウト、先頭に戻って、初回はヒットのベニーちゃんも四球を選んで2死満塁となりますが、福浦師匠の当たりは惜しくもセカンドゴロ・・・うーん、ロッテ野球全開です。

この後、それでもなる坊が粘れれば良かったんですが、2回の裏にあっさりと連打で1点を献上。オーティズのこの張切りようは、日本に戻ってきてよっぽど嬉しいんでしょうかね・・・まったくどうして放出しちゃったのかなー、セカンドだったら無難に守備もこなせるし、こうやってサードでも微妙ながらなんとかやってるじゃないですか。昨年は、ファーストオーちゃんの微妙すぎる守備も見ましたけどね。

この後も、まあ、よく打たれること。
京都で天皇賞がある競馬と切り替えつつ見ていたのですが、見るとなんだかホークスの攻撃ばっかりでしたよ。まったくもう。
なる坊がパカパカ打たれ、その後コミさんが打たれ、結局7点を献上。

マリーンズは途中ランビンのソロで1点返したそうですが、そこは見なかったなあ。
ランビンの開眼か、あるいは福岡限定なのか、次のカードで真価が試されそうですね。

結局アッサリと2-7でひねられてしまいましたとさ。っていうか2回の攻撃で、サブちゃんのソロ以外に点が取れていないところでもうアレですよ。って、えっ、もらった満塁で点をとっちゃわるいって、そんな奥ゆかしいチームでしたっけ??

あまりのふがいなさに、試合終了後、さっそくグローブを持ってキャッチボール。まだ、革が少々硬いですが、それでも「すぐ使える」とかなんとか札がついていた安物グローブ、なんとか使えました。でも、型が決まるまではちょっとかかるかなあ。
グローブを買って、なんだかちょっと嬉しかったりする私ですよ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-05-03 18:08 | マリーンズ2009 | Comments(4)

祝・福浦師匠1500本安打

対 福岡ソフトバンクホークス 5回戦 [M 2勝3敗] M 9 - 4 H (福岡D)
勝/唐川[2勝2敗] 負/新垣[1敗]
HR/オーティズ[2号] 西岡[2号] 井口[5号]

いやん、メモリアルでも勝てるんですね。
今日は、福浦師匠の1500本安打メモリアルになりました。1500本目は、8回、センターオーバーのツーベース、タイムリーになり2点をゲット。この回一気に5点をあげ、そこまで4-3と緊迫の試合を一気に決めたイニングとなりました。

1500本とひとくちにいいますが、ここまでケガとつきあいながら達成した記録には重みがあります。師匠には、ぜひともこの上、2000本安打も達成してもらいたいですね。

さて、試合ですが、今日はマリーンズが唐川、ホークスが新垣の先発。
今日も新垣のスライダーはドコに来るのか分かりません。相変わらずキレはスゴいです。1番根元凡退の後、福浦が死球で出塁しますが、後が続かず。

その裏、唐川はいきなり先頭の本多に死球を与えてしまいます。足もとに当ったようですが、当りどころが悪かったらしく本多はそのまま交代、森本が代走で出場となります。本多はその後病院に行ったということですが、ちょっと心配です。ゴリちゃんみたいなこともありますからね・・・
しかし、こちらも後続を断ち無失点に抑えます。
でも、なんかちょっと球数が多いような気がするので心配です。

2回表、先頭の大松が昨日のヒットに引き続き、きれいに左中間へツーベースで出塁するとサブローが四球を選び無死1,2塁とチャンス。タスクがタイムリーで1点を先取、なお無死1,3塁とチャンス・・・なんですが、バーナムJr.、今江と凡退で1点だけ・・・唐川くん、がっかりしないでね、これがロッテ野球なの、とテレビの前でゴメンナサイな私でした(^^;

するとその裏、オーティズにソロを被弾。相変わらず打球はスゴいスピードです・・・なんで出したかなあ、ホントにもう。
さらに4回もオーティズのツーベースから、さらに柴原にタイムリーツーベースで逆転されてしまいます。それでも、この回も1点でしのぐ当たりは立派です。

調子はそれほど良くなさそうな唐川に援護があったのは5回。1死から福浦が、自身通算1499本となるヒットで出塁すると、西岡が振り抜いた当たりが伸びてライトスタンド最前列に飛び込むツーランとなります。映像を見てたら、途中で柴原が捕球しそうな姿勢を見せるもので、あれれ?と一瞬ビックリしましたよ。実況席も騙されてホームランだと思わなかったみたい。入った瞬間も「え?」ってなもんでしたよ。
さらに続く井口が今度はレフトスタンドに叩き込み、右へ左へと連続ホームラン!渚がっくりでしょう。
しかし、大松はここでちょっと力んでしまったかなあ。ホームラン打ちたい気持ちが大きすぎたようです(汗
結局、大松、サブローと凡退でしたが、この回3点を追加し4-3と逆転しましたよ。

6回表、追加点がほしいマリーンズ打線ですが、調子が出てきたっぽい渚の前に三者凡退・・・
その裏、唐川はヒットを許しながらもなんとか併殺をとってしのぎます。

7回からは両チーム継投策に出ます。
ホークス二番手、左腕の神内を見て、根元に代えて竹原を代打に送りますが、竹原見逃し三振。最後のストライクはちょっと不運だったかも・・・福浦、西岡と打取られ三者凡退。今日の西岡は5打席中3三振1本塁打って、なんかキャラが違いますが。
マリーンズは7回から伊藤をマウンドに送ります。
こちらも、2死から松中を四球で歩かせはしますが無失点に抑えます。

そして8回表、先頭の井口がヒットで出塁したところでホークスのマウンドは久米に代わります。ちょっと苦手かも、と思いながら見ていましたがなんのなんの。大松の良い当りは野手真正面のショートライナー、不運でしたが、続くサブローがライト前にヒット、タスクが四球を選んで1死満塁となったところでホークスは久米に代えて水田がマウンドに上がります。

そういえばいつの間にかバーナムに代わってセンターに入っていた早川が内野フライに倒れて2死。
そして打席には、昨年、水田からの死球で骨折の憂き目をみた今江。敵を討っちゃえ!なんて言いつつ(もちろんタイムリーってことですよ、ピッチャー返しでぶつけちゃえなんて思ってませんから^^;;)見ていましたが、引っ張った当たりをサード・オーティズが抑えます・・・反射神経は刺すが、と思った刹那、送球の体勢を崩して悪送球、1ヒット1エラーでその間2者生還、6-3と差を広げます。ま、これで納得したと思うなよ、というところで(執念深いかな^^;;)
打順は1番に帰って、福岡ではやたらと評判がいいランビンがライト前にタイムリーで7-3、そして福浦師匠が1500本目のメモリアルとなるヒットをタイムリーツーベースで飾り9-3と突き放します。

で、ここまで見て、歯医者さんの時間。安心してテレビの前を離れることができましたよ、良かったです。
結局この後はブライアン-荻野と繋いで、荻野が1失点だったのかしらん?9-4とめでたく勝利となったわけですね。
8回の打線の繋がったのが良かったですねー。連続ホームランも嬉しかったですが、やっぱりこうして打線が繋がると気分が良いです。
序盤は残塁が多くてちょっと不安でしたもの。

まあ、GWの9連戦、こうやってなんとか勝ったり負けたりでしのげれば上等じゃないかしらん。
もう、最近では順位表とかまともに見てないし(苦笑)
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-05-02 18:48 | Comments(2)

最終兵器発動せず

対 福岡ソフトバンクホークス 4回戦 [M 1勝3敗] M 2 - 6 H (福岡D)
勝/和田[2勝2敗] 負/小野[1勝2敗]
HR/松中[7,8号]

移動ゲームはやっぱりキツいですよね。しょうがないかな・・・とか思ってみたりしているのですが、松中に5打点稼がせてしまったのが厳しかったです。だって、松中がいなけりゃ勝ててないかい?って、そんなに単純な話ではありませんけどね。

先発はマリーンズが晋吾、ホークスが和田、ということで対和田最終兵器・竹原が5番と言うスタメンでしたが、なんか昨日感じた不安が的中。竹原の調子は下降線に入ってしまったのかもしれません。っていうか、無茶振りしすぎですってば。

初回にムネリンがヒットで出塁すると、松中の当たりはレフトスタンドへ・・いきなり晋吾やっちゃいました。今日の内野陣が不安だったのかも・・・ファーストがバーナムJr.、セカンドがランビンと微妙なメンバーのような気が(^^;;
とはいえ、球も真ん中辺に集まってちょっと甘く入っていたことも確かです。

それでも、序盤は和田もあまり調子がいいようには見えませんでしたが、2回のランビンのタイムリーの1点だけに留まります。しかし、このタイムリーと、この後ツーベースなんて打っちゃったもんだから今日の実況席ではランビンは良いバッターということになってしまったようですよ。あ、福岡のオープン戦でホームランを打った印象も残っているのかもしれません。

しかし2回裏、1-2と1点を返した直後、2死まで簡単にとった後の高谷への死球でランナーを出すと、本多のフェンス直撃(っていうか行ったかと思いましたよ)のタイムリーツーベースで再び2点差とされてしまいます。

この後は徐々に両投手調子をあげてくるのか、と思わせましたが5回裏、先頭の本多がヒット、ムネリンの打席で盗塁を決めると今度はムネリンがショートへの内野安打で1,2塁。
で、松中が微妙な体勢ながら振り抜いた当たりはまっすぐにライトスタンドへ・・・

これでホークスの方も気が楽になってしまったようです。6回は先頭の井口こそ内野安打で出塁しますが、竹原、サブロー、サトと三者連続三振・・・とほほ。
この後は7回から継投策。7回に藤岡からランビンのツーベースとバーナムJr.のタイムリーで1点を返しますがそれだけ。
8回はファルケンボーグに完璧に抑えられ、9回は摂津にちょっとだけ劇場を披露させはしますが得点ならず。

まあ、なんていうかロッテでした。大松が最後の最後でヒットを打って、打率1割台に戻したのが救いかな。

ま、せっかく早く終わったので、今晩はゆっくり休んでくださいな、と、そういうことで(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-05-01 21:18 | マリーンズ2009 | Comments(0)

既に満身創痍

対 福岡ソフトバンクホークス 3回戦 [M 1勝2敗] H 12 - 5 M (千葉マリン)
勝/杉内[2勝] 負/小林(宏)[2敗]
HR/ベニー[1号] 小久保[2号]

日曜は出かけていましたので、野球の方は録画していました。
結果を知ってしまって見るのがツライんですけど・・・でも見ちゃう私ってば、「どM」ってやつですか。やばっ。

携帯でスタメンをチェックして「ナンじゃこりゃー」状態だったんですけどね。
 1番 CF 早川
 2番 LF 竹原
 3番 C 里崎
 4番 2B 井口
 5番RF サブロー
 6番 DH ベニー
 7番 3B 新里
 8番 1B バーナムJr.
 9番 SS 早坂

直行と入れ替わりで登録された新里がサードですって。この人、本来はキャッチャーですが、まあ、上がつかえているということもあり内野は一通りこなせるようになったそうです。ソコソコこなすらしいということですが・・・それはそれで苦労してるなあとも思いますね。
まあ、上と下の差があんまりないマリーンズではありますが、主力をこれだけ外してどうなることやら・・・

先発はマリーンズがコバヒロ、ホークスが杉内です。杉内と言えば、WBCでの好投の印象がばっちり残ってしまいましたね。あー、もう今年も打てないのかと、シーズン前からビビっていましたよ。コバヒロはというと・・・どうも、今年も調子が上がらない様子です。なんとか復活してもらわないことにはローテがガタガタになっちゃいますよ。

そのコバヒロ、髪を切って気合いを入れたのか、初回は三者凡退です。
とはいえ、見ていると何かこう踏み込みが浅いと言うんでしょうか、コバヒロっぽくありません。手投げとまでは言いませんが、なんか素人ながら微妙に違和感を感じるフォームなんですよね・・・フォームを変えているのかなあ?
微妙な違和感を引きずりつつ見ていると、早くも2回に捕まります。小久保をヒットで出してしまうと、続く長谷川に四球、田上と柴原に連続タイムリーで、無死のままあっさりと2点を献上です。
さらに送りバントの後再び四球で1死満塁とすると、内野ゴロの間に1点を追加、あっさりと3点を取られてしまいました。

おすぎ相手に3点は無理でしょ。
と、思っていたのですが。その裏、井口、サブローと連続ヒットの後、杉内&高谷の暴投で1点、さらにベニーちゃんのタイムリーでもう1点を追加、2点を返します。
この所ベニーちゃんが調子いいですね。ベニーちゃんが井口に見えてきました(笑)
新里凡退の後、続くバーナムJr.の微妙なバウンドの当たりは、バーナム必死に走って内野安打。鈍足と聞いていましたが、この必死の走りはなんか良いです。見れば見るほど・・・初芝に見えてくるのは何故(笑)

この後が続かず結局この回2点どまりでしたが、打線の反撃をみて気合いが入ったのか、3回を三者凡退に抑えるコバヒロ・・・ですが、やっぱり何とも言えない違和感を感じる私でした。見ててなんか不安なんですよね。

すると3回。とんでもないことが起こりましたよ。
本日なぜか2番の竹原が内野ゴロに倒れてしまいましたが、その際の送球が高く逸れ、ファーストの小久保がジャンプして捕球、改めてランナーにタッチに行った際ボールがこぼれてしまったのですよ。しかし、審判のジャッジは着地がベース上だったのでフォースアウトが成立、ということでアウトの宣言でした。

それを見たボビー、タッチに行ってボールがこぼれているんだからアウトとはなにごとかと抗議に飛び出してきます。うーむ、フォースアウトが成立と言われればそこまでではあるのですが・・・微妙ですよね。しかし、ボビーは喰い下がります。
時間制限(そんなのあったんですねー)でいったんはベンチに戻りますが、改めてベンチから出てきて再度抗議、これが審判への侮辱行為ということで退場ですって・・・あちゃー。
それでも意外だったのは、MLBの監督時代はしょっちゅう退場を喰らっていたと言うボビーですが、日本で退場になるのは初めてなんですって。そういえば確かにそうですね。
で、この後はツケヒゲ&サングラスでベンチに戻ってくるんですか(笑)

ボビーとしては、この所のベンチのムードを変えたかったのかもしれませんね。
4回表もなんとかコバヒロが無失点に抑えると、その裏、先頭のベニーがいきなりホームランをかっ飛ばしてくれます。最近ではめっきりホームランが減ってしまったベニーちゃんですが、ここ一番はやってくれるんですよ。
というか、なんか今日の杉内はイマイチっぽい感じ。ここでも制球に苦しみ、新里四球、バーナム
Jr.はまた死球です・・・この人、よく当りますね。でも、痛いそぶりも見せずに一塁へ向かうのはやはり必死なんでしょうね。
今日は早坂がきっちり送りバントを決めて(いや、だから無理にセーフティにしなくていいから^^;;)1死2,3塁、早川凡退も、久々スタメンの竹原が2点タイムリーを決めて逆転ですって!
よしよし、まずはレフティキラーからヨロシクですよ。

おすぎを打った〜!とゴキゲンでいられたのはしかし一瞬でした。
コバヒロ、踏んばれません。踏み込みがちょっと違うような気が・・・(それは違うか^^;

先頭の本多を歩かせてしまい、2盗を決められてしまってもうガタガタのコバヒロです。
もうね、今シーズン、こういうシーンでおどおどしたような表情、何度見たんでしょうか。コバヒロだけじゃなく、直行も・・・メンタルの部分なんでしょうかねえ。やっぱり球団内のゴタゴタが影響あるんでしょうか。本当に心配です。
結局、バッティングピッチャーのようにポコポコ簡単に打たれて4点を献上です。
あっさりと7-5と逆転されてしまいました(泣)

うーん、ボビー退場でいなくなってしまったせいか、この回ピッチャーの交代なし。
時期監督というニュースも出た西村ヘッドが監督代行というわけでしょうが、これは無いんじゃないの???と疑問符だらけの私でした。

5回裏は井口からの打順も無得点。
そして6回からは高木が登場です。
高木さん、6回と2/3を三振3個を含む好投、まさしく「仕事人」です。おばちゃん的には、同い年の選手がこれだけの成績を残してくれるということでなんだか嬉しくなりますね。
そして7回、2死1塁でさらに年長の小宮山が登場です。コミさん、ここはさくっと締めてなんとか反撃の糸口を・・・

と、思ったら7回裏からホークスは杉内にかえてファルケンボーグですって。
あちゃー、これダメですよ。
思った通り、あっさり抑えられてしまいました(泣)
だから、打てないってば、こういうピッチャー。これで流れは完全にむこうさんに行っちゃったのかもしれません・・・

8回、小宮山続投。これも微妙ではあるのですが、このシーンで投げるピッチャーがいないというのも事実なんですよね。困った困った・・・ということで、浦和あたりからひとつ、カンちゃんなんていかがでしょうかね、と思ってみたりするのですが。
先頭の柴原の打球に飛びついた早川ですが、失敗、ボールが転々とする間にサードまで陥れられてしまうと、コミさんも緊張の糸が切れたのか、高谷を歩かせ、森本にタイムリーです。
結局ここでコミさん降板、川崎ユースケに繋ぐのですが・・・三たび、ユースケ大炎上です。
松中の犠牲フライと、小久保にスリーラン、結局コミさんとユースケでこの回5点を献上でした・・・とほほ。

うーん、ユースケは春先に弱いだけなのか、それとも今年は立ち直るのか、さっぱり分かりません。困った困った・・・

さすがに7点差で試合は決まっちゃいました。
8回を摂津、9回を藤岡とホークスのリレーの前に抑えられてしまうマリーンズ打線なのでした。

これだけ先発陣が崩れると、中継ぎにも相当しわ寄せが来ていますね。高木さんがいくら鉄人とはいえ、そうそう毎日投げるわけにも行きませんし、コミさんだって、もっと年長ですよ。
もう、ここはやっぱりカンちゃんを使ってみるってのはどうでしょ。先発だって行けますよ、多分。

って、まだ4月だってのに、こんなに厳しいって、ホント今シーズンどうなっちゃうんでしょうか。打線は好調だと思っていたのに、ケガでぽろぽろと抜けて行くし。コレはコレで心配です。
なんとかひとつ、月末までには借金も返済お願いしたいんですけどねえ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-04-20 22:39 | マリーンズ2009 | Comments(0)

伊藤に星(でも、黒いのでした)

対 福岡ソフトバンクホークス 2回戦 [M 1勝1敗] H 7 - 4 M (千葉マリン)
勝/久米[1勝] S/馬原[2S] 負/伊藤[1敗]
HR/サブロー[4号] 井口[3号]

今日は思ったほど気温も上がらず、案外と過ごしやすい一日でした。
午前中は保育園の年度初頭の懇談会。今の園長が就任してはや8年目、就任当初は何をどうすればと滑りまくっていた園長の挨拶も、ここ数年は園長の人生をネタにした話題で会場爆笑の渦です。
やはり、人生にネタは重要ですな。(・・・なのか^^;;)

懇談会の後に食料品買い出しなどして帰宅、少し遅めのお昼を食べるとマリンの試合開始時間が迫ってきました。今日は、マリーンズが清水直行、ホークスが新垣渚です。渚は今年初登板ということで・・・この人は投げてみるまで分かりませんね。

初回の直行ですが、全然ストライクが入りません。あれよあれよと4点を取られてしまいます。な、なあにハンデだよ、って強がってみるものの、その裏の渚はというとズバズバと強気にストライクをとりにきて、なんだかすごく良いんですが・・・ありゃー、この後手も足も出ずに終わりか、と初回に意気消沈なわたしでした。

しかし、2回表、不安定なりになんとか無失点で直行が切り抜けると、その裏、のサブローが振り抜いてレフトスタンドに放り込むホームランで1点を返します。この回はこの1点どまりでしたが、うーむ、いつもの渚が帰ってきそうな雰囲気。球が荒れだし、キャッチャーもバタバタし始まった感じがしなくもありません。

と、3回裏、先頭の早坂が四球を選ぶと福浦、タスクと倒れるも井口がバックスクリーン直撃のツーラン、1点差に追い上げます。
さらに4回裏、再び先頭打者サブローが四球で出塁するとバーナムもヒットで続き、無死1,3塁、8番根元が振り抜いた当たりは、こりゃスタンドか?とも一瞬思いましたが、残念ながらライトフェンス手前、しかし犠牲フライとなり同点に追いつきます。
この後は今江が併殺に倒れたのが残念と言えば残念。ここで渚を叩き潰しておくべきでした。

ホークスは5回から渚を下げて継投策に入ります。5回は神内、6〜8回を久米が投げます。それぞれに四球を出しながらの怪しいピッチングではあったのですが、マリーンズ打線もここ一番で崩せないままでした。

マリーンズは6回から、直行に代えて小宮山をマウンドに送ります。
良くないながらもなんとかリズムが掴めそうかな、という感じの直行ではありましたが、球数が95球ということで交代だったのかなあ。

6回をコミさんが締めると、7回は高木さんがムネリンと松中の左打者を、伊藤が右打者の小久保を、それぞれに料理して流れを持ってこられそうな雰囲気を作ってくれます。
8回も伊藤が続投、安定したピッチングを見せてくれます。なんとか勝ち星をつけてあげたいと思ってみていたんですけどね・・・

9回表、ここも伊藤が続投。先頭打者を見逃し三振は良かったのですが、左の本多に対して四球。
ここで、さすがに交代でした。あー、今日も伊藤ちゃんの勝ちはないのね、と思ってみていましたら。
続く川崎が今日もムネリンを打取れず、ムネリンを歩かせてしまいます。松中は打取るものの進塁打で2死2,3塁。そして、今日はイマイチっぽかった小久保にタイムリーですよ。さらに5番の長谷川にもタイムリー。3点を勝ち越されてしまいました(泣)
9回裏はそのまま馬原に締められておしまい。

って、これって、勝ち越しのホームを踏んだ本多は、伊藤ちゃんが四球で出したランナー・・・あー、勝ち星どころか、黒い星になってしまいました(泣)

去年からずっと頑張ってくれた人なんですから、なんとか白い星をつけてあげたかったのになあ。
でも、こんなことで気持ちを切らさないで、また明日から(おーい!)頑張って欲しいですね。

ガンバレ、めげるな伊藤ちゃん!!
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-04-18 18:01 | マリーンズ2009 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル