人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:11vsバファローズ ( 20 ) タグの人気記事

嵐が来そうです・・っていうか来てます。

対 オリックスバファローズ 9回戦 [M 4勝5敗] M 2 - 3 Bs (大阪D)
勝/平野[2勝2S] S/岸田[3勝5敗16S] 負/ロサ[1勝4敗]
HR/バルディリス[6号]

対 オリックスバファローズ 10回戦 [M 5勝5敗] M 5 - 1 Bs (大阪D)
勝/渡辺(俊)[4勝5敗] 負/金子(千)[4勝1敗]
HR/里崎[4号]

昨日はそんなわけで試合は最後しか見ていません。帰宅してとりあえずテレビをつけてみると、画面には平野が・・・ッてことは負けているわけ?と思ってみていたら、井口のタイムリーで2-2の同点に追いつきました。アチャも続き、福浦師。かなり期待したのですが、ここは最悪の併殺でした。
その裏、ロサがバルディリスにソロを打たれて勝負あり。
録画はしてあるのですが、なんだか見る気力がでてきません・・・

この負けで、オールスター前に借金返済はできなくなってしまいました。残念。
でもまあ、2強4弱状態のパ・リーグですが、4弱がCS出場の3位を目指して必死の競り合いをしている状況というのもちょっと気が抜けません。とにかく、ひとつでも余計に勝ちたいわけです。

連休明けて火曜、日本列島には大型の台風が近づいていて、今朝も起きたら土砂降りの雨・・あらら、と思っていましたがほんの1時間足らず、家を出るまでにはやんでいたのはラッキーでした。
西日本ではかなりお天気が荒れている様子ですが、試合はどうなるのかしら。グランドそのものは平気でも、お客さんの足を考えて中止になったこともあったなあと思い出しますが、今日は開催のようです。
テレビをつけたら2回裏。1-1でチェンジになるところからでした。
マリーンズは初回に得点、これも岡田パパの出塁から得点したようです。やっぱり先頭打者の出塁は大きいですね。
バファローズは森山のタイムリーだそうですが、こりゃ、今日の俊介はあまり良くないのかな・・と思いました。ですが、この後は外野守備に助けられて粘ります。

いやー、なんですか。レフトに工藤、センター岡田、ライトに伊志嶺というこの強力布陣。まさに鉄壁。この外野陣を抜くのはそう簡単なことではありませんぜ。ちょっとくらいの当りでは、当たり前の顔をして捕っちゃいます。当たり前すぎて、ファインプレーだと分からないくらいの守備。今年のマリーンズの外野は語りぐさになる守備陣ですね。

そんな俊介には、3回に相手の守備の乱れもあって1点、5回にも工藤のツーベースから岡田パパが送って伊志嶺の内野ゴロの間にホーム突入で1点と、脚をからめての追加点をプレゼント。バファローズ先発の金子千尋もそれほど調子がいいとも見えず、なんとか攻略しているっぽいです。
そんなこんなで気がつけば、俊介が6回を1失点で投げてくれました。
あ、そうそう、今日はいよいよ早坂も一軍登録されて、9回表、ヒットで出塁した福浦師の代走として登場していましたよ・・・いやー、どんだけ脚の速い選手が出てくるんだかと、ワクワクしてしまう自分がいます。ポジション的には、早坂は内野に戻るのかなあ?
いろいろ心配の種は尽きませんが、早坂を外野で使ってオギタカを内野で使うってことはありませんよね、いくら何でも。

この後は伊藤ーロサと繋いで、それぞれランナーを出しながらも無失点。9回表にはサトのツーランも飛び出して5-1、最後の最後でちいちゃんをマウンドからおろしました。
4点差がつきましたが、おそらく準備はしていた薮田がマウンドに上がります。セーブがつかないからつまらん・・・と思ったのかどうかは分かりませんが、ランナーを溜めてちょっとヒヤヒヤさせつつも最後を締めて、このカード1勝1敗、通算でも5勝5敗の五分に持ち込みました。

明日がオールスター前の最終戦となりますが、今年はオールスター休みもほとんどなく・・・っていうか、選出された選手は休みなしになっちゃいます。
この所、若い子が先発に向けて頑張ってくれているのが頼もしいですね。ちょっと疲れが見えて来ている成瀬や唐川を少し休ませてあげられないかなあ・・
中継陣ももうちょっと休ませてあげたいんだけどなあ・・・

今年は、これからがさらに厳しくなりますが、気合い入れて乗り切っていかねば!
by kawasaki-marins | 2011-07-19 22:44 | マリーンズ2011

ギリギリでも勝ちは勝ち

対 オリックスバファローズ 7回戦 [M 4勝3敗] Bs 2 - 3 M (千葉マリン)
勝/渡辺(俊)[3勝3敗] S/薮田[1勝2敗11S] 負/フィガロ[5勝3敗]
HR/T-岡田[9号]

日曜はもう夜になってねむくてねむくて、録画した試合もようやく7回の先取点の所まで見て寝てしまいました。
なにしろ、午前中はテニススクールで「渡辺俊介打法」を試し、買い出しを済ませ、午後からは株主優待券消化のためにスポーツクラブでプール・・妹娘がどうしてもプールが良いっていうんですから、ついて行かなくてはいけませんからね。さらにプールの後は併設のスパで6/26の露天風呂の日を堪能してきたのでした。
晩ごはんを外で済ませられれば多少は楽だったのですが、姉娘が「宿題が終わらない・・」と、家で宿題していましたので、結局帰宅して晩ごはん。なんだか忙しい一日だったなあと振り返るわけです。

そんなわけで、日曜の俊介は・・・プールに出かける前に1回表の最初の3人だけ見た限りでは今日も悪い俊介なのか・・・と覚悟していたわけですよ。
なにせ、先頭のグッチにヒットを打たれると赤田を歩かせ、ロッテキラー後藤を内野フライに仕留めるも、マットンが落球。インフィールドフライが宣言されていたから良かったようなものの、もう最悪に近い立ち上がりでしたからね。

ですが、後から録画したものをみていましたら、なんとか初回を切り抜けると、3回位からは上手く相手のタイミングを外すピッチングがツボにハマってきたようで、なんだかんだと無失点。これは、マットンとのバッテリーの相性というものもあるのかもしれません。サトだと怒られちゃう所もマットンだと上手くいなしてくれるとかあるんじゃないかと勝手に妄想してみたりするわけです。
ま、まあ、それはあくまで妄想ですけど・・

しかし、バファローズのフィガロも好投です。こちらは俊介とは真逆に力で押してきます。捉えた!と思っても力があるせいか詰まらされてしまい、なかなか攻め入るきっかけすらつかめません。いやあ、正統派で良いピッチャーですよ。
ですが7回、今江、福浦師と連打で出塁すると、南ちゃんにスリーバントの送りバントを命ずるベンチ。ですが、これが小飛球でアウト・・・2回には粘りに粘って四球を勝ち取った打席もあったのですが、ここは球威に押されてしまった感がありますね。続くマットンの打席では、取っときの代打サトを投入すると、四球を選んで1死満塁となります。
さらに根元の打席ですが、ここも代打・・・金澤。い、いや、金ちゃんのバッティングも決して悪くはありませんが、いかんせんココでは経験値が足りないような。
っていうか、左打者の根元→左打者の金ちゃんって、なんともアレな代打策です。
ですが、金ちゃんここはセンターに良い当りを飛ばします。やはり球威に押されたか若干詰まって、センターフライも犠牲フライには十分。1点先制です。

ここで離脱の私でした。
この後はバファローズの継投策に付け入る隙があったらしく、福浦師のタイムリーで2点を追加。
最後は薮田劇場だったようですが、なんとか逃げ切れたようです。

まあ、ホームで三タテは勘弁してもらいたい所ですからね、勝てて良かったです。風もなくて俊介にはあまり良い条件でもなかったようですが、「勝てば良いんです」からね(^^;;
本当は、唐川くんのピンクユニ姿を見たかったのですが、まあ仕方ありません。前回のピンクユニは4/30の堀さんの引退セレモニーがあった日で、なんとかギリギリ勝利。とりあえず、縁起はよさそうですよ(^^;
by kawasaki-marins | 2011-06-27 20:58 | マリーンズ2011

はやく勝ちのひとつもつけてあげなよー

対 オリックスバファローズ 6回戦 [M 3勝3敗] Bs 6 - 4 M (千葉マリン)
勝/近藤[1勝] S/岸田[1勝3敗14S] 負/大谷[3敗]
HR/南竜介[1号]

姉娘が先週のバレエのレッスンでシューズに穴をあけて帰ってきて、今日は急遽シューズを買いに新宿まで出かけていました。午前中に行ければ良かったのですが、今日は学校があったため午後から・・ということで、試合が始まるちょっと前に家を出て、帰宅したら8回。ロサがやらんでいい1点をやってしまった所でした。
これが無ければ・・・

道中テキストで経過を追ってはいたのですが、なんだか昨日のリプレイみたいな試合(汗)
大谷は今日も頑張っていたように思いますが・・・6回3失点なんだから十分仕事はしてくれたと思いますよ・・・今日も勝ちがつかず。
がんばり過ぎちゃって攻撃のリズムを削いでいたり、とか思う前に、今の打線の破壊力のなさが問題ですな、あきらかに。

2日ほど前の日経新聞に載っていた、マリンのアナウンス嬢である谷保さんの手記を読み、サブちゃんはどうしたのかと・・・
「サ〜ブロ〜〜〜」のコールが聞きたいと、ちょっと禁断症状が出て来た感じです。
ファームではハンカチ君からホームラン打ってたという話も聞いているんですが・・・まだベテラン呼ばわりされるようなトシでもないでしょうに。まあ、若手中堅でもありませんがね(汗)
by kawasaki-marins | 2011-06-25 23:26 | マリーンズ2011

パ・リーグ再開は負け

対 オリックスバファローズ 6回戦 [M 3勝3敗] Bs 6 - 4 M (千葉マリン)
勝/寺原[7勝7敗] S/岸田[1勝3敗13S] 負/成瀬[5勝5敗]
HR/後藤[2号] 李スンヨプ[3号]

いやあ、暑かったです。
今日は職場で節電訓練?だかなんだかで、空調を消したりなんだりとあったのですが、本当に効いてるのかしら?始業時間の繰り上げも考えているそうですが、むしろ消費電力が増えそうな気がするのは気のせいではないような・・・なんか「サマータイム」というものが誤解されたまま広まっているのではないでしょうか。本来、国中揃って夏の間は時計を進めておきましょう、って事だと思ったんですが、なんか最近では企業ごとの始業時間繰り上げをサマータイムと呼んでいますよね。
これじゃ、節電どころか残業が増えていろんな面で今の日本の状況にマイナスになるような気が・・・

それはともかく。
暑かったですが、今日からいよいよパ・リーグの再開です。
再開の初戦は交流戦で調子を上げて来たバファローズ・・・成瀬がココまで対バファローズ10連勝だそうなんですが、そう言うことが話題になると・・・ねえ。
序盤は落ち着いてみていられませんでしたが、気がつくといつの間にか5-0。後藤にホームラン打たれたみたいです。ありゃ、ロッテキラーの復活なんでしょうか(泣)

それでも、晩ごはんが支度できて落ち着いたところで、マリーンズも反撃開始。
6回裏、先頭の伊志嶺がツーベースで出塁すると、井口が倒れるも4番神戸・・・えっ、4番神戸???が四球を選び、今江がライト前にタイムリーでまずは1点を返します。
福浦師が四球を選んで1死満塁とすると、サトのピッチャー返しは寺原のスパイクにあたって強襲内野安打でランナー生還。
ここでバファローズは継投に入ります。バッテリー総とっかえで吉野とシドニー鈴木のバッテリーとなりますが、DH金澤・・・えっ、金ちゃん?に代えて代打南が詰まりながらも振り切った当りは、バットを折られながらもショートの裏に落ちるタイムリー。南ちゃん良くやった!
さらに9番ショート根元に代えて正人が三遊間抜けてタイムリー!
コツコツと満塁から繋いで4点返します。
しかし反撃はココまで・・・

このところ調子を落としている岡田パパはピッチャーゴロ、さらに伊志嶺の打席を迎えて、継投で香月にかわり伊志嶺も内野フライに打取られてしまいました・・

6回から投げていた川越に代えて、7回をロサが三者凡退に仕留めたときは流れが来るかな・・と思ったのですが、7回裏を香月に三者凡退に抑えられてしまいました。
こうなるとアレです。
8回表に投入した内は、スンちゃんにソロ被弾。6-4と2点差になってしまいました。こうなると後は平野、岸田と繋げられておしまい。

ああー、6回に南ちゃんや正人が繋げてくれたときは嬉しかったんだけどなあ。
ま、なんというか・・・厄落とし?
そう言うことにしておきましょうか。だってほら、ビアスタだし。

試合終わってからよくよく考えてみると、なんだか、スタメンが凄いことになっていたんですねえ。
by kawasaki-marins | 2011-06-25 00:12 | マリーンズ2011

懐かしいユニで楽しみました

対 オリックスバファローズ 5回戦 [M 3勝2敗] M 3 - 4 Bs (神戸)
勝/西[4勝] S/岸田[1敗5S] 負/光原[3敗]
HR/福浦[3号] T-岡田[3号]

大型連休最終日の本日、試合開始時刻をカンチガイしてたので、見はじまったときには既に3回。
しかし、2-1でマリーンズがリードしていましたよ。

いやそれよりも何よりも、昨日、今日と神戸では阪急ブレーブスの復刻ユニでの試合だったのですよ。何を隠そう、今ではロッテひとすじな私ですが、プロ野球の見始めは阪急ブレーブスからだったのです。世界の盗塁王・福本、サブマリン・山田、今じゃ憎たらしい解説だけど頼りになる加藤英司を始めとして、簑田、松永、足立、二日酔いピッチャー今井雄太郎なんてのもいましたなあ。
現在マリーンズの一塁コーチャーを勤める山森コーチもこのころのブレーブスで、まあ守備堅め&代走要員っちゃーそうなんですが、素晴らしく光るプレーを見せてくれていました。

もうね、そんなわけですから今日はブレーブスユニがまぶしくてまぶしくて・・・あの頃は川崎球場ですから、ビジターの青地のユニでしょ、この白いユニが見たくてたまらなかったわけですよ。
パ・リーグの試合のテレビ中継なんてそうそうありませんでしたしね。
7回の応援歌も昔のものだったり(ロッテまで、ロッテ親衛隊の歌でしたし^^;;)、応援団も昔の応援歌を引っ張りだしてきていたりと、テレビで見ていても楽しかったですね。こりゃ現地の皆さん、凄く楽しかったのではないでしょうか。
福浦師のホームランのシーンはVTRでしか見ていませんでしたが、フェンスによじ登ろうとするライトの森山の姿に、かつての山森さんを思い出したりして、もうこりゃタマラン状態でした。

試合は・・・序盤は見ていませんが、中盤はみっつ王子が頑張っていたと思います。
ですが5回裏、ランナーを出してT-岡田にレフトスタンドに運ばれてしまいました・・・うーん、さすがにパワーがありますなあ。
この後は伊藤にマウンドを託すのですが、伊藤ちゃんはお約束のようにみっつ王子のランナーを還してくれます(汗)
対して打線は、西のまえに音無し。っていうか良いピッチャーですね。左右の違いはあれど、ウチの成瀬がデビューしたときのことをちょっと思いださせるものがありました。なによりコントロールがいいです。打てません、打たされてしまいます。何でだろー。

マリーンズも6回から内を投入してなんとか流れを引き戻そうとしますが、この後に今江のタイムリーで1点は返すに留まりました。
今日の内の投球は素晴らしかったので、なんとか逆転して勝ちをつけてあげたかったなあとおもいましたが・・・

しかし、光原は、毎回微妙なピッチングです。大崩れするわけではありませんが、流れもこっちに持ってこられないんですよね。何でだろー。

まあ、負けはしましたが、なんだか懐かしい香りのする楽しい野球観戦でした。これ、現地で見たかったなあ・・・現地で見られた方が羨ましいですね。
え、今年はまだ日曜に勝ってない・・明日から仕事再開だというのに、ちょっと辛いなあ(汗)
by kawasaki-marins | 2011-05-08 21:05 | マリーンズ2011

見たかったのに・・・

対 オリックスバファローズ 4回戦 [M 3勝1敗] M 5 - 3 Bs (神戸)
勝/マーフィー[2勝1敗] S/薮田[1敗5S] 負/中山[4敗]
HR/

今日もちょっと出かけていて、試合は速報をチェックするのみでした。スカパーのチューナーを娘たちに占領されているので録画もままならず・・・とほほ。バファローズが、阪急時代の復刻ユニフォームで試合するということでちょっと楽しみだったのに。
神戸はお天気も良かったみたいで、オジサンオバサン世代の野球ファンは楽しかったのではないでしょうか。スコアボードにも「阪急」の表示で、阪急ーロッテ戦なんてもう、おばちゃん的には非常にワクワクだったのですが。

さて、試合の方は前回の登板に引き続き、今日も序盤からビシッと締めているマーフィーのようでした。マーフィーが先発で計算できると非常に心強いです。この人を見ていると「縁」のようなものを感じますね。昨年の入団当初は中継ぎでの起用を考えていたようでしたが、先発の頭数が足らなくなって急遽先発にまわって快進撃、いつの間にか先発ローテの一角でしっかり仕事をしてくれていました。
ポストシーズンで調子を落としていたので心配していましたが、この様子なら十分に仕事をしてくれそうです。

明日で連休も終わり・・・今回は、大きなお出かけなどはありませんでしたが、ちょこちょこと用事も済ませられましたし、久々に西武ドームにも行きましたし、なんか気持ちがすっかり解放された気分です。

実は、今日からテニススクールなんかに通いはじめたりなんかして(汗)
まるっきり未経験者ですんで、初心者クラスのさらに下、入門クラスというところから始めてみました。試合・・・とまではいいませんが、ラリーが続けられるようになりたいなあ。
by kawasaki-marins | 2011-05-07 21:19 | マリーンズ2011

だから取っとけと・・・

対 オリックスバファローズ 3回戦 [M 2勝1敗] Bs 2 - 1 M (千葉マリン)
勝/平野[1勝] S/岸田[4S] 負/薮田[1敗2S]
HR/

今日は、震災の日から四十九日。あちこちで法要などが行われたようです。
そういえば昨日は姉娘の学校では復活祭のミサがあったとかで(ほんとうは4月24日だったそうですが、教会にも都合があるんでしょうね^^;)クリスチャンの世界でもこの震災で被災された方のために祈っているという話をしていました。
神様仏様にすがっても一晩で街が復興するというような奇跡は起こりはしませんが、気持ちを強く持つために、という意味では宗教と言うものは非常に大きな力を持っているのでしょうね。

そんなことを思いつつ、今日は夜の再放送を5回あたりから見ていました。
ダイジェストを見ると、初回に押出しで1点を先取するものの、それ以降はむしろ俊介が押されているような気が・・・それでも、毎回のようにランナーを出しながらも粘りのピッチングを見せてくれます。
対するバファローズの先発のフィガロというのは、初回こそ荒れすぎていたようですが、それ以降は適度に荒れ球なうえ、ストレートがビシッと決まってくるとなると・・・打てませんな、コレは。
このピッチャーも風がプラスになっていたのかなとも思いました。

粘って粘って、球数は多かったものの6回を無失点で締めた俊介でしたが、このしょっぱい流れは変わりませんでした。まあ、俊介の防御率が下がったので良かったと言うことにしておきましょうか。

7回に内が登板、ですが、2死とるものの出したランナーをエラーがらみで3塁まで進塁させてしまうとT-岡田にタイムリーで追いつかれてしまいます。
9回表には薮田が登場も、先頭の森山にツーベースを許し、なんだかんだで北川にタイムリーで勝ち越しを許してしまいます。なんだかんだ言ってもロッテキラーは健在(泣)

9回裏、サトがヒットで出塁し、途中出場の塀ちゃんが送り、今江が四球を選んで1死1,2塁とチャンスを作ります。岡田パパがセンター前に弾き返しますが、外野は前進守備。サトに代走で出場の伊志嶺がまずまずの俊足を飛ばしてホームに突っ込むも、センター坂口がドンピシャの返球を見せてホームタッチアウト・・・惜しいーーー!!
先日の九州ではウチの前進守備は実りませんでしたが、ここではしっかり前進守備が奏功してしまったわけです、とほほ。

結局最後はオギタカが打取られてゲームセット。
微妙な展開の割には競ってなかなか面白い試合になったのですが、結果は悔しい負け方でした。

この所、オギタカのバッティングの調子が落ちているのが気になりますね。岡田パパが好調なだけになおのこと目立ってしまうということはありますが・・・良いときの身体ごと三塁ベース方向に向きが変わるようなバッティングフォームがちょっと影を潜めて、なんだか一塁方向に身体が引っ張られているような雰囲気を感じます。ここは、金森コーチの出番ではないかしらん。

そういえばネットでニュースなんかを読んでいますと、新聞記者だというオギタカのお兄さんは福島原発関連を取材しているようです。お兄さんも頑張っているんだから、弟も頑張るのだ!と、ワケの分からない発破をかけてみるのでした(いや、そんなん聞こえないし^^;;)

ということで、ここはカード勝ち越せたので御の字でしょう。明日からはいよいよ大型連休なんですが、大型なんちゃらにはならない・・・よね(汗)
by kawasaki-marins | 2011-04-28 23:53 | マリーンズ2011

明日に(ry

対 オリックスバファローズ 2回戦 [M 2勝] Bs 1 - 12 M (千葉マリン)
勝/唐川[2勝1敗] 負/寺原[1勝2敗]
HR/サブロー[2号]

今日は録画忘れてませんでしたよ!
なんですが・・・マリンの15m/sにも匹敵しそうな強風が吹き荒れていたらしき我が家近辺、スカパーの受信が安定せず、画面はノイズだらけです・・・とほほ。
途中で止まらなきゃ良いんですが、と心配しましたが、ちゃんとヒーローインタビューまで見られました。サブちゃんにサブローバーガーを食べさせられる(っていうかもうクチに押し込まれていた^^;;)唐川くん、という絵柄はナントカならんかったですかね(苦笑)

っと、それはともかく。
バックスクリーンの旗がちぎれそうにはためく中でのプレイボール、先発は唐川。今日はなんだか調子良さそうでした。強風と相まって変化球が曲がること、まるで魔球です。初回はあっさりと三人で仕留める唐川でした。
バファローズの先発は寺原。そういやホークス時代は結構やられた記憶も残っているなあ、とおもっていたら初回はあっさり三者凡退。

こりゃ、投げ合いになるかしらん?なんて思っていたのですが、2回裏にマリーンズ打線がいきなり仕事をします。
福浦、サブローとあっさり凡退で2死から、大松がヒットで出塁するとサトが四球を選んで2死1,2塁。ここで打席に入るのは、昨日、死球を手に受けたテギュンに代わってスタメンファーストに入っていた神戸。今季初打席のギュウくん、ピッチャー返しがセンター前に抜けるタイムリーで1点先取します。
さらに今江が右中間への2点タイムリースリーベース。2死3塁から1番の岡田がショートの頭上を越えるタイムリーで、この回一気に4点を奪います。

3回表に連打でランナーを溜めて1点を返されたときはちょっとドキドキしましたが、その後は落ち着いたもんで、後藤、T岡田と連続三振。ああ、大嶺にもこういう度胸が・・・

その直後の4回裏にはサブローがライトスタンドにホームラン。なんでも今季はサブローバーガーが売り出されているそうで・・・ってなにその平常価格580円って。和牛メンチだそうで、なんと贅沢な・・・それが360円だそうですよ。
ふむ、でも和牛メンチはそそるなあ。360円だったら食べてみたいかも。

ということで、もうこの後は余裕の観戦でしたね。
今日のマウンドの唐川は、いつも以上になんだか大人っぽく見えました。今年こそ、ケガしないでシーズン通してローテを守って投げてもらいたいです。

対して寺原も3回以降は立ち直ってきましたが、7回裏に制球を乱しサト、神戸に連続四球で無死1,2塁とすると、9番今江が粘りに粘って三遊間抜けるヒットで無死満塁。
ここでいきなり寺原がマウンドを降ります・・?と思ったら、そのまま投手交代。コバマサがコールされるのですが、出てきたのは吉野。なにか行き違いですかねえ?
結局、コバマサはブルペンから走って出てきました(汗)

打席には岡田パパ・・・うーん、コバマサファンであり、岡田パパファンな私としては非常に複雑な気持ちです。
いつの間にか、バファローズのキャッチャー伊藤に向かって「ど真ん中構えてストレート投げさせるんだ!」とかコバマサ目線(汗
ですが、岡田パパ四球で押出しのあと、オギタカは浅いセンターフライで1死となるも、井口が前進守備のセンターの頭上を越える走者一掃タイムリースリーベース、さらに福浦師も渋いタイムリーで、この回結局5点を追加です。
コバマサ・・・orz
でも、自責点は2点で済ませるあたりがコバマサらしいところ(大汗

って、どっちを応援してるんだか分からない状態でしたが、これでマリーンズは10得点。今日は相手の乱調につけ込んで効率的な点の取り方をしていますよ、ロッテじゃないみたいです。
さらにこの後、塀内のヒットとか清田のタイムリーとか、途中出場組も見せ場を作って2点を追加します。

唐川は8回まで投げて1失点、昨日の成瀬に続いて良い仕事をしてくれました。
最終回は内が登場。後藤、T岡田、そして俊太(北川への代打)を三者凡退できっちり抑えてくれました。
内が後ろを固めてくれると非常に気分が楽になるんですが・・期待していいのかな。期待してますぜ!

ということで、大量得点での勝利。
明日に取っとけ、って言いたい・・明日は”風つかい”俊介ですが、明日も相当お天気は荒れそうです。大丈夫なのかしらん。
by kawasaki-marins | 2011-04-27 23:06 | マリーンズ2011

録画わすれたあ

対 オリックスバファローズ 1回戦 [M 1勝] Bs 0 - 6 M (千葉マリン)
勝/成瀬[2勝1敗] 負/木佐貫[2敗]
HR/

そんなわけで、夜の再放送に期待していた私だったのですが、やってない・・orz
ネットで結果をチェックしたら、なんと成瀬が2試合連続の完封勝ちですって。あらまビックリ。

やむなく、よそ様のイケメンエース対決(E:岩隈vsL:涌井、H:和田vsF:ダル)をパラパラと見つつ妹娘と遊んでいました。

ということで、スポーツニュース待機です。
明日は唐川と寺原だそうです。録画忘れないようにしなくちゃ・・・そう言えば、寺原って久しぶりだなあ。
by kawasaki-marins | 2011-04-26 21:16 | マリーンズ2011

チャリティーだぜ!

東日本大震災チャリティーマッチ
対 オリックスバファローズ M 6 - 1 Bs (大阪D)
勝/光原 負/朴
HR/

昨日、4月1日のエイプリルフールは来年の4月1日に延期になったそうです(笑)
で、その翌日、日本時間の4月2日(現地はたぶん4月1日)、アメリカのメジャーが開幕し、今年からなんとメジャーリーガーになってしまったツヨ坊のデビュー戦となったのでした。

ということで、土曜の朝からいきなり野球モード。この所の震災/原発事故のニュースに落ち着かない日々を送っていた私ですが久々に野球はやはり良いもんですね。
ですが・・・そのツヨがいきなり守備でミス。1回裏、無死1塁でランナーを上手くつり出したは良いものの、ツヨから一塁手への送球がやや逸れてランナー刺せず。もったいないー、と思っていたらあれよあれよと満塁、押出しのあげくセカンドに来た鋭い当たりをツヨが弾いて相手に得点を許してしまいました。ギリギリ取れるかどうかという当たりではありましたが、ツヨならば取れないあたりでもなかったようにも見えました・・・表情は相当硬かったもんなあ。

まあ、その後は初ヒットも出ましたが、ちょっと微妙なデビューになってしまいましたね。試合はツインズのぼろ負け・・・っていうか、なんかこうロッテ野球くさかったのはツヨがロッテ菌を持って行ってしまったからでしょうか?

午後は本日各地で行われた日本のプロ野球のチャリティーマッチのうち、大阪ドームのBs-Mを見ます。これってオープン戦扱い?なんなんだか良くわかりませんが、まあ開幕までじっとしているのもナンですからね。
そういえば、このチャリティーマッチ、セ・リーグもやっていたんですね。早々と開幕延期を決めたパ・リーグでチャリティーやるぜと言いだしたものと思っていましたが、セ・リーグも日程を合わせたと言うこともあってセも一緒にやるようになったのかしらん。

それにしても、大阪ドームはお客さんが入っていませんね・・・そもそも今日明日にチャリティーマッチを行うと言うことが知られていないような気がしますし(私だってパだけだと思っていた位)それに加えてセ・リーグの開幕時期のバタバタでプロ野球の印象がちょっと悪くなってるかもという気がしなくもありません。
このチャリティーの入場料(高校生以上2,000円一律)は、全部震災の義援金になるそうですので、ぜひともお近くの方は足を運んでいただきたいものです。

ということで、試合前に黙祷と、両チーム選手会長(サブローと岸田)のメッセージの読み上げ(をい)があって、被災地への思いをいたします。
まだまだ野球を楽しむなんて状況に無い方も大勢いらっしゃるとは思います。野球で勇気とは言いませんが、気晴らしくらいになるように、はやく落ち着くといいなと思う私でした。

試合は、バファローズがメジャーにいた韓国人選手の朴、マリーンズが昨年までバファローズにいた光原の先発で始まります。
マリーンズ打線は朴にあっさりとヒネられ・・と思っていたのが、2回表、テギュンと大松に死球で塁を埋め、サブローのショートゴロゲッツーコースがファーストへの悪送球となりその間に1点。
思いがけない形で先制しました。

しかし、光原が・・・こんなにコントロール良くないピッチャーだったかしら?という感じでヒヤヒヤのピッチングでした。ランナーを出しながらも、しかしギリギリしのいで5回まで無失点。

1点先取して、ピッチャーも粘って無失点・・にもかかわらず、ひとつも勝っている気がしなかったのはなんと5回まで無安打に抑えられていたから(汗)
ボールが飛ばないものに変わったせいもあるのか、なんだかしょっぱい試合展開になっています。

それでも6回、先頭の清田が初のヒットをライト線に飛ばしてツーベース、さらに朴のボークで無死3塁とすると、続くオギタカがライト前にタイムリー!
清田&オギタカの新1,2番コンビで嬉しい追加点をあげてくれました。

この後は7回に代走から出場の岡田パパのツーベースから繋いでサトの犠牲フライで3点目。
8回は井口のツーベースからなんだかんだと岡田パパと福浦師のタイムリーで3点を追加して6-0と突き放しました。岡田パパ、昨年のポストシーズンからめきめきとバッティングが良くなっていますね。身体に軸が一本通ったような印象を受けました。金森コーチの指導の賜物でしょうか。

9回裏、なぜか吉見を投入するマリーンズ、吉見さんがバタバタで1点を失い、さらに川越を投入と言う、なんだかもうワケわからない起用でしたが、まあ貯金が効いて逃げ切りで勝ちました。

スンヨプがバファローズにいるのにビックリしたり、途中「コバヤシマサヒデ」というコールを聞いて「世の中には似たような名前の人がいるもんだ」なんてボケてたり、まだ、私のほうも開幕モードになっていないみたいです。
それでも、マリーンズに移籍してきたチキンハム・山本が見られたり、高口の守備は使えそうだと思ってみたり、光原ってこんなにコントロール悪かったっけかなあと思ってみたりと、少しずつ開幕に向けて盛り上がってきそうな雰囲気。
開幕までまだ10日ほどありますが、楽しみですね。

ってことで、気持ちくらいは明るく持ちましょう。ニッポン・ファイティン!
by kawasaki-marins | 2011-04-02 23:15 | マリーンズ2011
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル