人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:12vsファイターズ ( 8 ) タグの人気記事

西さんsを動かすな!

対 北海道日本ハムファイターズ 12回戦 [M 2勝9敗1分] F 5 - 3 M (千葉マリン)
勝/武田(勝)[8勝5敗] S/武田(久)[3勝3敗15S] 負/グライシンガー[6勝5敗]
HR/稲葉[9号]

対 北海道日本ハムファイターズ 13回戦 [M 2勝10敗1分] F 5 - 3 M (千葉マリン)
勝/武田(久)[5勝3敗15S] S/矢貫[1S] 負/ロサ[1敗]
HR/ホフパワー[8号] 荻野(貴)[1号]

対 北海道日本ハムファイターズ 14回戦 [M 3勝10敗1分] F 2 - 12 M (千葉マリン)
勝/小野[2勝1敗] 負/谷元[1敗]
HR/ホワイトセル[2号=グラスラ!]

3連戦、先に2敗も内容が切なくて、更新する気になれませんでしたよ。正直オリンピックの方がきになりますし(^^;;
とはいえ、なんだかんだと毎日見てしまうのはファンの習い性というものなのでしょうけれど。

苦手のファイターズ戦、1,2戦目はもう謎継投。
ちょっと打たれるともう心配になって継投に入ってしまう西さんsなわけですが・・・そこまで益田大谷に負担をかけても、こんどは打つ方がタイムリー欠乏症にかかって、ランナーを出せども返せず。
ある意味見事なまでに攻守が噛み合って、打線が1点とればリリーフ陣が追いつかれ、1点取れば追いつかれ・・・と、イライラが募る試合になるのでした。

そうかと思えば、清田が抹消、さらには根元も走塁の際にねんざしたらしく抹消、さらにさらには、サトまでが抹消(これも故障なのか???)と、戦力的にもピンチな状況。ううーん。初戦であっさりと首位を明け渡し、2戦目で差を付けられてしまったマリーンズ、ここからズルズルと行っちゃうのでしょうかと不安ばかりが募ります。

ですが3戦目、さすがに三タテは喰らわないと必死のマリーンズ、相手のミスもあって先取点を奪います(年に1回くらいはある薄暮のボール消失らしいです、今年の生け贄は陽くんだったらしい・・)
ですが4回5回と追いつかれ、逆転を許し・・・ああ、このままズルズルなのかとちょっとあきらめモードだったのですが。

5回裏、1死から、9番岡田パパが三塁線に見事なセーフティバントで出塁すると、1番にもどってオギタカとのコンビでヒットエンドランを決めて1死1,3塁、根元のリタイアでショートに入っている大地が見事に一塁線を抜いてタイムリーで追いつきます。この駆け引きはナカナカのものでしたよ。
さらには井口が貫禄の四球で塁を埋めて満塁とすると・・・4番ホワイトセル。今日はここまで2三振、さらには初級のカーブに全然タイミングが合っていない雰囲気を見てるとひとつも期待できない感がプンプンしていたのですが・・・もう一回、今度は甘く入って来たカーブを捉えてライトスタンドへ!これまた打った瞬間という大きなホームラン、グランドスラムですよ、あらビックリ。
これで一気に2-6と突き放します。

とどめを刺したのはグランドスラムではありましたが、この回の攻撃の、そこまでの積み重ねがまた気分良かったですよね。やっぱりやることやれば、それなりに結果も出るんですよね、たぶん(汗

4点のリードをもらって、晋吾も気分良く投げられたことと思いますよ。この後はいかにも晋吾らしいピッチングで無失点でした。
マリーンズも6,7回はファイターズの継投の前に無得点でしたが、8回裏、回またぎの乾を捉えます。
先頭の角中が打ち直しの打席でショート深い所への内野安打で出塁すると今江サブローが続いて無死満塁。田中マッチが四球を選んで押出しで1点を追加すると、ここから怒濤の攻撃が幕を開けます。
岡田パパ、大地、角中のタイムリーで1+2+2=5点を追加、結局この回6点を奪う猛攻で、終わってみれば12点の大量得点・・・うほうほ、と喜んでしまいました。

いやいや、これくらいで喜んでいる場合ではなくて、それこそ、明日に取っとけば良いのに・・・
さいご9回表は、最初こそ晋吾が続投のつもりだった様子でしたが、コレだけの大量点差がついて、急遽?南昌輝が一軍デビュー登板です。先頭打者こそ四球を与えてドキッとさせられましたが2三振を含む後続3人で打取り、いい感じで締めてくれました。なかなか力のありそうな球ですね。そういえばフレッシュオールスターにも出てましたし、期待してみちゃいますよ。

まあ、この所のしみったれた試合を見せられていた身としては、久々にスッキリしましたよ。
やっぱりベンチが余計なことをしなければ何とかなるんじゃないかと・・・え?
by kawasaki-marins | 2012-08-02 22:53 | マリーンズ2012

雨で中断が3回とは珍しい

対 北海道日本ハムファイターズ 8回戦 [M 2勝6敗] F 1 - 4 M (千葉マリン)
勝/渡辺(俊)[2勝1敗] 負/ウルフ[2勝3敗] HR/ホフパワー[3号]

今日はお天気が荒れるという予報でした。先だってわが家のあたりでも雹が降った日に、茨城・栃木あたりで竜巻が発生して大きな被害をもたらしたばかりですが、今日は愛知県沖のほうでも発生していたとか。日本上空では暖かい空気と冷たい空気がせめぎあっている状況だということで、まだまだ油断はできない状態だそうです。気をつけましょう。

そんな本日は、普通にグズグズしたお天気だった南関東界隈でした。つまり、マリンは雨。
試合はどうなるのかなあと思ったら、どうやら開始して間もなく、2回終わって中断だったようです。帰宅してテレビをつけると中断していたもんですから、チャンネル権は妹に奪われてしまいましたよ、プンプン。
それでも、もういいでしょうと奪い返して中継にあわせると4回の表、ちょうどホフパワーにソロをを打たれている所でした、なんてこったい。
まあ、3回裏に1点を追加していましたので、これで1-4、まだまだリードしていますけれどね。

この回、エラーがあったりしてさらにランナーを出し、1死2,3塁とピンチを迎えますが、調子が落ち気味っぽいファイターズ打線をなんとか振り切り、ソロの1点だけに留めます。
すると、再び雨が激しくなりしばらく中断。

5回表が完了していますから、マリーンズファンはみんなきっと、ここでコールドになればいいと思っていたことでしょう。私もコールドになれと思っていたのですが。
30分ほどして、ちょっと雨の勢いが弱まったかなと思ったちょうどそのときに審判が続行と出てきましたよ。中継のレポーターからは、雨雲レーダーでもやみそうもないという情報が入っているのに・・・

5回裏、土の上を覆っていたシートが外される頃には再び雨足が強くなってきます。
先頭の今江があわやスタンドかという当たりでツーベースを放つも、続く福浦師はたぶん雨に負けて三球三振。こりゃどーもならん、と、さすがに審判団もあきらめたのか、ここでコールドを宣言するのでした。
まあ、ゴリヒットがでたので悪いことばかりじゃないかと思ってみたり。

コールドが決まったあとには・・・出てきましたよ、プロレスのマスクを被った背番号1なんだけどやたらといかり肩の・・・これってどう見ても角中くんですよね(笑)
かっちゃんがセカンドをまわり、打席にはホンモノの清田が出てきて、タイムリー(笑)、先にホームに滑り込んでいたかっちゃんの股の間を滑りぬけるキヨ坊でした。

そういえば首位攻防戦だったこのカード、とりあえず1勝1敗ということでなんとか付いて行けているようです。なんか実感がありませんが(汗)
明日はハンカチが出てくるんですって。イヤだなあ・・・でも、マリーンズは晋吾が今季初登板、若造には負けない、ベテランの技を見せてもらいたいところですね。
by kawasaki-marins | 2012-05-09 23:32 | マリーンズ2012

まあ、こんなこともありますよ

対 北海道日本ハムファイターズ 7回戦 [M 1勝6敗] F 9 - 7 M (千葉マリン)
勝/多田野[2勝] S/増井[1勝1敗2S] 負/グライシンガー[3勝1敗] HR/ホフパワー[2号] 田中[2号]

なんでも、パ・リーグの首位攻防戦なんだそうですが、全然実感が沸きませんね。それくらい、今季のファイターズは圧倒的な試合運びをしていると思います。

ですが、まあ、そこはそれ。毎日試合をしていればいろいろなことが起こるわけで・・・今日の試合は、前半と後半では、違う試合を見ているようでした。
前半は息詰る投手戦。特にグラ様なんかもう素晴らしいピッチングで見ていてシビレましたね。根元のタイムリーで1点を先取し、さらには得点には繋がりませんでしたが、福浦師が多田野の超スローカーブをさくっとセンター前に運んで流れも持って来てくれたと思ったのですが。

ですが。ええ、30分ほど妹娘にチャンネルを明け渡した間に一体何が起こったのか・・チャンネルを変える前は0-1でリードしていたのが、え、8-1と大量リードを許しているんですが。グラ様は既にマウンドを降りて、木村が投げています。

そこから試合が変わっていました。今度はファイターズの野手陣がぽろぽろ。マリーンズらしからぬ、コツコツと追い上げて、気がつけば8回を終わって9-6と3点差まで追い上げています。
9回表を大谷が無失点で抑えると、その裏、1死からサブローが右中間へのツーベースで出塁すると、角中の当たりは相手のミスを誘って1死1,3塁。ここで、ツキが変わって当たりが出始め、今日なんか猛打賞だった今江でしたがサードゴロ・・・ですが、ランナー生還で1点を返し9-7。

なんか追いつけそうな気がしたんですけどね。
次のバッターは、途中、福浦師になぜか代打マッチが送られてからの守備で入った塀ちゃん・・・期待したんですが、生憎と(をぃ)代打大松。
いや、ここで打てれば大松の復活も・・・と思った希望もはかなく消え去り、あっさりと落ちる球に三球三振でした。

ううーん、そろそろ季節の変わり目で、春井口は終わりなんでしょうか。
今日のスタメンでヒットが出ていないのが井口だけというのに季節の移ろいを感じるなんてちょっと切なすぎます。
その代わりに、今江と清田が調子を上げて来ているのは良い兆候ではあります。まあ、この流れであれば明日にちょっとくらいは繋がるのではないかと思いますので、明日の俊介に頑張ってもらうことにしましょうかねえ。
by kawasaki-marins | 2012-05-09 00:04 | マリーンズ2012

記録阻止?

対 北海道日本ハムファイターズ 6回戦 [M 1勝5敗] M 1 - 2 F (東京D)
勝/ウルフ[2勝1敗] S/武田(久)[1勝6S] 負/渡辺(俊)[1敗] HR/ホフパワー[1号] 稲葉[4号]

世間様より一足早く、金曜日から連休突入します。でも、金曜は試合ないの日なんですねー、残念。
ということで、仕事を終えて帰宅し、例によって晩ごはんの支度なぞバタバタやっている間に・・・妹娘にテレビのチャンネルをしっかりキープされてしまっていました。
スカパーのアニメ専門チャンネルでやっている「Fairy Tail」は絶対外したくないらしいです。魔法を使って様々な「仕事」をこなす主人公たちの冒険を描いたストーリーで、まあ確かになかなか面白いですけどね。

ということで、あんまり中身は見ていないのですが、懸念されていた屋根の下の俊介はかなりいい感じで投げていたようです。6回投げてソロ2発なら十分仕事をしてくれたと思いますよ。

しかし打線が・・・なにをケチっているのか、ヒット10本も打って1点だけって・・・ヒットはすべてシングルですって。
初回に1点とっただけではそりゃ勝てませんねえ。
なかなか、波に乗り切れない打線です。そもそも長打力というのとは無縁なんですから、もっと脚つかって仕掛けていかないと何ともならないと思うんですが、今年は岡田パパにしろ伊志嶺にしろ、盗塁数が伸びていないのが気になります。もっと走らせていいと思いますよ。

さて、ゴールデンウィークの9連戦、一個くらいは見に行きたいなと思っているのですがどうなることやら。
by kawasaki-marins | 2012-04-27 06:41 | マリーンズ2012

負けたまけたー

対 北海道日本ハムファイターズ 5回戦 [M 1勝4敗] M 1 - 5 F (東京D)
勝/八木[2勝2敗] 負/ペン[1勝2敗] HR/井口[2号]

なんでも今日は、映画の「貞子」が始球式をしたそうで、もしかしたら本当に呪われてしまったのかも・・・(汗)

帰宅途中に経過をチェックすると、初回に井口のソロホームランで先制するも、その裏即逆転されているという・・ううーん、ペンは気合いが入る所ではすばらしくいいのですが、そうじゃないときはそれなりに、という感じなんでしょうか。なんだかいまだに良くわからないピッチャーです。

コツコツと打たれ、チョロチョロと走られ、さらには2,000本安打まであと6本でなもちスイカ力、カウントダウン体制に入っている稲葉には4安打と、それはもう圧倒されました。
マリーンズも、もっと脚を使っていいと思うんだけどなあ。

そんな中でも、4回からペンの後を引き継いで6回まで投げてくれた中郷がまずまずいいピッチングを見せてくれたのはちょっと救いだったかな・・でも、4回登場してすぐでしたか、小谷野の内野ゴロで失点し、直後盗塁を決められて動揺したのか、ボークを取られてしまったのがちょっと心配と言えば心配。まあ、落ち着けばいいんですが。

明日は俊介とウルフだそうですが・・・ううーん、屋根があるけどいいのかしら?
by kawasaki-marins | 2012-04-25 23:05 | マリーンズ2012

グラ様と益田くんのピッチングに痺れましたー

対 北海道日本ハムファイターズ 4回戦 [M 1勝3敗] M 2 - 1 F (東京D)
勝/グライシンガー[3勝] S/薮田[7S] 負/宮西[1敗] HR/

今日から東京ドームで対ファイターズ3連戦です。マリンでの3連戦で三タテされていますからねー、なんとか借りを返したい所です。
ということで、先発はグラ様と多田野。グラ様ならきっとやってくれる、と信じて試合開始なのですが・・・ああーっ、いきなり1回裏に失点です。無失点継続ならず、残念。
とはいえ、1失点に留めて、2回以降はぴしゃりとファイターズ打線を抑える見事なピッチングでした。惚れ惚れしますね、ホント。

そんなグラ様を助けたい打線ですが、こちらも多田野のピッチングの前にサクサクと倒れていきます。とほほ。
しかし6回表、先頭の9番岡田が叩き付けるバッティングで内野安打、モッタイナイ気もしますが続く角中に送りバントで1死2塁としてバッターは根元。追い込まれて、やっぱりもう(オープン戦の)おつりはないのか・・・と諦めかげんで見ていたのですが、追い込まれてから良く引っ張った。ライト前に抜けて、当然のように2塁から岡田パパ生還、同点タイムリーとなるのでした。

7回裏は、先頭の稲葉が打ち上げた当たりに、ライト清田が追いついてはいたのですが、狭さのあまりにフェンス直撃となるスリーベースを許してしまいます。勝ち越されてしまうピンチでしたが、ここからのグラ様が素晴らしかったです。
陽は初球ショートゴロ、ランナー動けず。スレッジを見逃しの三振に仕留めると、ロッテキラーの金子誠も無事サードゴロで勝ち越しを許しません。ここは痺れました。グラ様もう素敵すぎます。

すると8回表、1死から岡田パパが死球で出塁。パパってば今季既に3個目の死球です。なんか多いなあ・・ケガしなきゃいいんですが。
今度は角中の打席でエンドランを仕掛けてこれが成功。さらに先ほど同点タイムリーの根元が、今度はセンター前にタイムリーで勝ち越しましたよ、もう、おつりとか言えないかも。

ところが。この直後、外からゴロゴロゴロゴロ・・・と凄い音が聞こえてきていたので、え?と思っていると、あっという間に雨音がザーザーと。スカパーの受信も安定しません。どころか受信できなくなってしまいました。カーテンを閉め(遮光じゃありませんが)明かりをつけている部屋の中にも差し込んでくるような稲光と、ガッシャーンという音。近くに落ちましたね、これは・・・追加点はどうなっているのかと気になりますが、テレビはうつらず、やむなくインターネットの速報チェック。
結局、井口、サブローと凡退で勝ち越しにはいたらなかったようです。

映らないテレビにイライラしながら、速報をチェックしていると8回裏、グラ様が田中賢介、小谷野と連続でヒットを打たれた模様。
そのピンチのシーンでテレビは復活しましたよ。1死1,3塁でマウンドには中後。小谷野が盗塁を決めて2,3塁とされます。しかし、今日の中後はちょっとコントロールがアレだったようで、糸井に死球で1死満塁・・・ひえええ、大ピンチです。
ここでベンチは中後を下げて益田を送ります。この益田がまた素晴らしかった・・中田にはストレート勝負でキャッチャーフライ、稲葉に対しては落ちるスライダーっぽい球とストレートのコンビネーションでショートゴロに打取りピンチをしのぎます。
カワイイ顔して、なかなかの強心臓、若さいっぱいのこのピッチングも痺れましたー、ふふっ。

これだけ痺れるピッチングを見て、2-1で迎える9回裏、そりゃもちろん薮田なのですが・・・ほっ、今日は見事に三者凡退で締めてくれました。
週末の連続劇場でちょっと疲れてましたから、とりあえず良かったー。

マリンで三タテされた分、ここで返したいですね。明日あさっても・・・まあ、色々と懸念はありますが、若い子たちの頑張りが見ていて嬉しいので、勢いでなんとかひとつお願いしたい所です。
by kawasaki-marins | 2012-04-24 22:14 | マリーンズ2012

今年のマリン初勝利はお預け

対 北海道日本ハムファイターズ 2回戦 [M 2敗] F 4 - 0 M (千葉マリン)
勝/武田(勝)[1勝] 負/唐川[1勝1敗] HR/

対 北海道日本ハムファイターズ 3回戦 [M 3敗] F 3 - 1 M (千葉マリン)
勝/吉川[1勝1敗] S/武田(久)[2S] 負/藤岡[1勝1敗]
HR/里崎[2号] 小谷野[1号] スレッジ[2号]

この週末、近所では桜満開でしたが、なんだか少し冷え込む週末でした。花が長持ちするといいなあ、なんて思いつつ、なんだか風邪っぽかったのであんまり外歩きもせずに過ごしていました。
掃除洗濯を済ませつつ、テレビでは野球観戦。のんびりと過ごしました。

土曜は・・・いい試合だったんですよ、8回までは。
武田勝と唐川の投げ合い。どちらも打たせて取るピッチングで凡打の山を築く両投手。息詰る、というのとはちょっと違うながらも、見応えのある内容でした。
が、両者得点なく、0-0で迎えた9回表、先頭の糸井にヒットを許してから、唐川が崩れます。ここまで来て何をビビったのか・・・勝っていませんが勝ちビビリってやつなんでしょうか、なにか縮こまったようなピッチングになっていたように感じました。
パタパタとあっという間に塁を埋められ、気がつけば2失点。さらに後を引き継いだ中後もタイムリーと押出の死球で2失点(自責は唐川)。ここまでが非常に良い内容だっただけに悔まれる回になってしまいました。実にもったいなく、マリンでの初勝利はお預けとなってしまいます。

日曜は、連敗ストップを託されて、ルーキー藤岡の登板でした。
ですが、なんかこう藤岡も前回と表情が違います。ふっと見た時に「な、直行?」と勘違いしたくらい、背番号18番の前任者に似た雰囲気が・・・ううーん、これはエース候補ということなのか、あるいは直ちゃんのアレなのか・・・いいのか悪いのか(をぃ)
その藤岡、序盤はヒットも打たれますが要所を抑えてのピッチング。無難と言えば無難な立ち上がりですが、前回のような圧倒的な何かはちょっと影を潜めた印象があります。これはどうじゃろうか・・と思いつつ見ていましたら、あらま3回、先頭の金子誠を追い込みながらもレフトフェンス直撃のツーベースでランナーを背負ってしまうと、なんだかんだと2死ながらランナー3塁とされてしまい、小谷野にレフトスタンドに運ばれるツーラン。ううーん、打たれた瞬間の藤岡が、直ちゃんに見えてしまいましたよ。それってどうなのよ・・とほほ。

それでも、バッティングが好調なサトがさっそく2号となるソロをレフトスタンドのデッキ前のマリーンズファンのいる辺りに放り込み1点を返してくれますが、後が続かず。
今日のファイターズの先発は、この3年勝星のない吉川ですが、この吉川のピッチングも決して良くはないと見えましたが、適度に球が荒れて狙いを絞りきれていない感じでした。中途半端に手を出して打取られるという感じで、これがもうもどかしいのなんの。
ランナーを出せども返せず・・まあ、ロッテなんですが。

7回にはスレッジにもソロ・ホームランを打たれて3-1とリードを広げられてしまいました。
さらに四球を出して送りバントで進められた所で益田に交代。7回の残りと8回を投げて無失点、さらには9回には中後と、ルーキー継投でした。
ルーキーが頑張ってくれているのは嬉しいですが、精神的には普段以上に疲れているとも思いますし、ちょっと使い詰めな感じもします。他の中継ピッチャー何やってんの状態・・・中郷や松本といったあたりがベンチ入りしているはずですがまだ見てないですよ???
ちょっとこのあたり、微妙な感じがしますが・・・どうなんでしょうか。
まさかルーキー2人でシーズン回すわけにもいかないでしょうにねえ?

吉川の4年ぶりの白星ということで、ヒーローインタビューでは泣くのか?と期待(をい)していたのですが、「長い回を投げられなくて申し訳ない」的な内容で肩すかし。
個人的には、2007年に帯広遠征したときのピッチャーが確か吉川で、この年はこれに限らず何回か対戦してあっさりやられてしまった記憶から結構いいピッチャーの印象があったんですが、苦労していたんですね。たしかにその後はしっかりやり返していたこともありました。
ええ、こんどは打線にやり返してもらいましょうよ。

ということで、マリン初勝利はお預けのまま週が開けてしまいました。日曜に負けてしまうと月曜が辛いんだよなあ・・・とほほ。
by kawasaki-marins | 2012-04-08 21:35 | マリーンズ2012

やっぱりね。

対 北海道日本ハムファイターズ 1回戦 [M 1敗] F 6 - 3 M (千葉マリン)
勝/斎藤[2勝] 負/成瀬[1勝1敗] HR/里崎[1号チーム初!] 大松[1号] 糸井[1号]

今日は職場では春の人事異動&組織替に伴う大引越作戦。フロアのレイアウト変更の工事もあるため、全員、荷物を段ボールやら移動キャビネットに詰めて、工事の業者さんに移動してもらうことになりました。ということで、午前中のウチにさっさと自分の分を済ませ、午後はどうしようか、できれば半休とりたいな、と思っていたとおりにさくっと「半休とりまーす」宣言して帰ってしまうのでした。あらまあ・・・ま、まあいいか。

昨日のハムちょを埋めたプランターがあんまりにも殺風景な気がしたので(一応、咲いていたムスカリや、拾って来た桜の小枝なんかもお供えしてみたのですが・・)なにか春らしい花でも植えようかと思って、ハムちょを購入したホームセンターまで。マリーゴールドをたんまり買い込んできました。植えるのは明日か明後日にしようかと思いますが、プランターの上にお花を並べて、ハムちょも、ちょっとは寂しくないかしらと思ってみたり・・・

半休とりましたが、そんなこんなで晩ごはんの支度なぞしているうちに、あっという間にマリンのプレーボールとなります。
ホーム開幕戦は、はからずも開幕投手対決となりました。成瀬と斎藤、いずれも緒戦を勝っています。ですが、エース対決というのはなんだか微妙に感じる対戦なのはなんでかなー?

試合は成瀬の立ち上がりからとなりますが、いきなり先頭の糸井に四球を与え、ピンチを招く成瀬です。なんかこう、変化球のキレがないというか、相手打者に粘られてしまう印象がありました。
3回には小谷野にタイムリーで1点を失うと、その裏、サトのソロホームランで追いついてもらいます。
しかし4回には稲葉の右中間方向への当りがサブちゃんが追いつくもギリギリボールを弾いてしまってスリーベースとなると、陽のライトへの浅い当りをサブちゃんの突っ込み甘く(いいときのサブちゃんならチャージかけて突っ込ませなかったなと思わせる当りですよ・・とほほ)犠牲フライにされて再度勝ち越されてしまいます。なんかこう、全盛期のサブちゃんを思うとちょっと寂しいプレーが続きました(涙

それでも4回裏には井口、セル様の連続ヒットで1死1,2塁とした所でサブちゃんがピッチャーの足元を抜くセンター前へのタイムリーで再び追いつき、なんとか喰らいつきます。
が、逆転まで行かないんですよねー。畳み掛けたいところで、斎藤に上手くかわされてしまうのです。きぃーっ、カワイイ顔して憎たらしいピッチングをしますね、まったくもう。

6回には小谷野と中田のヒットから稲葉が犠牲フライで1点勝ち越されてしまいます。
お互いこつこつと1点ずつという、なんとも渋い試合ですが、この後は得点を返すことができませんでした。
3-2と勝ち越されて7回までを成瀬が投げました。結局今日は最後まで変化球のキレを感じませんでしたね。打者に粘られて攻め込まれた感じで、負けもやむなしという内容でしたが、それでも3失点ならなんとか試合を作ってくれたかとは思います。
まあ、相手が悪かったということで・・・昨年も斎藤にはなんだかんだとやられていた記憶がありますし。

8回には中後が登板しましたが、先頭の糸井の高いバウンドの内野ゴロは井口が完璧にさばくものの糸井の脚が勝り内野安打になります。送りバントで進められ、田中賢介を伊志嶺の好守でレフトフライに仕留めると、中田との勝負を避けます。が、次のバッターは稲葉ですよ?そりゃ右の中田を嫌って左の稲葉と勝負という気持ちは分からなくもありませんが、でもねえ、稲葉ですよ、ベテランです、ここぞという所の勝負根性は・・・はい、さすがでしたね。セカンドの糸井の脚もありましたが、きっちりとタイムリーでしたね。
さすがのベテランは甘くはありませんでした。まあ、中後にはいい経験になったでしょう。プロは、こういう厳しい勝負が続くのですよ。

さて、ファイターズも8回からは継投。ですが、増井にはさくっと三者凡退でした。
9回表には先日奥さんが赤ちゃんを出産して落ち着いたであろうロサを投入しますが、2死から鶴岡をヒットで出塁させてしまうと、糸井の打球はライトスタンドに・・・あちゃー、ここでツーランは痛い。痛すぎです。6-2と4点差になってしまいました。今日も、当たり前の顔をして、結構むずかしいフライを捕っていた岡田パパでも、フェンスを越えちゃったら、ねえ。
唯一の心の慰めは、4点差でも準備しちゃったから・・という感じで出て来た武田久にセーブがつかないことくらいですかね。トホホ。

なんて思っていましたが。
9回裏、先頭の今江があっさりとピッチャーゴロで凡退すると、続く大松が振り抜いた当りはぐぅぃぃぃぃーーんと伸びてライトスタンドへ!
おおー、これはオオマチュの復活弾、と思いたい。今年は復活の姿を見せてもらいたいですよ、ほんと心底。
さらにはサトがヒットで出塁すると、岡田パパに代えて、切り札を切ってきましたよ。ここで福浦師を代打で投入。福浦師さすがのスイングでライト前に落として1死1,2塁とします。がぜんライトスタンドは盛り上がりますが、伊志嶺がショートゴロでセカンドで代走工藤がアウト、2死1,3塁となりバッターはオープン戦のおつりがまだ残っていそうな根元・・・でしたが、中途半端に内角の球に手をだしてボテボテのセカンドゴロでジ・エンド。

ああーぅ、背負ってるヤツには敵わなかったということですよ。にゃあもなにか背負わなきゃいかんかったのか。斎藤のピッチングの上手さにやられたという感じですね。成瀬も「ダルなら点をやれないけど云々」と、斎藤相手でなめくさったコメント出していましたが、だめじゃん、斎藤相手でもせめて1点以内に抑えなきゃ。ウチの打線なんだから・・・
でもまあ、サトと大松のホームランが出たのは素直に喜びましょうか。福浦師のヒットもね。

まあ、暖かい明日に頑張ってもらいましょう。
by kawasaki-marins | 2012-04-06 23:14 | マリーンズ2012
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル