人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:12vsライオンズ ( 14 ) タグの人気記事

しょぼぼぼーーんの三連敗

西武ドームは三連敗でした。
初戦は成瀬が被弾王の貫禄を見せつけ、二戦目は先発のマシスが打たれるも阿部が立て直しますが打線はそんな阿部を見殺し。
三戦目は藤岡が踏ん張り、南昌、益田と繋ぎますが、やっぱり無援護。
結局、益田の暴投(記録上は)で決勝点を与えてしまいました。

このカード前は2.5ゲーム差だったのに、あれよあれよと5.5ゲーム差、ファイターズやホークスからも恨まれそうなヘタレっぷりをみせつけてくれたのでした。

うーん、プレッシャーのかかる状況といえばそうなんですが、週末の関東地方の大雨に湿気ってしまった打線でした。

ここでなんとか踏んばってもらって、せめてAクラスは・・・ううーん、上位は強いなあ。
とりいそぎ、覚えにもなりませんが、無味乾燥な感想だけのメモ。
by kawasaki-marins | 2012-09-02 23:58 | マリーンズ2012

マリンでもとほほ

対 埼玉西武ライオンズ 13回戦 [M 7勝5敗1分] L 6 - 3 M (千葉マリン)
勝/岸[9勝8敗] 負/グライシンガー[6勝6敗]
HR/カーター[1号]

例によって節電休み?の金曜日、本当は神戸にロッテを追って行きたいなと思っていたのですが、家庭の諸事情で遠出は難しいかも・・・ということであきらめていたのでした。

実は、亭主の田舎の父が肺炎で入院していたのですよ。なにせもう80歳を過ぎる年寄りですから、下手をすれば命取りにもなりかねない病気なわけで、亭主も毎週のように九州に帰省しているくらい。それが思いのほか早く回復して、救急で入院していたのが、週明けにはリハビリの病院に転院という運びになり、ちょっと一息という状況になりました。当初はお盆に退院、というか転院できるかどうか、という見立てでしたから、順調以上な回復ぶりです。

ということで、神戸には何も手配していないのでちょっと無理っぽいですが、そういうことなら・・・8月3日はお休み、ということで、急遽、長岡花火を見に行くべえ、ということになったのでした。
金曜の朝にあめおで出発。目指すは関越長岡南越路スマートインター。いつの間にできていたんでしょ?たしか3年前にはなかったような・・・まあ、便利になるものですよ。
亭主は普通に出勤ですので、私と娘たち2人で日帰り、というか0泊2日のとんぼ返りでしたが、今回はお天気に恵まれ(前回はあめおの名前の由来になった土砂降りにあったので・・)さらには長岡を舞台にした映画「この空の花」をモチーフにした新しいプログラムも見られて、非常に充実の花火ツアーとなりました。
カメラもって行かなかったので写真はなし。iPhoneで動画くらい撮ろうかなと思ったのですが、画面に入りきらなかったので途中で挫折している私でした。スイマセン。

そんなわけで土曜はグータラしながら洗濯やらなにやら家事を片付け、ナイターの大阪ドームも見てはいたもののなんかガッカリな試合で気合いも入らず。
日曜は親類の初盆ということでお出かけしていたので、これまたデイゲームの大阪ドームは見られず。まあ、見られなくて残念だったのは益田くんの初セーブくらいなんでしょうかねえ。

ということで、この3連戦の記事はパスします、スミマセンスミマセン。

で、マリンに戻って今度はライオンズ戦ですが、これって2位3位の順位入れ替えもある対決じゃありませんか!
こりゃえらいこっちゃ。と思いつつも、テレビの画面は半分ではなでしこジャパンの準決勝なんかだったりして、全然集中できません。スミマセン。

岸から2点を先制しても、守りきれない・・・ううーん、サトの離脱が痛い。痛すぎです。
でも、きっとサトはもっと痛い思いをしているんだろうなあ・・・(涙
マッチ頑張れ!
と、グラ様が突然、指?かどこかを痛めたらしく急遽継投にはいり、で、結局中継ぎ陣が打たれて勝ち越されてそのまま敗戦。グラ様のケガは心配です。マメがつぶれたくらいで済めばいいのですが。

9回裏の福浦師のバッティングの見事さに惚れ惚れしつつも、やっぱり追いつかない程度のアレだよなあと思った通りだったりするわけです。

中継ぎ陣が深刻なのは勿論なんですが、キャッチャーが・・・マットンは何をしているのかしらん。
by kawasaki-marins | 2012-08-07 22:20 | マリーンズ2011

晋吾さんは悪くないです!

対 埼玉西武ライオンズ 12回戦 [M 7勝4敗1分] M 1 - 2 L (所沢)
勝/菊池[1勝1S] S/涌井[3敗11S] 負/小野[1勝1敗]
HR/中村[15号] 栗山[2号]

晋吾は好投してましたよ、ええ、してましたとも。
見はじめたときには1-1、ちょうど栗山に被弾する所からという切ない見始めでしたが、1-2ならめげるような状況ではありませんもの。気持ちを切らさず丁寧に投げていた晋吾を責めることはできません。

むしろ打線、というか戦術です。
7回表に角中のヒットを契機にチャンスをつくりますが、2死1,3塁まで持ち込むも得点ならず。
9回表も、1死からやはり角中のヒットから何とか追いつきたい所なのですが・・・追いつきたいんですから、ここで角中に代走岡田パパという手をどうして取れないのかと。ゲッツー崩れで残った今江に対して早坂を代走に送りますが、どうにも後手後手の印象は拭えません。
結局、2-2でしたか、カウント追い込まれてから早坂が仕掛けて2塁で刺されると言うなんかもう脱力ものな幕切れ。

しかも、1点ビハインドという状況から8回に益田を突っ込むのはどうなのよと。晋吾だって99球ですよ、好投してますよ、ベテランですけど、それだけにペース配分は間違えませんってば。

あーもう、ベンチの考えてることは分かりません。
救いは、益田くんがオールスター期間が多少は休養になったのか、球威なんかも少しは戻って来ていること・・・でも、それはそれでまた酷使されそうな(涙)

後からはファイターズがヒタヒタと・・・ゲーム差なくなってしまいました(汗)
by kawasaki-marins | 2012-07-27 19:59 | マリーンズ2012

後半戦といいつつほとんど残りは3分の1

対 埼玉西武ライオンズ 11回戦 [M 7勝3敗1分] M 2 - 4 L (所沢)
勝/牧田[8勝5敗] S/涌井[3敗10S] 負/グライシンガー[6勝4敗]
HR/

オールスターはどうせハムスターなんでしょ、なんて思ってみていましたが、どうしてどうして、初戦は大阪ドームで中村ノリさんの大きなホームランでMVPとか、成瀬の魔球?ニャックルカーブ?とか、なんか良いものを見られたなあと思ってみたり。
まあ、ウチの子たちは・・・(汗)

そんな感じで、さらさらとオールスター休みもあけて、今日からペナントレース再開です。

再開初戦は西武ドームでのライオンズ戦から。
先発は、Tシャツとトートバッグが発売されたグラ様から。グライシンガーZのトートバッグかなり欲しいです(笑)そんなわけで今日はずーっと「グライシンーガァーゼーット!!」と口ずさんでいたりして(分かる人は手を挙げるように)

・・・それが悪かったのでしょうか。
帰宅してテレビをつけて見はじまったとたん、なんだか2点タイムリーとか打たれちゃって、逆転されているんですが(涙)
全くの所、「西武の秋山」とはいやーな響きでありますよ。

マリーンズ打線は、ライオンズの先発の牧田から、ランナーを出すには出すのですがどうにもチャンスらしいチャンスにもならず。
例によって晩ごはんの支度をしながら横目で見ていたのでアレなんですが・・・

7回表に併殺崩れで1点を返して、なんとか反撃に、と思ったその裏。マリーンズ2番手の大谷が三者三振で締めたところはちょっと期待したのですが、やっぱり打線が湿り加減、8回もランナーを出せども得点にならず。
大谷も、この間の中1日での先発とか、やたらな使われ方で気の毒なんですが、そこで好投しても何だか報われずにいます・・・やっぱり気の毒。良いピッチングしてるのになあ。

ということで、最後は涌井に締められておしまいでした。
うん、今日は蒸しましたからね、そりゃー打線も湿りますよ・・・って、いやいや、個別には調子は悪くないですよ、ヒット数だって10本打ってるんですから。もう少し、出したランナーをちゃんと返すような算段を立ててですな、アレな訳ですよ。

首位ターンなんて言って浮かれていると、もうすぐ後にハムさんたちの足音がヒタヒタと・・・いえまあ、そんな調子にのって首位にいられるとか思っていませんが。スミマセンスミマセン・・・
by kawasaki-marins | 2012-07-25 22:39 | マリーンズ2012

今年いちばん嬉しい試合でした

対 埼玉西武ライオンズ 10回戦 [M 7勝2敗1分] L 4 - 12 M (千葉マリン)
勝/渡辺(俊)[4勝2敗] 負/石井(一)[6勝3敗]
HR/根元[4号]

嬉しい試合でした。
もちろん、気分良く打線が繋がって快勝したことはありますが、なによりも9回表、マウンドに上がったのが荻野#0。じつに、2009年以来のマウンドです・・・なんかもう、胸の奥からじんわりと来るものがあって・・・
よくぞ帰ってきてくれました。
プロ野球選手としては小柄な体格ながら、全身をバネのように使って投げるフォームは健在でした。

序盤に頑張ってくれていたルーキーたちがちょっと息切れしてきたこのタイミングで、本当に頼りになる人が帰ってきてくれて、なんと今年のマリーンズはいろんな意味で噛み合っているのかと思うと驚くほどですね。
あとは伊藤ちゃんが帰ってきてくれれば言うことはありませんね。

さて、試合ですが、速報で初回に1点を先取されているのを見たときは、正直かなり不安でした。
なにせ俊介ですから、投げてみないと分からない・・・で、いきなり捉えられているのかしらというわけですよ。
ですが、帰宅してテレビをつけると・・あれ、もう追いついてるし。
とか、バタバタしている間にあっという間に1-5と逆転してますよ。
なんでも1回裏に根元のソロで追いついて、2回の裏には井口、サブローのタイムリーで4点を奪ったとか。
おお、石井一久を打てているようですね、ふふふ。

この後はもうお祭り状態(笑)。
サブローが大当たりで今季初の猛打賞かと思えば、昨日規定打席に到達して打率2位に躍り出た角中も2安打2打点。
大松も確実に調子を上げて来ていますし、ゴリキャプも久々にタイムリー。誰がどう打ったかとかもうワケわかりません。

7回には俊介がちょっと捕まってランナーを溜められますが、スコア1-9と8点もリードしていれば全然余裕、俊介を引っ込めて大谷に繋ぎ、一人や二人はしゃーないからアウト取ろうぜ的余裕の試合運びで相手の反撃を断ちます。
するとその裏、ライオンズの継投に合わせて、スタメンの清田に対して岡田パパを送ると、その岡田パパが見事にヒットで出塁、さらには余裕の盗塁も決めます。
1死2塁から、今度はオギタカのセンター前に抜ける当たりで、岡田パパ余裕のホームイン。こういうのは毎日でも見たいですね。送りバントばっかじゃなくて(^^;;

8回には薮田が余裕の5者凡退とするとその裏、相手のミスと角中の犠牲フライでさらに2点を追加、気がつけば4-12なんて大量得点ですよ。

この状態で満を持して荻野#0の投入。
先頭の星秀和に一塁線を抜かれるか!とひやりとする当たりを許しますが、コレを大松が横っ飛びでキャッチ!大松よくやった、今日一番の仕事です。
これで落ち着いたでしょうね、片岡、栗山を、変化球責めで打取り、実に3年ぶりとなる一軍のマウンドを踏みしめるのでした。

いやもう、本当に嬉しいですよ。荻野くん、最初は肘の遊離軟骨(いわゆるネズミ)の手術だというから、大したことなく復帰できるのかなあなんて思っていたのにいつになっても姿を現さないわけですから、どうしたのかと心配で心配で・・・まる2年というのは相当辛かったろうなと思うと、鼻の奥からジーンときちゃいますよね・・・

今日は良い夢が見られそうです・・・
by kawasaki-marins | 2012-06-29 00:51 | マリーンズ2012

唐川の復帰初戦は完投勝利

対 埼玉西武ライオンズ 9回戦 [M 6勝2敗1分] L 1 - 2 M (千葉マリン)
勝/唐川[7勝2敗] 負/野上[1勝3敗]
HR/大松[3号] 星(秀)[1号]

今日は唐川が一軍復帰登板です。肩痛で抹消ということでしたのでちょっと心配でしたが、今日の登板を見る限りは大事をとったということで良さそうですね。
・・・なんて書きつつ、実はあんまりじっくり見ていたわけではないのですが(汗)

落ち着いたのが3回でした。回の先頭はオギタカでした。次は根元・・ん、今日はオギタカが1番に入ったの?と思ったら、次のバッターは岡田パパ。え?
岡田パパ3番・・・ってことは、さすがにないですよね(汗)
9番オギタカ、1番根元、2番岡田パパだったのでした。コレを狙ったのは良くわかりましたよ・・・ですが、まだ夜になると涼しいですが3番の井口は既に夏モードなのでしょうか。2死から岡田パパがさすがの内野安打で出塁しますが、井口が三振で得点には繋がりません。

その裏は守備で見せてくれるマリーンズでした。
栗山の、フィールドシートギリギリへのサードファールフライを、本日スタメンの鈴木大地がスライディングキャッチ!
すると、負けじと今度は岡田パパが、オーティズのセンターフェンスギリギリへの大きな当りを、フェンスとの間合いをはかる余裕を見せてのスーパーキャッチ。
この回に限らず、今日の守備は良かったと思いますね。ちょっと前にミスが続いていたからちょっと心配だったのですが、さすがに今年のマリーンズは違う・・・のかな?

そういえば、いよいよ今日、角中が規定打席に到達の見込み。この調子ですと、隠れ首位打者が一気にトップに躍り出るのではとワクワクしている状態なのですが、それがプレッシャーになってしまっているのか、この2試合ほどはヒットが出ていません・・・ちょっと心配かも。

なんて思っていたら、4回裏、1死から角中が四球を選んで出塁すると、続く大松の一振りは、その瞬間に行ったとわかるホームラン!
コレですよ、コレ。久々に美しい弾道のホームランです。例によって・・と言うほどの回数がないのがアレですが、ベンチにもどってハイタッチの最後に、早坂やマッチと「ダー」で盛り上がる大松でした。例によって、と言えるくらい打ってほしいですね。

この後は、ランナーを出しはしますがやっぱり決め手に欠けるマリーンズ打線でした。
ですが、唐川は8回までを3安打無失点。これは、久々の一軍マウンドは完封勝利もあるんでは・・・と思ったんですが。
9回表、先頭の星秀和に初級をいきなりライトスタンドに運ばれてしまう唐川・・・なんか最近、ロッテ菌に汚染されているような・・・え?

ま、まあ、これはなかったことにして9回を締めてくれれば・・・と、2死からオーティズにヒットを許してドキドキしましたが、最後ナカジを仕留めてヒヤヒヤさせてくれながらも立派に完投で勝星をもたらしてくれたのでした。

ふぅ、パ・リーグに戻って、ようやく白星ゲット。これで一安心です。
まあ、3連敗なんて連敗のうちには入らないぜ、なんて強がってみてもやっぱり勝てると嬉しいですものね。
by kawasaki-marins | 2012-06-27 23:17 | マリーンズ2012

盛り上がったのでよし

対 埼玉西武ライオンズ 8回戦 [M 5勝2敗1分] L 6 - 3 M (千葉マリン)
勝/岸[7勝6敗] S/岡本篤[3敗1S] 負/成瀬[7勝3敗]
HR/

帰宅して、テレビをつけると2回でしたか、今江が脚に死球を受けて出塁すると、大松が意趣返しと言わんばかりに岸に強襲ヒット。でもこれで点にならないもんなあ。さすが岸です。打てないだろうなあと思った通りですよ、とほほ。
そんな相手なのに、初回からいきなり3失点の成瀬・・・え、調子悪いの?と思ったのですが、帰宅後でバタバタしつつも4回くらいから落ち着いてみられたのですが、全然悪くなんかありませんでしたよ。ホイホイと詰まらせて打者を打取る、成瀬らしいピッチングでした。

でも、それ以上に岸が良かったなあ。
まともにバットに当りませんもの。コレじゃあどうにもなりゃしません。

8回に岸から長田に継投されたときにはもしや・・と思いましたがここは三者凡退。
マリーンズも9回は成瀬を引っ込めて中郷に継投するのですが、中郷も打たれて3失点。終わってみれば、これがなければ・・・という事態になるのですよ。

中郷も本来いいストレート持っているのですが、このところちょっとそれが活かせていないように思います。なんというか、弱気な感じが・・・しかし、それ以上に持っていない感じが切ないです。
1死満塁から上本に犠牲フライを許すと、2死1,3塁から大崎にレフト前、角中がもたつく間にバッターランナーが3塁を狙いますがコレを3塁で刺すことができた、所までは良かったのですが、サードランナーのオーティズのホームインがほぼそれと同時。
いったんはオーティズのホームインは無効とされてスコアボードには2点の表示だったものが、いつの間にかホームインは認められていて3点になっているって(泣)

中郷、もってません。中郷にはもっと前向きに頑張ってもらいたいんですよ。立場は微妙な所だとはおもうのですが、そんなことにはめげずに頑張ってもらいたいです。ほんと。

その裏、クローザーに転向の涌井を2死1,2塁から福浦師、弟子大松、サト、と3連打で3点を返すのですが、そこまで。9回表の失点が悔まれます。
まあ、9回表は追いつかない程度の何チャラというやつで、盛り上がったんで良いことにしておきましょうか。
by kawasaki-marins | 2012-06-26 22:48 | マリーンズ2012

グダグダな連休最終日

対 埼玉西武ライオンズ 7回戦 [M 5勝1敗1分] M 4 - 4 L (所沢)
勝/ S/ 負/ HR/清田[1号]

連休の最終日となる今日、朝起きたら、TimeCapsule(アップルのHDD付き無線ルータ)が止まっていました。
昨晩からやたらとファンが動いていて、気にはなっていたのですが・・・あらまあ。とりあえず、以前に使っていた有線のルータを引っ張りだし、それにAirMacExpressをひっつけてネットワークに繋げていますが・・・さて、壊れたカプセルくんはどうしようか思案中です。MacBookのバックアップもたっぷり入っているし。

そんなこんなで、なんだか不完全燃焼な連休でしたが、今朝は通常の日曜日ということでテニスのレッスンにも行って、サーブでドツボにハマってきました。入らない・・・とことん入らない・・・ぐぅ・・・
ま、まあ、気を取り直して来週も頑張ります。

通常の日曜のルーティンのとおり、レッスンを終えて、一週間の買い出しを済ませて帰宅し、お昼にはいよいよ初夏の雰囲気ということで冷やし中華にしようかと支度をしていました。
しかし、なんだか頭痛がひどくなってきました・・・何でだろう?
それでも、お昼を済ませてやきゅうだやきゅうだーとテレビをつけてノンビリと見ていましたが、どんどん頭痛がひどくなってきます。こりゃイカンと頭痛薬を飲みましたよ。

西武ドームは、藤岡と西口が先発、初回の西口の出来を見ていたらどうにも点を取れる気がしませんでしたね。
対して、藤岡の出来は今ひとつ。すっかりロッテキラーに成長した栗山がいきなりヒットで出塁すると、おかわりタイムリーで1点を失ってしまいました。
ルーキーですからね、気が張っていた開幕初頭から、そろそろ疲れを自覚してくる時期・・なのではないかと心配です。
長いシーズンのペース配分なんかは、聞いたってなかなかできるものではないでしょうし、これは今後の課題になるのでしょう。

ですが、2回表、突如として西口が崩れます。
急にコントロールがおかしくなり、ストライクが取れずに先頭のサブローに四球。角中がヒットで続くと今江が併殺打も、福浦も四球で2死ながら1,3塁となります。
続くバッターは本日のスタメンマスクのマッチ。どうも、藤岡との相性が良いんじゃないかということなんですが・・・ううーん、いろいろと不安が。
しかしここはショートへの緩いゴロで、マッチの脚で内野安打となりランナー生還、さらにナカジが悪送球でランナーが進み2死2,3塁とします。よっしゃー、追いついた!
さらにさらに、続く清田の一振りは一直線にレフトスタンドに突き刺さるスリーラン!!!
おおーっ、一気に勝ち越しちゃいましたよ。おっほほー。

すいません、浮かれていました。相手が西口なのを忘れていました。
さすがベテラン、崩れたのはこの回のみ。3回以降は一体これはなんだったのかという風情で淡々と立て直し、ランナーを出してもさくっと締められてしまいます。

さらには4回裏、今度は藤岡がつかまります。
先頭にツーベースを許すと、内野安打だかエラーだかで1,3塁、さらに暴投だタイムリーだで1点を返されてしまうと、さらに死球で無死満塁の大ピンチ。
ここでベンチは藤岡をあきらめて大谷をマウンドに送ります。
とんでもない状況で、片岡に2点タイムリーをゆるしてしまい同点に追いつかれてしまいましたが、これで大谷も開き直れたのか後続は断ち切り、逆転は許さずに踏みとどまりました。
このあとは、なんとかかんとかライオンズの拙攻にも助けられつつ(^^;;)ゲームを立て直してくれる大谷でした。なんだか今日の大谷はかなり男前に見えましたよ。

結局、この後はお互いランナーを出し、チャンスを演出するも決め手に欠ける展開だったようです。
頭痛薬の効き目もあり、ウトウトしながら見ていたら、急に自宅周辺の雲行きが怪しくなり、急にスカパーの受信が不安定になったかと思うといきなり雹(ひょう)が降り出しビックリ。
しかしあっという間に降り止むと受信も回復し、画面はいきなり2死満塁だったりして焦ったりと、なんだかもうワケわかりません。

よく引き分けで済んだなあという感じでしょうか。中後、益田のルーキーコンビは今日も頑張ってくれていました。薮田もよくまあ最後3者凡退で締めてくれました。
そんなグダグダな展開になってしまった試合ですが、その中で、ゴリキャプこと今江が長打を打ち出したのは良い傾向・・・と思いたい所です。逆に心配なのはサト。マッチのスタメンマスクはまあ相性なのかとも思えますが、途中マッチの代打で出場してそのままマスクを被るのかと思ったら、金ちゃんに交代ですって。どこか調子が悪いんでしょうか・・心配です。
あと、個人的には大谷に白星をつけてあげたかったなあ。それくらい男前に見えましたよ(^^;

明日からまた通常営業の毎日ですが、さて、また気合いをいれて頑張りますかねー。
by kawasaki-marins | 2012-05-06 21:58 | マリーンズ2012

ライオンさんが勝たせてくれた

対 埼玉西武ライオンズ 6回戦 [M 5勝1敗] M 4 - 2 L (所沢)
勝/唐川[5勝1敗] S/薮田[2勝9敗] 負/野上[1勝2敗] HR/

すっかりお天気が回復したこどもの日の本日、お昼前から亭主がベランダのプランターの世話なんか始めていたので、手伝いもせずに(をぃ)ベランダから景色を眺めていたら、おおーっ、わが家のベランダからも東京スカイツリーが見えることに気がついてちょっとビックリでした。
e0095468_202642100.jpg

まあ、見えると言っても遠いので薄い陰みたいものですし、手前のマンションにほとんど隠れてしまって、本当にてっぺんのほうだけなのですが、でもなんだかちょっと嬉しかったりするのでした。けっこうミーハーな自分です。

娘たちは習い事があって、結局今日も特に出かけるでもなく、そんなこんなでテレビの野球中継をみるような休日でした。のんびり見られたので良しとしましょうか。
ですが、今日は「こどもの日」、マリーンズの負けの特異日です。数年前に勝ったような記憶はありますが・・・と、ブログを手繰ってみたら2007年のこどもの日に勝って以来なんですねー。

今日は、立ち上がりからいきなり先頭の栗山にヒットを許し、ナカジーのタイムリーで先取点を奪われるという、ちょっとピリっとしない唐川でした。
ですが、2回表、ライオンズ先発の野上が四球、死球でランナーを出すと、今江の送りバントで守備が欲張り3塁封殺を狙うもこれがフィルダーズチョイスとなり、無安打で無死満塁となります。これってピンチですよね・・・なんて思っていたら案の定、大松が内野フライ、サトがライトへのファールフライもランナーはタッチアップできず。清田の当たりはサードゴロ・・と思われましたが、ライオンズ守備がばたつきながらもこれが内野安打になったらしく、この間に2者生還、1安打(しかもアヤシい内野安打)で逆転しちゃいました。

ですが、直後2回裏、1死からヘルマンにヒットで出塁させてしまうと、なんと唐川ボークで2進、さらに、1,2塁間抜けるかと思った当たりに大松が追いついた所までは良かったのですが、ベースカバーに入る唐川と呼吸が合わずに悪送球。この間にヘルマン生還であっさりと追いつかれてしまうのでした。このヘルマンって選手は実に良く走りますねー。
しかし、ここからは唐川もギアが一段上がった・・・のか、あまり調子は良くない感じでヒットを打たれながらも要所を締めてこの後は失点せず、7回2失点でなんとかしのぎます。

なんとか援護したい打線ですが、5回表、サトの必死の走塁のツーベースから反撃が始まります。野上の暴投でランナーが三塁に進み、バッターは四球で無死1,3塁、1番の岡田パパに戻ると、初球をあっさり犠牲フライ。サトここも必死の走塁でホームイン。結局ダイヤモンドひと回りを必死に走ったサトでした、よく走ったぞ。
さらに根元も初球ヒットでふたたび1,3塁とします。井口は粘るも三振に倒れますが、サブローが見事にタイムリーで清田が生還、4-2と勝ち越します。

結局、試合はこのまま。マリーンズは8回に益田、9回はヒヤヒヤながらも薮田を投入で逃げ切りました。
ライオンズは昨日に引き続き、リリーフ陣の再建を狙っているのか、9回にはビハインドながらプロ初登板となる大石を投入。さすが期待の逸材だけあってあっさりとひねられるマリーンズ打線でした。
ナベQ監督もさすがに動いて来たようですね。なんでも涌井も後ろで使うということだそうですし、大石も先発といわれていたのがここに来てリリーフからということになってきたわけですから・・・対戦相手的にはあんまりしっかり立て直されてしまうとそれはそれで困るのですが(汗)

いいお天気で、こどもの日で、西武ドームで勝てて、なんとなく気分良く夕食の買い物に出かけると、スーパームーンだという満月が登ってきました。
e0095468_2155757.jpg

晩ごはんを済ませて、久々に500mm望遠でねらって見ましたよ。
by kawasaki-marins | 2012-05-05 21:06 | マリーンズ2012

エースの風格です

対 埼玉西武ライオンズ 5回戦 [M 4勝1敗] M 3 - 2 L (所沢)
勝/成瀬[2勝2敗] 負/ウィリアムズ[1敗] HR/

なんだか平日モードが抜けないままに連休も終盤に入ってきました。今年の連休はお天気もイマイチでたいしたお出掛けもせず、なんとなく近所で過ごしている感じです。
そんな今日は、ようやく雨も上がったので、妹娘の自転車の慣らし(?)と、私もインラインスケートの練習に、近所のちょっとした広場のような場所へ。葉桜の下でお弁当(と言っても、スーパーのお惣菜売り場ののり巻きとお稲荷さん^^;;)を食べて、練習です。
数年前にちょっとだけやったきりですので、アヤシいアヤシい。なにせ、ちゃんと止まれません(をぃ)何となくじわーっと減速して止まる感じ。まあ、滑る方も滑るというよりは、ちょっとズリッとしながら歩く、という感じなのでそんなにスピードが出るわけでもないのですが・・・まあ、そんな感じでしりもちをつきながらも小一時間ほど練習していましたら、急に雲行きが怪しくなり、ボツボツと雨が落ちてきたので、こりゃイカンと慌てて帰宅するのでした。

ということで、試合を見はじめたのは3回から。
すでに0-1と先制を許しています。どうも挟殺プレーの失敗でランナーを走らせてしまったらしい・・・ううーん、今日も成瀬見殺しなのかしらと心配でしたよ。

ですが、成瀬はそんな仕打ちにも気を落とすでもなく力強いピッチングを見せてくれています。見殺されて、いつの間にかエースの風格が身に付いて来たようにも思えますよ。
そんな成瀬にも少しずつですが援護の手が届きます。
4回表、1死から井口が四球を選び出塁、内野ゴロで2塁に進むと、なんと本日5番に入った角中がセンター前にぬけるタイムリー、井口が必死の走塁でタッチをかいくぐり同点に追いつきました。
角中もようやく応援歌ができて、気持ちが乗ってくるのではないでしょうか。今日は守備でもいいプレーが出ていましたし、なんとか一軍の外野陣に食い付いてもらいたいと思う選手の一人です。

しかし6回裏、先頭のナカジにヒットを許してランナーを出すと、おかわり君のレフトフライを角中がギリギリの見事なキャッチで1死としますが、続く秋山に右中間フェンス直撃(入らなくて良かったー)されます。リバウンドを岡田が素手でつかみ素早く送球、ランナーのホームインは許しません。これも見事な連係プレーでしたね。
ですが1死2,3塁からヘルマンに犠牲フライを許し、再び勝ち越されてしまうのでした。

ううーん、ライオンズも石井一久ですから、この状況はちょっと厳しいのかしら。そういえば前回も石井一久を打てなかったような・・成瀬見殺しだったような・・・
なんて思っていたら7回表、1死から今江が膝裏あたりに当る死球で出塁すると、大松がライト前に抜けるヒットで続きます。1死1,2塁で岡田パパが微妙な位置ながらショートにゴロ・・ああーっ、と思った刹那、バッターランナーは岡田ということで焦ったのか、ナカジーがサードに送球するもこれが悪送球、ボールはベンチに飛び込んだらしくボールデッドでテイクワンベース、悠々と今江がホームインであっさり追いつくことができました。
1死2,3塁とチャンスが続きます・・・が、清田が2ストライクと追い込まれてから大松に代走伊志嶺を出すようなへっぽこ采配のせいなのかなんなのか、清田は四球を選んで1死満塁としますが、石井一久から岡本篤志に継投されてあとが続かず。
このチャンスで勝ち越せないというのも、なんだか流れをつかみきれていない感じで、いやーな予感がしなくもなくもないのですが・・・

8回表、ライオンズベンチが送り込んで来たウィリアムズの前にあっさり2死となりますが、珍しくサトが粘って四球を選ぶと、続く今江が左中間フェンスに届く大きな当り、サトが必死に走ってホームイン、今江も三塁に滑り込むタイムリースリーベースとなります。
今江は今日もう一本良い当りのツーベースを放っていますので、打撃の底は打った感じ、これからは良くなってくれそうな雰囲気が出てきましたね。
この後は大松のあとにファーストに入った塀内が打席に入り、一瞬、頭に行ったかと思われた肩への死球で出塁しますが後続打取られて追加点はなりませんでした。

9回表はなんと、マウンドに今日一軍復帰の涌井が出てきます。
実戦のカンを取り戻すための登板・・・なのか、あるいは今後リリーフとして使うのか、ちょっとまだ様子が分かりませんが、これはビックリ。打者もビックリしたのかあっさりと三者凡退でした(汗)

結局この試合、成瀬が意地の完投、失点は2点ながらも自責点は1で、これぞエース、大黒柱とはこういうもの、というピッチングを見せてくれました。
今年の成瀬はちょっと違いますね。なんというか、精神的にたくましくなったというか・・頼りがいが出てきました。

明日はこどもの日ですが、唐川が頑張ってくれる、と信じましょう。
打線も、上向き・・・になって来たような気がしますですよ。やっぱりキャプテン・ゴリの調子が上がってくると雰囲気変わってくると思うんですよねー。
by kawasaki-marins | 2012-05-04 23:16 | マリーンズ2012
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル