人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:10vsイーグルス ( 22 ) タグの人気記事

仙台行きたいなあ・・・

対 東北楽天Gイーグルス 12回戦 [M 4勝8敗] M 3 - 5 E (仙台)
勝/青山[4勝1敗] S/小山[3勝1敗9S] 負/薮田[1勝4敗1S]
HR/清田[1号=プロ初!] 山崎(武)[20号]

勝てませんなあ。
今日は俊介と長谷部の先発、このところ調子は悪くない俊介ですから、なんとか連敗ストップをお願いしたいところだったのですが・・
3回に、先頭の清田が歩き、ツヨが送って今江がタイムリーという、良い形で1点を先制しました。

4回裏には、1死1,3塁から、草野に2点タイムリーを打たれてしまいますが、5回表にはヒットで出塁のサト(連続三振は最初の打席でレフトフライだったので終わってましたね^^;)を塁において、清田の打球がセンター方向ぐんぐん伸びてバックスクリーンへのツーラン!
プロ初のホームランが逆転ツーランとなりましたよ。

これはいい形になってきた・・と思ったのですが。
7回表、2死ながらもサトがツーベースで出塁すると、続く清田がライト前、1,3塁かと思いきや、サトが無理矢理ホーム突入も、鉄平からの返球も良くてアウト・・こりゃ房総、じゃなくて暴走でしょう。1点が欲しい気持ちは良くわかるのですが・・

これで流れがおかしくなって来たような気がしましたね。
7回、先頭のルイーズを打取ったところで俊介は降板、続く草野にワンポイントの古谷を送ります。
今日は古谷がキッチリ打取り、2死。古谷はここで降板し、伊藤に継投します。
伊藤ちゃんは高須をショートゴロ・・と思ったら、ツヨが逸らしてやんの。
おもいっきり、イヤーな予感がしましたですよ。
この回は伊藤ちゃんが締めて無失点で済みましたが・・・

8回裏、お約束通り薮田が登場、ですが、薮田がおかしいです。
先頭の嶋はライトフライに打取りますが、聖澤を歩かせてしまい、内村には粘られたあげく、セカンドの後ろに落ちるポテンヒット。続く鉄平にはきれいにライト前に運ばれると聖澤生還で同点とされます。さらに内村もホームを突いてきますが、サトのブロックの前にホームベースにタッチできず、アウト。2死2塁とはなりましたが、ここで同点に追いつかれてしまうとは・・
さらにこの後、山崎武司に粘られ、苦し紛れか内角に投げたストレートを見事に捉えられて打球はレフトスタンドへ・・・うっしょーーん(涙)
やっぱり仙台では呪われているのでしょうか。こうなれば、牛タンと笹カマを喰らわなくては!
・・・うーん、仙台いきたーい(笑

9回は半袖小山。テギュン、大松と三振の後、サブローが意地のヒットで出塁、さらに竹原に代えて福浦師が代打に送られますが(ここは納得)、最後スタンドからわき起こる小山コールに後押しされたのか、変化球の前に師匠も三振・・・

なんだか勝てませんねえ。
今日は悪い流れではなかったのですが、それでも勝てません。
まあ、まだ6連敗ですから、全然余裕なんですけどね。なんだかんだ言っても、まだ3分の1ですもん(←それでいいのか^^;;)
by kawasaki-marins | 2010-08-04 21:29 | マリーンズ2010

今日は脳内勝利なのです

対 東北楽天Gイーグルス 11回戦 [M 4勝7敗] M 3 - 5 E (仙台)
勝/岩隈[7勝6敗] S/小山[3勝1敗8S]負/マーフィー[9勝3敗]
HR/中村(紀)[12号]

ホームで痛い3連敗、その前から数えると4連敗だったりするマリーンズなのですが、野球の神様はさらに艱難辛苦を与えてくださったようです。
足掛け3年で11連敗という仙台での3連戦、しかも初戦は岩隈が先発だそうで。
もう、矢でも鉄砲でも持って来いっ!てなもんですよ。

そんなヤケッパチなゲームですが、序盤、マーフィーが頑張ってくれました。
初回に四球で鉄平を歩かせてしまい、サトのパスボールで進塁されますが、それ以外はキッチリ打取って3回までノーヒットに抑えています。
しかし、イーグルスも何てったって岩隈ですから・・と思ったら。
2回、ちょっと晩ごはんの支度で目を離した隙に大松がツーベースですって。

この時点でもう今日の試合は「勝ち」でしたね。
この後何が起ころうとも、もう今日は勝ちです。ええ、岩隈から先にヒットを打ったんですから、もう勝ちでいいです。

4回、ええ、例によってちょっと録画予約で試合が見られず・・・2者を四球で歩かせた後、山﨑武とルイーズを三振に仕留めるも、中村ノリにスリーランだなんて見てませんもん。

5回表なんか、福浦師と岡田を塁において、ツヨが左中間まっぷたつの2点タイムリーですよ。この試合のどこが負けなんですか?勝ってます、ええ、勝っていますとも。
その裏、西村、聖澤、内村と非力系なバッター3人に三連打から、鉄平の犠牲フライの1点で終わって、よく踏んばりましたよ。
そしたら6回表だって、大松、サブローの連打で1死2,3塁で福浦師がきっちり犠牲フライ、いい感じじゃありませんか。

7回裏に、ランナーを溜めて山﨑武にタイムリーを打たれてしまいましたが、さすがにこの辺まで投げてれば、マーフィーだって疲れも出てくるでしょう。
でも、十分粘ってくれました。
ここで、ランナーを残したまま伊藤を投入、伊藤ちゃんも疲れているだろうに、頑張ってくれましたよ。8回裏も、先頭の中村ノリにヒットを許しますが、後続を断ち追加点は許しません。

9回表、マリーンズベンチは何がやりたかったのでしょう?
8回表を投げたピッチャー片山に対して、先頭打者の福浦師を引っ込めて代打竹原を告げますが、イーグルスベンチはその声を聞いて半袖小山をマウンドへ。そこで左の根元を代打・・・よっぽど片山対福浦のほうが・・と思っていたら根元がレフト線へヒット。しかし、続くサトが本日4個目の三振、日曜から連続で6個目です。岡田はレフト方向が読まれてレフトフライ、ツヨが四球を選ぶも、今江が粘りますが最後落とされて三振・・

いえ、だから今日は勝ちなんですってば。スコア関係ありません。
もう、岩隈から先にヒットを打った時点で、私的には脳内勝利なのです。

さ、明日こそリアルに勝って欲しいと思うのみ。でも、そろそろ俊介も・・・いやいや、悪いことは考えてはいかんのだーーっ!!
by kawasaki-marins | 2010-08-03 22:01 | マリーンズ2010

きれいになったもんですよ(ヤケッパチ

対 東北楽天Gイーグルス 10回戦 [M 4勝6敗] M 4 - 5 E (仙台)
勝/青山[3勝1敗] S/小山[3勝1敗3S]負/薮田[1勝2敗1S]
HR/リンデン[4号]

・・・なんでも、これで仙台で11連敗だそうですよ?
なんか勝ててないと思ってはいましたが、そんなに勝てていないんですね・・とほほ。
今日はマリーンズが俊介、イーグルスは朝井。なんか久々に見るような気がしますが、今日は打てそうな雰囲気プンプンしてたのですけどねえ。

夕方例によってバタバタしながら見ていましたら、2回表、なにやらランナーを貯めたところ。2死2,3塁で今江がタイムリー、2点を先取です。さらにツヨが続いてタイムリーツーベース、3点の先取点です。

よしよし。

と、思ったのですが、待てよ、昨日も2回に3点を先取したらその裏グラスラ喰らったんじゃ・・・ああーっ、どうも負けが込んでいると発想もネガティブになりがちです。

しかし、今日の俊介はまずまずのピッチング。今日のスタメンマスクの的場と相性もよさげで、2回裏をきっちり三者凡退で締めてくれました。こんどこそ、よしよし、です。
俊介は4回まで無失点。
すると5回の表、先頭のツヨがヒットで出塁すると、2番の岡田が送って1死2塁。ここで昨日までのふがいないバッティングから意地を見せたい井口がきれいにセンター前にタイムリー、非常に良い形で得点できました。
この後はテギュンが四球を選んだところで、イーグルスは先発の朝井を諦め、昨日に続いて松崎をマウンドに送ります。
代わった松崎の前に、大松凡退。しかしサブローのセンター前に抜けようかという当たりを高須が止めるも送球が間に合わず内野安打で2死満塁。
ここで福浦の打席ですが、左腕の松崎に対して代打の竹原を送るベンチ・・・いや、竹原は嫌いじゃありませんが、これは違うような気が・・・案の定といいますか、あっさりとサードゴロで追加点はならずでした。これは相手を助けてしまったような気がするのですけどねえ。

どうも、これで流れが変わってきたようです。
5回裏、1死から嶋の当たりは高くバウンド、しかも取りに入った井口の目前でさらに大きく跳ねてグラブを弾き、セカンドエラーでランナーを出してしまいます。
これで少々りきみが入ったのか、渡辺直人に甘い球を捉えられセンター方向ワンバウンドでスタンドイン、エンタイトルツーベースとなり1死2,3塁。
ある意味、ランナーがサードで止まったのはラッキーだったと思うのですが、さらに無駄に力んだのか俊介、聖澤に2点タイムリーを許してしまいます。ああー、まーた聖澤ですよ、とほほ。

さらに6回も1死3塁から内野ゴロの間に1失点。4-3と詰め寄られてしまいます。
たまらず、ここで伊藤に継投。伊藤ちゃんは6回をなんとか抑えます。

なんとか追加点を挙げたい打線なのですが、この後はランナーを出しても進められず・・
ならば相手を抑えるしかなく、7回から薮田を投入。
しかし、コレがウラ目に出たんでしょうねえ。
7回は無失点で抑えますが、8回、先頭の草野にツーベースで無死2塁とすると、山﨑はキャッチャーフライに打取るも、続くリンデンに・・センターギリギリにツーランホームラン。ああーーーっ、逆転の一打を許してしまいます。
薮田に回をまたがせたのが失敗だったなあ。

結局はコレが決勝点。9回表は半袖小山の前にあっさりと三者凡退。
うーん、昨日今日と、イーグルスのリリーフ陣にしてやられてしまいました。
今日も、この展開で勝てないってのは・・仙台は元ホームだっただけに、なにか呪われてませんか?

ということで、仙台でしっかりスイープされちゃいました。先日のファイターズにスイープされた記憶も新しいうちですので、いやーきれいになったもんですよ(意味不明

明日はお休み。これで気持ちを切り替えてくださいな。
by kawasaki-marins | 2010-07-08 22:30 | マリーンズ2010

ストレスフルな試合でした

対 東北楽天Gイーグルス 9回戦 [M 4勝5敗] M 4 - 6 E (仙台)
勝/松崎[1勝] S/小山[3勝1敗2S]負/大嶺[3勝4敗]
HR/聖澤[2号]

昨日は、実は妹娘が「鍵をなくした!」と言って部屋の中を家捜しだったのでした。
結局、何のことはない、着替えたズボンのポケットに入っていたと言うオチ・・マンガみたい(汗)

今日は、昨日に比べるといくらか涼しくて、湿気はありますがそれなりに過ごしやすくなっていました。でも、この涼しい風と南からの暑い空気がぶつかったところで、今日もどこかでゲリラ豪雨なんでしょうか。都市部に多いところを見ると、温暖化、というよりは直接的にはヒートアイランドの影響が大きいのでしょうね。
地方部ではむしろ前線の停滞による大雨が深刻・・環境の変動が大きくなっていますが、しかし、地質的な時間スケールで考えると、人間が文明を持った1万年くらいなんて、ちょっとお茶のいっぱいでも飲んでるべえ、くらいなもんで、もっと変動が激しかった時代のほうが遥かに多いんですけどね。

ま、それはともかく今日の試合。
初回は速報チェックだったので、ヒットで出塁しているはずなのにいつの間にかランナーがいなくなると言うミステリーを見ていましたよ(途中が抜けちゃうので^^;;)
なんですか、その3安打しながら無得点というのは・・ツヨが盗塁失敗、その直後に岡田パパがヒットというのは、今にして思うと、今日の試合の中身を予告していたのですなあ。

それでも2回に無死満塁からサトとゴリのタイムリーで3点を先取したときには、これでリズムに乗れるかと思ったのですが・・得点後、ふたたび四球で無死満塁としたところから、あっさりと岡田が外野フライ、そして井口が併殺・・
今日は、どうも井口の打席に覇気を感じませんでした。なんかバッターボックスの遠目の位置でいじいじしている感じ。調子が悪いのはわかりますが、気持ちも相当沈み込んでいる様子が見えていますね。やっぱりこないだのマットンのヒーローインタビューでマスク被ってクリーム攻撃を仕掛けるべきだったんですよ(・・・「べき」って^^;;

晩ごはんの支度もできて、ようやく落ち着いて座れたと思ったら、今度は、1点を返されてなおもイーグルスが1死満塁。よりにもよって聖澤にグランドスラム、あっさりと逆転を許してしまいましたよ、とほほ・・・
開幕直後の大嶺はドコに行っちゃったのでしょう。あのピッチングを見たときは、今年は結構行けるんじゃないかと思ったのですがねえ。

3回表も、先発の井坂を攻めて1死1,2塁とチャンスを作りますが、イーグルスベンチの判断が早かったですね。ここで投手交代、松崎がマウンドに上がると、福浦師、サトとあっさりと打取られてしまいました。
大嶺もなんとか持ち直し、試合は3-5でいったん動きが止まります。

イーグルスは5回までを松崎、マリーンズは4回まで大嶺で踏ん張り、5,6回と古谷がしっかりと流れを引き止めるピッチング。
しかし、今日はイーグルスの継投が上回っていたのでしょうか。
6回にこの所調子が悪そうだった川岸、7,8回を青山という継投の前に、ヒットを打ち、四球を選びながらも、チグハグな攻撃が続き得点できず。青山からは3番井口から6番サブローまで4連続三振なんてのも。

マリーンズは7回に伊藤が登板も、ツヨの悪送球というエラーがらみで1失点、3-6と、この試合としてはかなり決定的な追加点を奪われてしまいます。悪送球と言っても、ツヨの必死のワンバウンド送球を、テギュンがホンの一瞬ぽろりと落としたくらいなんですが・・・今日はツキもないなあという感じ。

9回表に、クローザーとして登場の半袖小山から、ゴリツヨの連続ヒットと、井口の犠牲フライで1点を返しますがそれまで。
今日は、ツキもなかったのは確かなのですが、それでも何かチグハグした、見ていてストレスの多い試合でした・・打てていないわけじゃないだけに悔しいんですよね。まったくもう。

結局このカード負け越して、イーグルスとの対戦成績も負け越しちゃいました。
ここで三タテは嫌です。明日は勝とうぜ!!
by kawasaki-marins | 2010-07-07 21:54 | マリーンズ2010

すいません、あんまり見てません

対 東北楽天Gイーグルス 8回戦 [M 4勝4敗] M 0 - 6 E (仙台)
勝/ラズナー[2勝7敗] 負/コーリー[2敗]
HR/ルイーズ[4号]

連日、蒸し暑い日が続いております。仙台はいくらかでも涼しいのかなあ・・

今日は、マリーンズがコーリー、イーグルスがラズナーという、お互い微妙なピッチャーの先発。コーリーはどんな様子かと気にはなっていましたが、ちょっと部屋でバタバタしていましたら、あっという間に試合が進んで・・気がついたらツーラン浴びてるし。
でも、その後はなんとかかんとか凌いでいたようですが、結局落ち着いてみられなかったので、何とも言えないです。
結局100球あたりで捕まって、後を引き継いだ秋親も打たれてしまったわけですが。
そういえば、今日は久々にサトがスタメンマスクだったんですが・・その辺はどうだったのかしらん。

でも、今日は打線が抑えられてしまっていたようですから、ピッチャーを責めるわけにはいかないですね。まあ、ずっとチラ見だったので何ともいえませんが・・ゴリ9番、岡田2番に入れ替えていたようですが、その辺はどうなんでしょ?
明日はゆっくり見るぞ!
by kawasaki-marins | 2010-07-06 22:32 | マリーンズ2010

四球がわけた明暗

対 東北楽天Gイーグルス 7回戦 [M 4勝3敗] E 1 - 3 M (千葉マリン)
勝/マーフィー[6勝] S/小林(宏)[2勝1敗12S] 負/永井[4勝4敗]
HR/

今日は日曜、午前中はぼちぼち用事を済ませて半年に一度の「株主優待券消化デイ」と称してスポーツクラブ&スパへと行ってきました。
半年に一度ですので、これでどうだというほどのものではありませんが、たまに泳ぐのもいいものです。娘たちの成長も著しく、妹娘は補助なしでバタ足ができるようになり、姉娘は一人で黙々と泳いでいると思ったら、なんだかんだで「1,000m泳いだ!」と言っておりましたよ。スピードは全然ありませんがのんびりと続く良い泳ぎ方です。そんな娘に釣られて、私も600mは泳いだ・・・と思います。途中からはもうヘタってワケわからなくなってたのですが(^^;;

その後はスパでのんびり。夕食も済ませて帰宅するとちょうど、Jスポの録画中継でプレイボールのところでした。
今日は、マリーンズがマーフィー、イーグルスが永井の先発。
序盤は例によって不安定な立ち上がりのマーフィーでした。もう球があっちゃこっちゃでどうなることやらと思わせるピッチングのなか、初回はランナーをサードまで進められるも、今日はスタメン復帰の今江の好守備もあって無失点。やっぱ、サードはゴリちゃんが安心ですね。
そして2回、四球2個とヒット1本で2死満塁というピンチを作ります。さすがにマーフィーもここは聖澤に四球を与えて押出し・・1点を失います。
しかし、続く嶋を三振で最少失点に留めます。

ところが、この所バイオリズムは下降線のマリーンズ打線、今日はいよいよテギュンがスタメンから外れています。何でもハムちゃんの違和感?だそうで、長引かなければ良いのですが・・心配ですね。
久々の、というか今季初のファースト守備にはいる福浦師、しかし久々のせいかファールフライを取り落としたりとちょっと不安な感じもします・・・が、本当は守備もピカイチなんだと力を込めて書いておきます。
初回は、先頭のツヨが初球をひっぱたいてヒット、無死1塁としますが、結局ランナーを進められず。なんか表のイーグルスは三塁まで進めていたのとは対照的な攻撃でした。
2回も、1失点の後でしたがあっさりと三者凡退・・うーん、やっぱり調子はかなり落ちています。

そんなマリーンズ打線でしたが、マーフィーは淡々と調子を上げて、イーグルス打線を3回以降6回表まで、三者凡退に切って捨てます。基本的にストレートの威力があるのが効いているのでしょうか。変化球とストレートがストライクゾーンに入りだすと適度な荒れ球となり相手打線を翻弄するのです。本当に不思議なピッチャーですね。中継ぎで使っていたら、力はありそうなんだけど安定しないなあ、という評価で終わってしまっていたかもしれません。先発転向で大成功です。

7回表、2死から福浦師がファーストゴロをベースカバーのピッチャーにトスしようとしたところでボールをこぼすという、本当に久々の守備でスイマセン的なエラーから、2死1,2塁とピンチを作りますが、マーフィーの今季最多という130球の力投で難を逃れます。

この力投にこたえたい打線でしたが、6回まで永井の前に無得点。
5回裏には1死から竹原、サトと連打で1死1,2塁として岡田の内野ゴロはサードの中村ノリがボールを取りこぼしてのエラーで1死満塁とチャンスを作ります。
しかし、ツヨ、ゴリと打取られて得点ならず。イヤーな雰囲気になってきました・・

しかし、マーフィー根性で投げぬいた130球の後の7回裏、なんとかその意気に答えてあげたい打線が踏んばりました。
先頭のサブローに対して、永井はなぜかストライクが入らず、ストレートの四球です。
この四球で風が変わった・・感じがしましたよ?
続く竹原が本日2本目のヒットで続き、無死1,2塁。ここで迎えるのはサト、送りバントで2,3塁として岡田の打席で代打を送りたいところ。
ですが、初球をバントもきわどく三塁線切れてファール・・・2球目を見逃して2ストライクとされてヒッティングに切り替えるサトでした。あちゃーっとアタマを抱える私。とにかくランナーを進めるのじゃ、進塁打じゃ、と見ていましたが・・変化球で攻めて来る嶋ー永井のバッテリーがフルカウントから選んだのはストレート、しかしサトは読んでましたね、コレ。上手く捉えて右打ちはライト線フェンスの際に落ちるツーベースヒット、サブロー還って1-1の同点に追いつきます。
よくぞ、マーフィー様の負けを消してくれました。サト、良くやった、最高の女房役ですよ。

なおも無死2,3塁と、予定よりもアウトカウント1個少なく(苦笑)9番岡田の打席。一気にたたみかけたいマリーンズはここで岡田に代えてテギュンを代打に送ります。しかし調子が出ないのか、テギュンは生憎のショートゴロ。1死2,3塁で、しかし対・永井には6割の打率を誇るツヨ・・だったのですが、ここは落ちる球に手を出して空振り三振。
さらにここまで3打席凡退の今江・・・スイマセン、あきらめていました。ゴリちゃんゴメンナサイ。今度はライト前に2点タイムリーを決めてくれました!!
これで1-3と逆転、マーフィー様に勝ち投手の権利がつきましたよ。もう、マーフィーの嬉しそうなこと!!

この後、ベンチで何やら西本コーチに言い含められていたマーフィーでしたが・・何を放していたのかがちょっと気になりますが・・、逆転を確かめてベンチ裏に引き上げます。
8回は薮田が四者凡退、9回はコバヒロが堂々たる四者凡退で見事逆転勝ちのマリーンズでした。

散々四球を出しているマーフィーが平気の平左で、7回のサブローに初めて四球を与えてしまった永井が流れを手放してしまうという、試合の流れと言うものは本当に不思議なものですね。ちょっと永井も気の毒な負けでした。いやいや、相手に同情できるほど余裕はないのですが。

調子を落としているマリーンズ打線ですが、ここぞというところでの集中力は何とかまだ発揮できているようです。
腰痛という今江も、今日は再三の好守備を見せてくれていましたし、なんとか、オールスターあたりまでは上位に食らいついていって欲しいものだなあと、だんだん欲が出て来てしまうのでした・・いかんいかん、欲をたかってはイカンと自省。

今日は気持ち良く疲れて、気分良くさっさと寝ることにしますよ。
さあ、来週も頑張りましょう。
by kawasaki-marins | 2010-06-21 00:00 | マリーンズ2010

パ・リーグ再開は負けからでした

対 東北楽天Gイーグルス 6回戦 [M 3勝3敗] E 3 - 0 M (千葉マリン)
勝/岩隈[5勝4敗] S/川岸[2勝1敗11S] 負/成瀬[7勝6敗]
HR/高須[3号]

昨日の雨があがって、蒸し暑くなった関東地方でした。
午後からのマリンの試合も今日は開催。昨日登板だったマーフィーのスライドではなく、成瀬が先発、対してイーグルスは岩隈がスライドでした。
さらに、2番にサードで根元。今江が腰痛?だそうですが、まあ、ベンチでニコニコしていましたので大丈夫だと思いたいところです。

さて、初回の成瀬、絶妙のコントロールで3者凡退の滑り出しです。でも、解説の阿波野さんが「あんまり立ち上がりがいいとピッチングに酔っちゃう」なんて嫌なことをおっしゃること。まさに、成瀬はその辺が課題でしょう。コレまでだって両リーグダントツの被弾を誇っていますが、その大半は、どう足掻いても年に数本のホームランが打てればOKな人たちに打たれているのですから。
しかし2回を初顔のルイーズとやらに四球を与えるも四者凡退、3回を三者凡退、4回も中村ノリに与えた四球以外は三振で3個のアウトという、素晴らしいピッチングを見せてくれます。

しかし、対するのはスーパーエースの岩隈。交流戦では勝てていなかったようですが、今日もやっぱり素晴らしいピッチングを見せてくれます。厳しいコースにするっと決まる球に手が出ませんよ・・

と、5回、それまで好投を続けていた成瀬が、1死から高須への失投を捉えられ、レフトスタンドに運ばれてから、また例によって崩れるのでした。草野は打取るものの、渡辺直人、聖澤と打たれてランナーを溜めてしまうと、嶋にタイムリー・・・非常にヤバい感じです、が、ここはこの2点でなんとか止めることができました。

しかし7回表、先頭の草野がヒットで出塁を渡辺直人が送ると、聖澤のなんてことのないショートゴロをなんとツヨがトンネル!いやー、見事なトンネルでした。久々にツヨのこんなエラーを見た気がします。
そういえば今日は3回にショート内野安打で出塁も、二盗を嶋に刺されてしまうのでした。うーん、今日の嶋は、この後も岡田の盗塁を完璧な送球で刺していましたよ・・・悔しいーっ!
結局、この回もまたまた嶋のタイムリーで1点を失う成瀬でした。
今日は、嶋の盗塁刺殺とか、高須のファインプレーとか、鉄平のフェンスギリ捕球とか、イーグルスの選手に良いプレーが多かったですね。
マリーンズでは、テギュンが岩隈から2安打でしたが、一人だけじゃダメなんだなあ。岡田も岩隈から素直にセンター方向へ打ってヒットを打っていたのも嬉しかったです。岡田は守備でもなにげに素晴らしい捕球を見せてくれていましたね、それも2回ほど。刺されてしまった盗塁は・・・ありゃ嶋の送球が素晴らしすぎました。ベースの角に送球がくれば、そりゃ野手はグラブにボールを納めればいいだけの話ですもの。

岩隈は98球を投げて7回で降板ですが、これがもう少し早い回でおろせていたらまた違ったかも・・とも思ってみたりします。
結局8回小山、9回川岸の継投の前に無得点。完封リレーを許してしまいました。

成瀬はと言うと7回、鉄平を打取って2死としたところで降板。後続の中村ノリを内が三振に仕留めます。
8回は内、9回は秋親が無失点でなんとか立て直しを図りますが、結局打線が何ともならず。

それでも内が使えそうな雰囲気になっているのは嬉しいですし、秋親も地味ながらキッチリ仕事をこなしてくれるのはありがたいですね。

まあ今晩の日本代表戦が気になったと言うことで(違)
明日は気持ちを切り替えていきましょ。

さ、今晩はサッカーじゃサッカー。
by kawasaki-marins | 2010-06-19 17:34 | マリーンズ2010

あっさりと連敗ストップ

対 東北楽天Gイーグルス 5回戦 [M 3勝2敗] M 6 - 0 E (郡山)
勝/小野[3勝] 負/戸村[1敗]
HR/

今日の関東界隈は、ポカポカというか汗ばむくらいのお天気でした。5日前に雪が降ってたなんて思えませんね(^^;;
とはいえ、今日は福島の郡山でナイター、「んだばとーほぐだば、しばれんだっちゃ(似非ズーズー弁)」ってなわけで、寒そうなのが気になります。いやまあ、明日の仙台はもっとしばれるんでしょうけれど。

例によってバタバタと晩ごはんを支度して、それでも今日はちゃっちゃと親子丼なんかにしてみましたら、3回表、西岡が四球を選ぶあたりから見ることができましたよ。
イーグルスの先発、戸村は期待のルーキー・・・ってことはアレですか、新人育成に精を出しちゃうロッテ???と思いましたが、今年のロッテは違います。
オギタカがきっちり送り1死2塁。井口の大きな当たりは惜しくもフェンス手前に落ちるツーベースとなり1点を先取。さらにテギュンの当たりも、ライトフェンスとライト線のちょうど角に落ちるツーベースで井口も生還。大松がヒットで続き1死1,3塁、サブロー三振も、福浦師が見事にショート頭上を越えるタイムリーで3点目。
これで、初登板の戸村をマウンドからひきずりおろしたのでした。
さらに代わった片山がワイルドピッチで大松もホームイン、この回、例によって集中打の打者一巡で4点を先制です。

マリーンズ先発は晋吾。今晩の郡山、風が強いこともあるのか今日は打たせて取るピッチングがツボにはまっているようです。そういや、外野の外では桜が満開、風にのって花びらが散っていて、お花見ナイト(笑)なんてのも思い出されますね。

しかし4回でしたか、マウンドからベンチに戻る際に腰というかお尻の当たりをちょっと気にするそぶりが気になりましたら、5回2死までとって、いったんマウンドを降りる晋吾。お尻のあたりがツッたかなにかということで、なんとか5回は投げきって先発の勤めは果たしますが、6回からは継投策に入ります。
6回はマーフィー、先頭の聖澤にセーフティバントで出塁されますが、渡辺直人、鉄平と打取り、2死1塁で山﨑武司を迎えます。ここでマリーンズベンチは伊藤をマウンドに送ります。個人的にはマーフィーをもっと見たかったんですが、伊藤ちゃんならOK。伊藤ちゃんはキッチリ山﨑を打取ります。

7回はテギュンがヒットで出塁すると、2死からサブローのラッキーなポテンヒットでテギュンが生還、5-0と差を広げます。
こうなると、勝ちパターンも盤石。7回は伊藤が続投、8回は薮田が締めます。

さらに9回表に大松のタイムリーで1点を追加して6-0とダメを押すと、9回はセーブこそつきませんがコバヒロが登場。先頭の渡辺直人こそヒットで出塁させてしまいますが、鉄平三振、山﨑をレフトフライ(大松でどっきり^^;;)、そして中村ノリをサードファウルフライに打取って、完封リレーで勝利をおさめました。

今年は、大型なんちゃらは心配しなくていいのかな・・・まだ、騙されているような気がしなくもありませんが、ホンモノの大型連休のころまでには結構いいセンいっちゃいそうです。ホントかなあ(^^;;

途中で降板の晋吾のお尻もたいした事はなさそうな感じですので、今晩はしっかりケアしてもらって、次もお願いしたいところですね。
そういや、イーグルスの最後、半袖魔人こと小山は、郡山でもやっぱり半袖でした。個人的には結構好きなタイプのピッチャーだったりするのですが(^^;;寒くないのかしらと、いつも気になります。
by kawasaki-marins | 2010-04-21 21:42 | マリーンズ2010

気がついたらやられてました(汗

対 東北楽天Gイーグルス 4回戦 [M 2勝2敗] M 2 - 8 E (東京D)
勝/永井[2勝2敗] 負/唐川[2勝2敗]
HR/中村(紀)[2号] 嶋[1号]

いやもうなんか、家の中が落ち着かなくて(^^;;
娘たちにまとわりつかれながら、晩ごはんを支度しながら、野球中継をチラ見しつつ・・・全然頭に入りません。
なんか、唐川くんが良くないのか、久々のサトの試合勘の問題なのか、微妙に分かりません。
途中、0-2から4回にサトのタイムリーで1点を返すと、続く今江のセンター前に抜けたゴロヒットでサトを突っ込ませるのはどうかと思いましたが。1,3塁だ!と思ったらサトがホームでアウトなんですもの。え?ってなもんです。
5回にテギュンの犠牲フライで追い上げて追いついたまでは良かったのにな。

その裏に四死球がらみで2死満塁とピンチを招くと、当ってない山﨑武司にピッチャー返しの2点タイムリー、さらに鉄平タイムリーで2-5と再度勝ち越されて唐川ノックアウトでした。
山﨑の当たりなんか、唐川のグラブをかすめて抜けて行きましたから、アレがほんの数センチ軌道が違えば・・・とかも思ってみたり、鉄平のタイムリーで高須がホームインでしたが、サトのブロックのほんの僅かの隙間をかいくぐられたりと、惜しいところではあったのですが。

さらに8回には、草野のタイムリーと嶋のツーランホームランでさらに3点を失い、コレまで。

今シーズン初めての連敗となってしまいました。
まあ、貯金がたっぷりありますんでヨユーです。なんて言っているとあっという間に喰いつぶしそうですが(^^;;
ツヨが4安打とかゴリも2安打とか、良い兆しも見えていますのでまだまだ勢いは衰えていない・・・と思いたいところです。

明日は郡山だそうで、変則ロードという感じでしょうか。東北方面はまだまだ寒そうですし、ケガだけは気をつけて帰ってきてほしいですね。
現地観戦の皆さんもカゼひかないように気をつけてくださいまし。
by kawasaki-marins | 2010-04-20 22:00 | マリーンズ2010

やっぱりコバ◯◯劇場

対 東北楽天Gイーグルス 3回戦 [M 2勝1敗] E 2 - 3 M (千葉マリン)
勝/川越[1勝] S/小林(宏)[2S] 負/ラズナー[1敗]
HR/

今日から新年度ですね。
今朝は、中学校のオリエンテーションがある姉娘と一緒に家を出ました。途中、これまで使っていた記名式の子供用Suicaを大人用に切り替えてもらい(まだ、学生証ができていないので定期が買えないのです^^;;)私は南武線、姉娘は京王線でそれぞれ出かけます。
妹娘は亭主と一緒に、小学校の放課後保育(お休みのときは朝からですけど^^;;)へ。初日から、朝から夕方までというハードスケジュールでしたが、夕方迎えに行くと、帰り道はちょっと興奮気味にいろいろと話してくれました。
ということで、我が家的には新しい生活に突入です。保育園の送り迎えがなくなるのが、なんだかちょっと不安な気もするのでした・・・さあ、でもここから頑張らねば。

ということで帰宅してとりあえずマリンの中継を見ると・・・ありゃ、初回に1点を先制されていましたよ。川越先生、どうなんでしょうか?
晩ごはんを支度して、といつもの調子でやっているうちに2点目も失います。ベテランらしく粘ってはいるようですが、なんだか厳しい感じも。
なんてバタバタしていると4回裏、いつの間にか四球でランナーを溜め、サブローがタイムリー、福浦師が犠牲フライ、そしてサトもタイムリーと、連続で得点をあげて逆転しました。

しかし、座って落ち着いて見られたのは6回から。
気がつけば、川越は降板、誰が出てくるのかと思ったら、昨日は散々だった伊藤ちゃんです。
どうなの、どうなのよ?と少々心配でしたが、この人、引きずらないのも#30を引き継ぐ男ですね。今日は5番フィリップス、6番中村ノリ、7番リンデンと3人で打取り、きっちり仕事をしました。
7回はマーフィー。この人もオープン戦での評判はイマイチだったようですが、開幕して見ている限りではそれなりに仕事をしてくれています。カーブがなかなか良いんですよ。先頭の草野にこそヒットを許し、鉄平の送りバントで塁を進められますが、後続を断ち無失点です。

マリーンズの中継ぎ陣が小刻みに頑張ってくれるその間、イーグルスは若い辛島が中継ぎの仕事をキッチリ。6回、7回を無失点です。うーん、敵ながらなんか可愛いぞ、辛島くん(^^;;
それはともかく、勝っているとはいえ1点差しかありませんから、なんとか追加点が欲しいぞと思って見ているのですが、なかなか思うように攻めきれず、ドキドキしてくる展開となっています。

この展開なら・・・もちろん、8回は薮田、そして9回はコバヒロが登場です。
前回のスクランブル的クローザーではなく、今日は予定通りの登場のコバヒロ、先頭のリンデンを三振にとりますが、続く聖澤には粘られた挙句死球で出塁させてしまうと、嶋には四球で1死1,2塁といきなりの劇場開演ですってば。
渡辺直人のサードゴロをゴリがこぼして、ゲッツー取れるところがバッターランナーのアウトひとつ、2死2,3塁一打逆転の状況、盛り上がるったらありません。
続く鉄平にもボール先行で不安をあおり・・・最後はストレートでビシッと見逃し三振!

まったくもう・・心臓がいくつあっても足らないシーズンになりそうです。
やっぱりコバ◯◯劇場だったわけですね(汗汗

今日は両先発の投手はあんまり見られなかったのですが、ヒーローインタビューは移籍後、初登板初勝利の川越。ロッテ的には、いままで打てなかったですもん、味方になって頑張ってくれるのは嬉しいですね。

と、気づけば開幕から3カード連続の勝ち越しなんですって。なんでも41年ぶり?だかのことだそうですよ。これは凄いですね。
勝つときは競り勝ち、負けるときはぼろ負けって、なんだか強いチームみたい・・・そういえば、昨年は全く逆で、勝つときはバカ勝ち、負けるときは競り負け・・・うあ。いかんいかん、まだ期待なんかするのは早すぎますよ。ね。
by kawasaki-marins | 2010-04-01 22:10 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル